スズキ・キザシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スズキ・キザシ
RE91S/RF91S型
フロント
SUZUKI Kizashi.JPG
リア
SUZUKI Kizashi REAR.JPG
室内
SUZUKI Kizashi INTERIOR.JPG
販売期間 2009年10月-2015年12月[1]
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン J24B型 2.4L 直4 DOHC
駆動方式 FF/4WD
最高出力 138kW (188PS) /6,500rpm
最大トルク 230N·m (23.5kgf·m) /4,500rpm
変速機 6速MT/CVT
サスペンション 前: ストラット式
後: マルチリンク式
全長 4,650mm
全幅 1,820mm
全高 1,480mm
ホイールベース 2,700mm
車両重量 1,490-1,560kg
-自動車のスペック表-

キザシ(英:Kizashi、兆[2])は、スズキによって開発されたコンセプトカーおよび2009年から2015年まで製造・発売されていたセダンである。ヨーロッパにおいて車格Dセグメントに分類されていた。

概要[編集]

2009年7月30日米国スズキにより「キザシ」を発表。

その後2009年10月21日よりまず日本国内で完全受注生産の形で販売を開始した。北米市場には2009年冬に投入され[3]、その後、欧州市場へも投入[4]。また2010年6月より中国市場へも投入開始[5]

米国スズキによると、競合車はアキュラ・TSX[6]フォルクスワーゲン・パサートだということであり、このモデルはグローバル向けのスズキのフラッグシップモデルとなる[4]。アメリカでは2009年12月より販売開始。価格は$18,999 - $26,749となった。
尚、北米におけるグレードは「S」、「SE」、「SPORT GTS」、「SPORT SLS」と、6MT、16インチホイールカバー(S)/17インチアルミホイール(SE)、ベージュ内装、サンルーフロックフォード・フォズゲート製オーディオ、ノーズマスク(ノーズブラ)、アクリル製ボンネットプロテクター等標準装備品ないしはオプション品が用意されている。

生産は日米欧向けモデルが静岡県のスズキ相良工場で行われていた。当初は北米市場へも展開していたが、後の同市場撤退に伴い、日欧中向け販売車種となった。

2013年から警察の捜査用覆面パトカーとして導入が始まった。このクラスとしてはスズキ初の導入となりファブリックシートに変更、フォグランプ非装備など装備が異なる。また2014年には一部警察本部に黒白パトカー仕様も配備されている。

エクステリアデザインは「ダイナミックアスリートインモーション」、つまり「アスリートの躍動感」を体現したもので、可能な限りシャープなエッジを抑えて曲線で表現した[7]

2015年10月、国内市場生産終了[8][9]

2015年12月末、国内市場販売終了。これと同時に同社のホームページへの掲載も終了した。なお、途中でアクティブクルーズコントロール&プリクラッシュセーフティシステム装着車がメーカーオプションで追加されたこと以外、モデルライフ終了まで特別仕様車の追加や内外装の改良は一度も行われなかった。

キザシの終了により、日本市場における以後の同社のフラグシップ車はキザシの発売以来で有るSUVのスズキ・エスクードとなり、同時に同社の日本市場におけるノッチバックセダンのラインアップが消滅することとなった。


コンセプトカー[編集]

コンセプト・キザシ コンセプト・キザシ
コンセプト・キザシ
コンセプト・キザシ2 コンセプト・キザシ2
コンセプト・キザシ2
コンセプト・キザシ3
リア

コンセプト・キザシ」は2007年9月の第62回フランクフルトモーターショーで発表された。このモデルはハッチバックワゴンクロスオーバーであり、2Lのターボディーゼルエンジンに6速MTが組み合わせられた。駆動方式は4WDで、スズキのi-AWDの改良版が採用された[2]

同年10月には第40回東京モーターショーでフランクフルトショーに出品されたコンセプト・キザシをベースとした[10]コンセプトカー、「コンセプト・キザシ2」が発表された。こちらのモデルは大径タイヤを装着して車高が上げられるなどクロスオーバーSUVテイストでまとめられている[11]。エンジンはスズキとしては最大排気量の[11]3.6Lエンジンが搭載され、6速ATが組み合わせられる。駆動方式はコンセプト・キザシ同様i-AWDを採用した4WDである[10]

2008年には、ニューヨーク国際オートショーで「コンセプト・キザシ3」が発表された。このモデルは「キザシ」、「キザシ2」からコンセプトが変更され、セダンとなって市販車のスタイルにつながった。エンジン、トランスミッションはキザシ2と同一の3.6L V6と6速ATの組み合わせで、駆動方式もi-AWDを採用する4WDとなった[12]

メカニズム[編集]

エンジンルーム

エンジンにはエスクードにも搭載される直列4気筒 2.4L DOHCオールアルミエンジンのJ24B型を改良して166PSから188PSまで出力を向上したものが横置きに搭載される。トランスミッションにはジヤトコ製JF011E型[13]CVT(パドルシフトつき)のほか、日本国外仕様には6速MTも用意される[3]

駆動方式は先に発表されたコンセプトカーにも採用されたi-AWDを採用する4WDFFが用意される。サスペンションは前がマクファーソンストラット式、後ろがマルチリンク式となる。また、ブレーキには曙ブレーキ工業製の4輪ディスクブレーキが採用された[14]

2010年1月、2WD車にアクティブクルーズコントロールシステム&衝突被害軽減ブレーキがセットでメーカーオプション設定された。なお、フロントグリルはミリ波レーダーを用いるため専用品となる。

また、2.4Lガソリンエンジン搭載車のほか、ハイブリッドモデルも、エンジンをゼネラルモーターズと共同開発し、2011年をめどに北米市場に投入する方針であった。

ボンネビル・スピードウィークへの挑戦[編集]

2010年8月18日、アメリカ・ユタ州・ソルトフラット州立公園で開催された「ボンネビル・スピードウィーク」において、過給器付きのガソリンエンジン搭載クーペ部門でエントリー。市販仕様の2.4Lをベースにターボチャージャーを追加し、最大出力513PS、最大トルク71.2kgmまで引き上げられていた。 結果、203.720マイル/h(約328km/h)というクラス新記録を打ち立てた[15]。 ドライバーはサム三谷

車名の由来[編集]

光岡車を除けば珍しく、スズキではKei(軽)以来となる和名の車[16]で、「世界の市場に向け、新しいクルマ作りに挑戦する兆しを見せる」という意味を込めた「兆し」に由来している。

尚、「Kizashi」という名称は仕向け地に関わらず共通である。

脚注[編集]

  1. ^ 4WD車は2009年10月-2015年9月
  2. ^ a b 【フランクフルトモーターショー07】スズキ キザシ ---Dセグメント Response.
  3. ^ a b Suzuki Reveals New 2010 Kizashi Sedan Suzuki Media(英語)
  4. ^ a b スズキ、プレミアムセグメント初参入…キザシ 発表 Response.
  5. ^ スズキ、北京モーターショーでキザシスポーツを披露カービュー 2010年4月23日
  6. ^ ホンダ・アコードのアキュラ版。
  7. ^ 【東京モーターショー09】スズキキザシ…アスリートの躍動感Response.2009年11月1日(2012年6月13日 閲覧)
  8. ^ スズキ、キザシ生産終了へ MRワゴンも - @S [アットエス] by 静岡新聞。2015年12月4日。
  9. ^ キザシ 生産終了せまる!!ヾ(゚д゚) スズキアリーナ北神
  10. ^ a b 【東モ07】キザシの第2弾はクロスオーバーワゴン ホビダス・オート
  11. ^ a b 【東モ07】スズキ・キザシ2はDセグメント参入への決意 ホビダス・オート
  12. ^ 【NY08】スズキ初のDセグメントは2010年にデビュー ホビダス・オート
  13. ^ スズキ『キザシ』に当社製CVT搭載 ジヤトコ株式会社 ニュースリリース
  14. ^ スズキ初のDセグメント・セダン、キザシが北米で発表 ホビダス・オート
  15. ^ スズキ キザシ、328km/h 新記録達成[リンク切れ]
  16. ^ 同社の2輪部門まで含めると、カタナ(刀)もある。他にはトヨタ自動車SAI(才・彩)MIRAI(未来)CAMRY(冠)いすゞ自動車ASKA(飛鳥)などがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]