スズキ・エリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スズキ・エリオ
5ドアハッチバック(前期型)
Suzuki Liana Front.jpg
4ドアセダン フロント(前期型)
Suzuki aerio 1.5 f.jpg
4ドアセダン リア(前期型)
Suzuki aerio 1.5 r.jpg
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドア セダン
5ドア ハッチバック
エンジン M15A型 直4DOHC 1.5L
M18A型 直4DOHC 1.8L
駆動方式 FF/4WD
変速機 5MT/4AT
サスペンション ストラット
全長 セダン:4350mm
ハッチバック:4230mm
全幅 1.5L車:1690mm
1.8L車:1720mm
全高 セダン:1545mm
ハッチバック:1550mm
ホイールベース 2480mm
車両重量 1150kg – 1250kg
先代 スズキ・カルタス
後継 スズキ・SX4(事実上)
-自動車のスペック表-

エリオ(英:AERIO)は、スズキ製造販売していたセダン型、ハッチバック型の自動車である。欧州ではLIANA (リアーナ、Life In A New Ageの略)で販売されていた。

概要[編集]

ミニバンの居住性とワゴンの使い勝手を考えた5ドアハッチバックを2001年1月29日に発売開始。プラットフォームは他車からの流用ではなく、全く新規に開発されたものを使用。月の販売台数の目標は1000台。月に3000台の輸出を予定。エンジンは1.5Lと1.8LのDOHCガソリンエンジンM型)を搭載。なお、北米向けのエリオは2.3Lエンジンも搭載している。

トランスミッション4速ATの他に当初は5速MTも設定された。駆動方式はFF4WDがラインナップされている。

1.5Lエンジン搭載モデルに比べ、1.8Lエンジン搭載モデルはシートヒーター等の専用装備が多く差別化が図られているが、外見的な違いはフェンダー部のモールの有無のみにとどまっておりほとんど差が無い。しかしこのモールの幅の分だけ車幅が広がるため、1.5Lモデルは5ナンバー車、1.8Lモデルは3ナンバー車になっている。 なお、1.8Lのセダンはスズキ初の3ナンバーセダンとなる。

歴史[編集]

モータースポーツ[編集]

パイクスピーク[編集]

スズキ・エリオ・パイクスピークスペシャル(2001年)
乗車定員 1名
ボディタイプ ハッチバック
エンジン H27A型 水冷V型6気筒4バルブDOHC+TURBO 2736cc
995ps/8100r.p.m(SEA LEVEL)
95.0kg‐m/6500r.p.m(SEA LEVEL)
駆動方式 4WD
変速機 シーケンシャル6速
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 5,300mm
全幅 1,900mm
全高 1,500mm
ホイールベース 2,790mm
車両重量 920kg
先代 スズキスポーツ・ツインエンジン・カルタス(2000年)
後継 スズキ・エスクード・ヒルクライムスペシャル(2004年)
-自動車のスペック表-

同社のカルタスエスクード同様、この車にもパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに出走するためのスペシャルモデルが存在する。ただし、エリオと名乗ってはいるがそれは外観のみであり、中身は全くの別物である。その実体は軽量なパイプフレームで構成されたシャシーに1000ps級のエンジンをミッドに積み4WDで駆動するモンスターマシンである。 2001年、田嶋伸博はこのエリオに乗り、粟津原豊のスズキ・エスクード・パイクスピークスペシャルと共にパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに挑んだが、マシントラブルが発生し惜しくもリタイアしている。その2年後の2003年、ニュージーランドで開催された「レース トゥ ザ スカイ(クイーンズタウン・ゴールドラッシュ)」に参戦。改良された「スズキ・エリオ・ヒルクライムスペシャル」で総合優勝を果たしている。

その他[編集]

  • スズキの工場のある静岡県牧之原市では、市長車としてエリオを使用している[1]
  • スズキの鈴木修会長の専用車は過去にエリオセダンを使用していた(現在はSX4セダンが会長専用車として導入されている)。助手席のヘッドレスト後にモニターが設置してあり、会長が乗るときには助手席を前に倒して足元スペースを広くして乗っていた。
  • BBCの自動車番組『トップ・ギア』では、有名人が車の運転でタイムを競う同番組の恒例企画「Star in a Reasonably Priced Car」において、第7シーズンまでタイムアタック用の車としてリアナを使用していた。第8シーズンからはシボレー・ラセッティに切り替えた(そのラセッティも第15シーズンでキア・シードに交代。その後第20シーズンからはボクスホール・アストラが使われている)が、F1ドライバーが挑戦するときは引き続きリアナを使用している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]