スズキ・ビターラブレッツァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スズキ・ビターラブレッツァ
2016 Suzuki Vitara Brezza ZDi+ 1.3 YFB1S (20160821).jpg
2016年発売型 フロント
Suzuki Vitara Brezza at GIIAS 2016 (rear view) 1.jpg
2016年発売型 リア
概要
製造国 インドの旗 インド
販売期間 2016年3月 -
ボディ
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドアクロスオーバーSUV
駆動方式 前輪駆動
パワートレイン
エンジン 1.5Lガソリン
K15B型 1,462cc 直4 DOHC
2020年-
1.3Lディーゼル
D13A型 1,248cc 直4 ターボ
2016年-2020年
最高出力 1.5Lガソリン
77kW (105PS)/6,000rpm
1.3Lディーゼル
60kW (90PS)/4,000rpm
最大トルク 1.5Lガソリン
138Nm (14.1kgf・m)/4,400rpm
1.3Lディーゼル
200Nm (20.4kgf・m)/1,750rpm
変速機 5速MTガソリン車:2016年-
5速AGSディーゼル車:2016年-2020年
4速ATガソリン車:2020年-
サスペンション
前:マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
後:トーションビーム式コイルスプリング
車両寸法
ホイールベース 2,500mm
全長 3,995mm
全幅 1,790mm
全高 1,640mm
車両重量 1,110-1,130kg(5MT)
1,135-1,150kg(4AT)
その他
別名 トヨタ・アーバンクルーザー
テンプレートを表示

ビターラブレッツァVitara Brezza)は、スズキの子会社であるマルチ・スズキ・インディアインド市場で生産・販売しているクロスオーバーSUVである。

概要[編集]

2016年のニューデリーオートエクスポで発表された[1][2]。2013年に公開されたコンセプトカー・マルチ・XAアルファ英語版を市販化したモデルで[3]、マルチ・スズキが開発を手がけた初のSUVでもある。

ビターラ(エスクード)の姉妹モデルで、税制優遇があるインド市場にあわせて全長を4m未満に抑え、エンジンは1.3Lターボディーゼルエンジンを搭載。トランスミッションは5速MTと5速AGS(オートギヤシフト)から選択可能である。

2017年のインディアン・カー・オブ・ザ・イヤー英語版を受賞。2020年1月には販売台数が50万台を突破した[4]

2020年のニューデリーオートエクスポで改良新型が発表された[2]。エンジンは1.5Lのガソリンエンジンに変更され、トランスミッションは5速MTと5速ATに変更された。

2020年9月、トヨタ自動車より本車のOEM車として、「トヨタ・アーバンクルーザーUrban Cruiser)」が発売された[5]。トヨタへのOEM供給は「グランザ」(インド市場)「スターレット」(南アフリカ市場)として発売された「バレーノ」に続く2車種目である。なお、アーバンクルーザーの名称はかつてトヨタがistの欧州仕様に使用していたものである。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]