スズキ・イクエーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イクエーター (EQUATOR) は、日産が製造、スズキが販売していた自動車である。

概要[編集]

イクエーター
エクステンディッドキャブ
2009 Suzuki Equator extended cab Premium.jpg
クルーキャブ
'09 Suzuki Equator Crew Cab (MIAS).JPG
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
販売期間 2008–2012年
乗車定員 2/5人
ボディタイプ 2/4ドアピックアップトラック
エンジン QR25DE 直4 2.5L
VQ40DE V6 4.0L
駆動方式 FR
4WD
変速機 5MT
5AT
サスペンション リーフ式サスペンション
全長 5,250mm
5,590mm(ロングベッド)
全幅 1,850mm
全高 1,745mm
1,770mm
1,780mm
ホイールベース 3,200mm
3,535mm(ロングベッド)
車両重量 1,672-2,049kg
姉妹車 日産・フロンティア
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2008年シカゴオートショーで初展示され、2009年モデルとして、2008年末から発売されている、スズキのミッドサイズピックアップ。

スズキと日産の相互供給により、2005年モデルで登場した現行型D40系日産・フロンティアがスズキにOEM供給される事になった。スズキとしてはマイティボーイ以来約20ぶりとなる久々のピックアップトラックである。

シングルキャブは設定されず、2ドアのエクステンディッドキャブと4ドアのクルーキャブの2種類が用意され、クルーキャブの4WDではロングベッドも設定。

エンジンは、日産製2.5L直列4気筒QR25DEと4.0LV型6気筒VQ40DEの2種類。トランスミッションは5速MTと5速ATで、フロンティアにある6速MTの設定はない。

基本的にはフロンティアと同じ部分が多いが、フロントのデザインがやや丸みを帯びたデザインで、フロンティアよりも全長が若干長くなっている。

2012年12月、4輪部門の北米市場撤退により販売終了。


車名[編集]

「EQUATOR」は、「赤道」を意味する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]