ホイト-スカーマーホーン・ストリーツ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホイト-スカーマーホーン・ストリーツ駅
Hoyt–Schermerhorn Streets
NYCS A NYCS C NYCS G
ニューヨーク市地下鉄
Hoyt–Schermerhorn Streets - Court Square & Brooklyn - Queens bound platform.jpg
Queens-bound platform
駅情報
住所 Hoyt Street & Schermerhorn Street
Brooklyn, NY 11201
ブルックリン区
地区 ダウンタウン・ブルックリン英語版
座標 北緯40度41分20.48秒 西経73度59分10.11秒 / 北緯40.6890222度 西経73.9861417度 / 40.6890222; -73.9861417座標: 北緯40度41分20.48秒 西経73度59分10.11秒 / 北緯40.6890222度 西経73.9861417度 / 40.6890222; -73.9861417
ディビジョン Bディビジョン(IND)
路線 INDクロスタウン線
INDフルトン・ストリート線
運行系統       A Stops all times (終日)
      C Stops all times except late nights (深夜帯以外)
      G Stops all times (終日)
接続 バスによる輸送 ニューヨーク市バス: B41, B45, B67
バスによる輸送 MTAバス: B103
構造 地下駅
ホーム数 島式ホーム 4面(供用中は2面)
対面乗り換え
線路数 6線(通常運用は4線のみ)
その他の情報
開業日 1936年4月9日(81年前) (1936-04-09
バリアフリー情報 車椅子でホーム間を移動可能
利用状況
乗客数 (2014) 2,961,316[1]減少 0.3%
順位 172位(421駅中)
次の停車駅
北側の隣駅 ジェイ・ストリート-メトロテック駅 (フルトン線急行): A Stops all times C Stops all times except late nights
コート・ストリート駅 (フルトン線各駅停車): 定期運行なし
フルトン・ストリート駅 (クロスタウン線): G Stops all times
南側の隣駅 ラファイエット・アベニュー駅 (フルトン線各駅停車): A Stops late nights only C Stops all times except late nights
ノストランド・アベニュー駅 (フルトン線急行): A Stops all times except late nights
バーゲン・ストリート駅 (カルバー線): G Stops all times

ホイト-スカーマーホーン・ストリーツ駅(Hoyt–Schermerhorn Streets)はニューヨーク市地下鉄の駅で、INDクロスタウン線INDフルトン・ストリート線が接続している。ダウンタウン・ブルックリン英語版のホイト・ストリート - スカーマーホーン・ストリート交差点にあり、以下の運行系統が停車する。

歴史[編集]

廃止された2本のホームは営業中のホームのすぐそばにある。

ホイト-スカーマーホーン・ストリーツ駅は1936年4月9日のフルトン・ストリート線開業に合わせて設置された駅で、フルトン・ストリート線の各駅停車および急行が停車する。1937年7月1日からはクロスタウン線がナッソー・アベニュー駅から延伸されたのに合わせてクロスタウン線の列車も停車するようになった[2]。当駅からはコート・ストリート駅行きの北行各駅停車が運転されていた。また、急行は当駅から北に曲がってジェイ・ストリートの下を通り、クランベリー・ストリート・トンネル経由でマンハッタンに乗り入れる予定であった。しかし、開業当時には全列車が各駅停車で、路線自体もロッカウェイ・アベニュー駅英語版止めだった。急行が運転されなかったため、マンハッタン方面の各駅停車は当駅の急行線を通り、HH系統が緩行線ホームを使ってコート・ストリート駅までシャトル運行を行っていた。

利用者が少なかったことから1946年にコート・ストリート駅は廃止され、シャトル運行も中止された。フルトン・ストリート線の列車は当駅の急行線を経由してジェイ・ストリート-ボロー・ホール駅英語版まで運行されるようになった。これ以降、緩行線は営業運転で使われることはなくなり、外側の緩行線ホームも1959年にアケダクト競馬場への特別運賃列車の運行が始まるまで閉鎖されることになった。この特別運賃列車は42丁目/ポート・オーソリティ・バスターミナル駅の下層ホームからIND8番街線、INDフルトン・ストリート線、INDロッカウェイ線を経由してアケダクト競馬場駅英語版へ向かうものであった。42丁目/ポート・オーソリティ・バスターミナル駅の下層ホームと同じように、当駅の外側ホームも特別運賃を支払って特別列車を利用する乗客を一般の利用客と区別するのに都合がよかったため、ホイト-スカーマーホーン・スカーマーホーン・ストリーツ駅は42丁目/ポート・オーソリティ・バスターミナル駅とアケダクト競馬場駅までの間で唯一の停車駅として使われることになった。

1981年にアケダクト競馬場への特別運賃列車が廃止になると、外側ホームは営業運転で使われなくなった。ホームそのものは残っており、映画の銃撃戦シーンの撮影(例えば『ウォリアーズ』や『サブウェイ123 激突』など)や特別行事(2005年11月29日のR160B型電車の一般公開など)で使用されている。

2009年にマイケル・ジャクソンが亡くなると、ニューヨーク市議会議員レティシア・ジェームスは当駅で彼のヒット曲「バッド」のビデオクリップが撮影されたことを記念して駅の改名と彼を讃える顕彰額の設置を提案したが、メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ(MTA)は強く反対した。MTAのスポークスマン ケヴィン・オルティスは、MTAは駅への顕彰額の設置を禁じており、資金調達のための命名権取引についてはガイドラインを策定中であると説明したが、個人にちなんだ駅名は利用者の混乱を招くとする意見もあった[3]

駅構造[編集]

G 地上階 エントランス/出口
M メザニン 改札、駅員詰所
P
ホーム階
フルトン線
北行緩行線
定期列車なし
(定期列車なし:コート・ストリート駅//ニューヨーク交通博物館
島式ホーム、定期列車なし
フルトン線
北行急行線
NYCS A インウッド-207丁目駅英語版方面 ジェイ・ストリート-メトロテック駅英語版
NYCS C 168丁目駅英語版方面 (ジェイ・ストリート-メトロテック駅)
島式ホーム、北行は左側、南行は右側ドアが開く
クロスタウン線
南行
NYCS G チャーチ・アベニュー駅方面 バーゲン・ストリート駅英語版
クロスタウン線
北行線
NYCS G コート・スクエア駅方面 フルトン・ストリート駅
島式ホーム、クロスタウン線は右側、フルトン線は左側ドアが開く
フルトン線
南行急行線
NYCS A ファー・ロッカウェイ-モット・アベニュー駅
→ →  オゾン・パーク-レファーツ・ブールバード駅英語版
→ →  ロッカウェイ・パーク-ビーチ116丁目駅方面
→ →  (深夜帯以外:ノストランド・アベニュー駅英語版、深夜帯:ラファイエット・アベニュー駅英語版
NYCS C ユークリッド・アベニュー駅英語版方面 (ラファイエット・アベニュー駅)
島式ホーム、定期列車なし
フルトン線
南行緩行線
定期列車なし (定期列車なし:ラファイエット・アベニュー駅)

運行パターン[編集]

バーゲン・ストリート駅 (INDカルバー線)英語版 ジェイ・ストリート-メトロテック駅英語版 コート・ストリート駅 (INDフルトン・ストリート線)
駅西側
INDクロスタウン線
      G Stops all times (終日)
IND8番街線
      A Stops all times (終日)
      C Stops all times except late nights (深夜帯以外)
INDフルトン・ストリート線
コート・ストリート駅への支線:定期運行なし
駅構内
内側線
      G Stops all times (終日)
中央線
      A Stops all times (終日)
      C Stops all times except late nights (深夜帯以外)
外側線
定期運行なし
駅東側
INDクロスタウン線
      G Stops all times (終日)
INDフルトン・ストリート線 急行
      A Stops all times except late nights (深夜帯以外)
INDフルトン・ストリート線 各駅停車
      A Stops late nights only (深夜帯)
      C Stops all times except late nights (深夜帯以外)
フルトン・ストリート駅 (INDクロスタウン線) ノストランド・アベニュー駅 (INDフルトン・ストリート線)英語版 ラファイエット・アベニュー駅 (INDフルトン・ストリート線)英語版

ポップカルチャーにて[編集]

駅エントランス

脚注[編集]

  1. ^ Facts and Figures: Annual Subway Ridership”. New York: Metropolitan Transportation Authority. 2015年4月26日閲覧。
  2. ^ “New Crosstown Subway Line Is Opened”. Brooklyn Daily Eagle. (1937年7月1日). https://bklyn.newspapers.com/image/52688792/?terms=crosstown%2Bsubway 2015年12月24日閲覧。 
  3. ^ Calder, Rich (2009年9月2日). “Jacko Off Tracko”. New York Post. http://www.nypost.com/p/news/regional/jacko_off_tracko_jogpw2yEkTsOUtEs1iBxoM 2009年9月9日閲覧。 

外部リンク[編集]