スズキ・エブリイランディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スズキ・エブリイ+/エブリイランディ
エブリイ+(プラス)
Suzuki Every + 001.JPG
Suzuki Every + 004.JPG
エブリイランディ(東京消防庁査察広報車
TFD-EveryLandy.jpg
製造国 日本
販売期間 1999年6月 - 2005年8月
乗車定員 7人
ボディタイプ 5ドア ミニバン
エンジン G13B型 1,3L 直4 SOHC
駆動方式 FR/4WD
最高出力 85PS/6,000rpm
最大トルク 11.3kg・m/3,000rpm
変速機 4AT
全長 3,710mm
全幅 1,505mm
全高 1,900mm - 1,915mm
ホイールベース 2,350mm
車両重量 1,010kg - 1,080kg
後継 スズキ・ランディ
-自動車のスペック表-

エブリイ ランディEVERY Landy)とは、1999年から2005年までスズキが生産していたミニバンタイプの乗用車である。当初はエブリイ+(エブリイ プラス、EVERY +)と称していた。

概要[編集]

当初は同社のワゴンR+に揃えた「エブリイ+」というネーミングであったが、2001年マイナーチェンジで「エブリイランディ」に改名された。

同社のセミキャブオーバー型のワゴンであるエブリイをベースとし、前面衝突安全基準にも適合させるため、フロントエンド(ボンネット)の延長、1300ccエンジンの採用、サードシートの追加などで7人乗り(1列目2人 + 2列目2人 + 3列目3人)の小型車登録車)へと仕立て直したものである。

歴史[編集]

  • 1999年6月17日 - エブリイ+(プラス)という車名で発表・発売 [1]
    • 12月3日 - 特別仕様車「リミテッド」発表。テレビ付カセットステレオや(オプション設定のカーナビとの接続も可能のもの)、後席の乗り降りを助ける大型乗降グリップ、大型サイドステップを装備した。リヤドアにもパワーウィンドウを設定し、小物などを収納できるオーバーヘッドボックスを設定。エクステリアは、フロントグリルやバックドアハンドルカバーをメッキ塗装し、インテリアは、インサイドドアハンドルやパーキングブレーキレバーノブ、オートマセレクターボタンをメッキ塗装し、質感を高めた。そのほかにも、インパネ周辺をメタリック調に、メーターパネルを銀色に塗装し質感を向上した。
  • 2000年5月17日 - 一部改良。フロントフォグランプとリヤコンビネーションランプに、外光を反射させるマルチリフレクター式を採用。リアドアのスライドレールとバックドアに、メッキタイプのアクセントを施す。それにより、質感を向上させた。また、3列目シートの形状を変更するとともにヘッドレストを装着した。ほかにも、特別仕様車「リミテッド」に装備された大型乗降グリップや、シートベルトの高さが調節可能なショルダーアジャスターを、運転席と助手席に標準装備し、それに加え、シート表皮を変更させ、上質感や安全性を向上させた。
    • 11月15日 - 特別仕様車「リミテッド II」を発表。フロントの専用メッキグリルや、特別設定のボディカラーを設定したりして、精悍なエクステリアを実現。また、CD・MD付カセットステレオ、ツインエアコン(リアエアコン)を装備し、快適なドライブを楽しむことができる。ほかにも、ブルー基調の爽やかなカラーの専用ドアトリム/ファブリックシート表皮/インパネガーニッシュカラー、電動ステップを特別装備した。
  • 2001年5月24日 - マイナーチェンジ。車名をエブリイランディに改めた[2]。ミニバンクラス初のインパネシフトを採用することで、室内の広々感と使いやすさを一層向上させた。乗降に役立つ電動オートステップや2列目シートに取り付けた折畳み式テーブルなど、快適装備を充実させた。また、新デザインのフロントメッキグリルや大型バンパー、サイドアンダースポイラー[3]を装備することで、質感の高いエクステリアを実現させた。さらに、国土交通省の低排出ガス車認定制度において、「平成12年基準排出ガス50%低減レベル「優-低排出ガス」認定」を取得。環境性にも配慮した。
  • 2005年8月 - エブリイのモデルチェンジとともに販売終了。


脚注[編集]

  1. ^ 小回り抜群の7人乗り1300ccワゴン「エブリイ+(プラス)」を新発売 - スズキ株式会社-広報 1999年6月17日
  2. ^ コンパクトサイズの7人乗り小型ワゴンの居住性を一層向上「エブリイ ランディ」新発売 - スズキ株式会社-広報 2001年5月24日
  3. ^ メッキモール付

関連項目[編集]