ジル・バイデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジル・バイデン
Jill Biden

ジル・バイデン(2012年12月撮影の公式ポートレート写真)


現職
就任
2009年1月20日
前任者 リン・チェイニー

出生 1951年6月3日
ニュージャージー州ハモントン英語版
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 ビル・スティーブンソン(1970 - 1976、離婚
ジョー・バイデン(1977 - )
子女 ボー・バイデン義理
ハンター・バイデン英語版義理
アシュリー・バイデン
母校 デラウェア大学英語版
ウェストチェスター大学英語版
ヴィラノヴァ大学英語版
職業 教育学者
信仰 ローマ・カトリック[1]
署名

ジル・トレイシー・ジェイコブス・バイデン英語: Jill Tracy Jacobs Biden , 1951年6月3日 - )は、アメリカ合衆国教育学者。第47代アメリカ合衆国副大統領ジョー・バイデンの二番目の妻でもある。2009年1月20日からアメリカ合衆国のセカンドレディの役割を担っている。

1977年連邦上院議員のジョー・バイデンと結婚した。ジョーの最初の妻と乳児の娘は1972年に自動車事故で死別しており、ジルはジョーと前妻の息子であるボー・バイデンハンター・バイデン英語版を育てた。1981年には娘のアシュリーが誕生している。

生い立ち[編集]

ジル・トレイシー・ジェイコブスは1951年6月3日アメリカ合衆国ニュージャージー州ハモントン英語版にて出生した(2009年の「ワシントン・ポスト」紙[1]などに記載されている誕生日6月5日は間違いである)[2][3]。その後に一家は移住し、ジルと彼女の4人の妹はペンシルバニア州ウィローグローブ英語版で子ども時代の大半を過ごした[4]。父親のドナルド・カール・ジェイコブス(1927–1999)[5]銀行の出納係英語版を務め、貯蓄貸付組合頭取に昇進した[6]シチリア出身者を祖先に持つジルの家系の姓は元々はジャコッポであったが、途中からイギリス化をしてジェイコブスに改称した[7]。母親のボニー・ジーン・ジェイコブス(1930–2008)[5]主婦であった[6][8]

キャリアを求めて15歳の時にアルバイトを始めた[6]。1969年にアッパーモアランド高校英語版を卒業した[3]

結婚と仕事[編集]

若い頃のバイデン夫妻
バチカン市国ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世と会見するバイデン夫妻(1980年4月)

ペンシルベニア州の短期大学に入学したジルはファッションのマーチャンダイジングについての勉強を始めたが、すぐに自分にとって満足のいくものではないことに気付き、学校を去った[9]。彼女は1970年2月にビル・スティーブンソンと結婚した[10]。二人は一緒にデラウェア大学英語版に通うことを決め、ジルは英語を専攻した[9]

それから数年してスティーブンソンはデラウェア州ニューアークのデラウェア大学近くに「ストーン・バルーン」をオープンした[10]。このバーはアメリカ国内でも最も商業的に成功を収めた大学のバーの一つとなった[10]。ジルは十分なお金を稼ぐために地元の代理店のモデルを務めたりしたが、スティーブンソンとは次第に疎遠になっていった[9]

その後にジルは大学に戻った。1975年3月に連邦上院議員ジョー・バイデンが広告に掲載されたジルの写真を見て一目惚れし、ジョーの弟のフランクは兄のために二人のブラインドデート(初対面相手とのデート)を設定した[6]。ジルは同年に文学士号を取得してデラウェア大学を卒業し[11]、高校の英語教師の道を歩み始めた[6][12]。その一方で、彼女はスティーブンソンとの大荒れの離婚訴訟を経験していた[9]裁判では彼女が望んでいた「ストーン・バルーン」の利益の半分の分け前を受け取れていなかったとする判断が下され、1976年に終了した[9]

1977年6月17日にジョー・バイデンとジル・トレイシー・ジェイコブスはニューヨークにある国際連合礼拝堂で結婚式をあげた[3][12][13]。バイデンの最初の妻と乳児の娘が自動車事故で死亡してから4年半の歳月が経過していた[3]。ジルは事故を生き延びたバイデンの幼い2人の息子であるボーハンター英語版の継母となることに躊躇し、バイデンが5度結婚を申し込んだ末にこれを受け入れた[14]

妊娠中も高校教師を続け、1981年ウェストチェスター大学英語版(読解分野)の教育学修士を取得した[15]。同年に二人の間の唯一の子どもである娘のアシュリーが出生し、義理の息子のボーとハンターを含めた3人の子どもを育てるためにひとまず教職を離れた[16]

その後に学校に復帰し、英語教師・読解専門家の仕事と情緒障害の学生を指導する活動を再開した[6]。彼女は1980年代の5年間にロックフォードセンターの精神科病院で思春期プログラムの教育も担当した[3]1987年に2つ目の学術修士ヴィラノヴァ大学英語版(英語分野)で取得した[3]。バイデンは1988年アメリカ合衆国大統領選挙民主党候補の一人として名乗りを上げた。この時にジルはもし自分がファーストレディになったとしても、情緒障害の子どもに教える仕事はこれまで通りに続けると述べている[17]。彼女は公立高校の教師を13年続けた[12]

1993年から2008年まではデラウェア工科短期大学英語版で講師を務めた[18][19]。彼女は生徒に自信を植えつけることに重きを置き、英作文教育英語版リメディアル教育を行った[18][20]

乳がんと診断された4人の友人を持つジルは1993年にデラウェア州k内の学校などに乳房の健康意識を向上させるためのプログラムを無償で提供する非営利団体バイデン乳房健康イニシアチブ」を創設している[21]。組織は20年あまりで1万人以上の女子高生に乳癌の早期発見の重要性を強調する指導を行った[22]。2007年に低所得層の子どもたちに本を提供する「ブック・ベイビーズ」のプログラムに対する支援を行い[22]アメリカ軍関係者の家族を支援する「デラウェアブーツ・オン・ザ・グラウンド」でも非常に精力的に活動している[23]。週に5回、5マイル(約8km)の距離を走り、海兵隊マラソン英語版にも参加している[12]

2007年1月、55歳の時にデラウェア大学で教育リーダーシップ英語版教育学博士を取得した[3][22][24]。彼女の学位論文Student retention at the community college: Meeting students' needs』のコピーオンライン上での購入が可能である[25]

2008年大統領選挙中の役割[編集]

2008年8月23日。左からバラク・オバマミシェル・オバマ、ジル・バイデン、ジョー・バイデン

2004年アメリカ合衆国大統領選挙ジョージ・W・ブッシュアメリカ合衆国大統領に再選された後、ジルは夫に大統領選挙に再挑戦するように促した[19]。彼女は後年に、夫ならイラク戦争など状況が刻々と悪化している世情を変えることができると考えたと述べている[26]

ジルはジョー・バイデンの2008年大統領選挙キャンペーン英語版期間中も教師としての務めを続ける傍ら、週末は夫のキャンペーンに参加した[19]。彼女はファーストレディになった後も肥満喫煙の危険性、若い女の子向けの乳がんに関する知識向上と乳房自己検診の重要性など健康上の問題も含めた教育が活動の中心になると述べた[27]。また、基本的に政治に無関心なので、閣議への参加を求めるつもりはないことも述べている[19]

バイデンが2008年アメリカ合衆国大統領選挙に民主党の大統領候補として出馬するバラク・オバマのランニングメートとなった後、ジルはキャンペーンを再開した。彼女は義理の息子のボー・バイデンのイラクへの従軍にかんがみ、「ブルースターズ・クラブ英語版」のピンバッジを身に着けていた[18]。洗練された政治の話はできなかったが、観衆とのつながりや感情的な共鳴によって支持を獲得することに成功した[28]ミシェル・オバマとの共演も何度か果たした[29]。夫がアメリカ合衆国副大統領候補として名乗りをあげた後、2008年秋学期もデラウェア工科短期大学で平日は授業を行い、週末に夫と合流してキャンペーンに参加した[14][18]

アメリカ合衆国のセカンドレディとして[編集]

公式ポートレート(2009年3月)
バラク・オバマの第一期大統領就任式後の祝賀パーティーでダンスを披露するバイデン夫妻(2009年1月20日)
副大統領二期目を開始したジョー・バイデンとジル夫人(2013年1月21日)

ジルはアメリカ合衆国のセカンドレディとしてアメリカ海軍天文台敷地内のオブザーバトリー・サークル1番地英語版ワシントンD.C.に位置する副大統領公邸)に移住したが、彼女はワシントン地区のコミュニティ・カレッジでも教職を続けることを意図し、そのうちの数か所は彼女を採用した[30][31][32]。2009年1月にアメリカで2番目に大きいコミュニティ・カレッジであるバージニア州北部コミュニティ・カレッジ英語版(NOVA)のアレクサンドリア・キャンパスで非常勤教授英語版として英語2コースを教え始めた[24][33]。ジルはコミュニティ・カレッジの公共の擁護者としての役割を担い、関連する教育政策についてオバマ政権に提言することを予定した[33]。現職副大統領の配偶者であるセカンドレディが仕事をすることは稀であり[29][31]、ジルはセカンドレディになった後もそれ以前からの有給の仕事を続ける初のセカンドレディではないかと考えられている[24]ホワイトハウスの公式ホームページなどでは彼女は本人の好みにより、「Dr. Jill Bidenドクター・ジル・バイデン)」と呼ばれている[24][34]

セカンドレディの役割を担うジルの専属スタッフチームのメンバーには連邦上院外交委員会の元顧問であるキャサリン・ラッセルがまず首席補佐官に選ばれた[35]ハワード・ディーンエリザベス・エドワーズ英語版の元スポークスパーソンであるコートニー・オドネルがコミュニケーションズ・ディレクター英語版に任命され[36]法律事務所モルガン・ルイス・アンド・バッキアス英語版」の弁護士を務めるキルスティン・ホワイトが政策ディレクターに任命された[37]。セカンドレディとしてジルは合わせて8人の専属スタッフを抱えており、そのオフィスアイゼンハワー行政府ビルの一角を占めている[34]

ジルはバラク・オバマの第一期大統領就任式直前に『オプラ・ウィンフリー・ショー』に出演してバラク・オバマがアメリカ合衆国国務長官になるかアメリカ合衆国副大統領になるかを選択する権利を夫に与えたという爆弾発言をしたため[38][39]、バイデンのスポークスパーソンは副大統領職しか打診されていないとして、これを否定する声明を発表している[39][40]

2009年6月にニューヨークブルックリン区にあるキングスボロー・コミュニティ・カレッジ英語版(KBCC)で卒業式のスピーチ英語版を行った[41]。2009年秋もNOVAで英語のリーディング&ライティング2コースの授業を続けた[42]。2010年1月にはデラウェア州の冬に卒業式がある主要な大学で卒業式のスピーチを行った[43]。2010年8月には軍関係者の家族への関心を高めることを目的として「ライフタイム英語版」のテレビドラマシリーズ『アーミー・ワイフ』に自分自身の役で出演した[44]

ミシェル・オバマのファーストレディとして初の単独外遊となった2010年4月のメキシコ訪問の旅にジルも同行した。二人は途中で予告なしにハイチに立ち寄り、同年に発生したハイチ地震による被災状況などを視察した[45][46]。ジルは2011年4月にミシェルと協力してアメリカ軍関係者の家族にスポットライトを当て、その支援体制を強化することを目的とした国家主導の構想「Joining Forces(ジョイニング・フォースズ)」を起動させた[47][48]。2011年9月に1300万人に影響を与えるアフリカの角における飢饉戦争干ばつによる危機的状況への人々の意識を向上させることを目的としたアメリカ合衆国国際開発庁(USAID)の国民啓発キャンペーンに参加した[49]。ジルはNOVAで教職を続けている[50]。2011年には終身雇用准教授に任命されて週2日は英語ライティング・コンポジション3コースの授業を行っていた[51]

バイデン夫妻はオブザーバトリー・サークル1番地に移住した後も夫婦生活や近くに住む孫たちと一緒に過ごす時間を大切にしており、公的活動よりも非公式な活動の方を優先している[52]。2012年6月に出版された子ども向けの本『Don't Forget, God Bless Our Troops』は義理の息子ボーの従軍が彼の若い家族にどのように影響を与えたかについて書いたものである[53]。同じ月にデラウェア州の青少年とその家族のためにソーシャルワーカーとして働く実の娘アシュリーが結婚した[54]

ジョー・バイデンが副大統領に再選されるために2012年アメリカ合衆国大統領選挙に立候補したが、ジルは人前での話と政治の話の両方を嫌っているため、選挙キャンペーンには控えめに関与した[55]。コミュニティ・カレッジの授業スケジュールは削減せず、キャンペーンに姿を見せないことが何度かあった[55]。2013年1月のバラク・オバマの第二期大統領就任式英語版後の舞踏会にはヴェラ・ウォンが手がけたシルクの青いガウンを身にまとって出席した[56]

セカンドレディとして第二期に入った後も切断患者のためのリハビリテーション施設「イントレピッドセンター英語版」を何度も訪問したり、ロンドン開催の「インヴィクタス・ゲーム英語版」の開会式に出席するなど、アメリカ軍関係者に対する支援を続けている[57]2014年アメリカ合衆国中間選挙英語版中は注目度の高い選挙戦が繰り広げられたコロラド州マーク・ユーダル英語版ジョージア州ミシェル・ナン英語版を含めて多くの民主党候補のためにキャンペーンに積極的に関与した[58][59]

脚注[編集]

  1. ^ a b Joe and Jill Biden” (英語). WashingtonPost.com (2009年1月20日). 2015年6月29日閲覧。
  2. ^ Jill Biden (2013年6月3日). “RT @whitehouse Happy birthday, @DrBiden! - Take note @Wikipedia!” (英語). WhiteHouse.gov/Twitter. 2015年6月29日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g Joelle Farrell (2008年8月27日). “Colleagues see a caring, giving Jill Biden” (英語). Philly.com. 2008年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月29日閲覧。
  4. ^ John M. Broder (2008年10月5日). “Biden’s Mother-in-Law Dies” (英語). NYTimes.com. 2015年6月29日閲覧。
  5. ^ a b Tim DOWLING's Family Tree Jill Tracy Jacobs” (英語). Geneanet.org. 2015年6月29日閲覧。
  6. ^ a b c d e f Katharine Q. Seelye (2008年8月24日). “Jill Biden Heads Toward Life in the Spotlight” (英語). NYTimes.com. p. 1. 2014年5月6日閲覧。
  7. ^ Amy Argetsinger,Roxanne Roberts (2009年6月1日). “Obamas' Chow: Politically Palatable” (英語). WashingtonPost.com. 2015年6月29日閲覧。
  8. ^ Dominic Sama (1999年6月9日). “Donald C. Jacobs, 72; Ran Savings And Loan In Phila.” (英語). Philly.com. 2015年6月29日閲覧。
  9. ^ a b c d e Jill Biden Biography” (英語). Biography.com. 2014年5月6日閲覧。
  10. ^ a b c Jessie Markovetz (2006年11月21日). “Behind the Stone Balloon: Part 1” (英語). Udreview.com. 2010年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月29日閲覧。
  11. ^ Neil Thomas (2008年11月5日). “University of Delaware plays major role in national election” (英語). UDel.edu. 2015年6月29日閲覧。
  12. ^ a b c d Katharine Q. Seelye (2008年8月24日). “Jill Biden Heads Toward Life in the Spotlight” (英語). NYTimes.com. p. 2. 2014年5月6日閲覧。
  13. ^ Biden(2007年) p.117
  14. ^ a b Sue Pleming (2008年11月3日). “Jill Biden, teacher who avoids 'Washington scene'” (英語). Reuters.com. 2015年6月29日閲覧。
  15. ^ Dr. Jill Biden” (英語). HuffingtonPost.com. 2015年6月29日閲覧。
  16. ^ Nicole Gaouette (2008年8月27日). “Jill Biden has a low-key appeal” (英語). LATimes.com. 2015年6月29日閲覧。
  17. ^ Caroli(2003年) p.297
  18. ^ a b c d Libby Copeland (2008年10月23日). “Campaign Curriculum” (英語). WashingtonPost.com. p. 2. 2015年6月29日閲覧。
  19. ^ a b c d Michele Norris (2008年1月1日). “Presidential Candidates' Spouses: Jill Biden” (英語). NPR.org. 2015年6月29日閲覧。
  20. ^ Nicole Gaouette (2008年8月27日). “Jill Biden has a low-key appeal” (英語). LATimes.com. 2008年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月29日閲覧。
  21. ^ About Us” (英語). BidenBreastHealthInitiative.org. 2009年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月29日閲覧。
  22. ^ a b c Dr. Jill Biden” (英語). WhiteHouse.gov. 2015年6月29日閲覧。
  23. ^ Jill Biden has a low-key appeal”. LATimes.com. 2008年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月6日閲覧。
  24. ^ a b c d Robin Abcarian (2009年2月2日). “Hi, I'm Jill. Jill Biden. But please, call me Dr. Biden” (英語). LATimes.com. p. 1. 2015年6月29日閲覧。
  25. ^ Jill(2009年)
  26. ^ Libby Copeland (2008年10月23日). “Campaign Curriculum” (英語). WashingtonPost.com. p. 3. 2015年6月29日閲覧。
  27. ^ Democrat Candidate Spouses: Jill Biden” (英語). TIME.com. 2015年6月29日閲覧。
  28. ^ Libby Copeland (2008年10月23日). “Campaign Curriculum” (英語). WashingtonPost.com. p. 1. 2015年6月29日閲覧。
  29. ^ a b Carol E. Lee (2008年11月27日). “Jill Biden: Untraditional, unapologetic” (英語). Politico.com. 2015年6月29日閲覧。
  30. ^ Heidi Evans (2008年12月28日). “From a blind date to second lady, Jill Biden's coming into her own” (英語). NYDailyNews.com. 2015年6月29日閲覧。
  31. ^ a b Julie Bosman (2008年11月21日). “'Amtrak Joe' No More” (英語). NYTimes.com. 2015年6月29日閲覧。
  32. ^ Campuses Crusade to Secure Prof. Biden” (英語). WashingtonPost.com (2009年1月16日). 2015年6月29日閲覧。
  33. ^ a b Philip Rucker (2009年1月27日). “Jill Biden Returns to the Classroom” (英語). WashingtonPost.com. 2015年6月29日閲覧。
  34. ^ a b Dr. Jill Biden's public debut” (英語). The Politico. 2014年5月6日閲覧。
  35. ^ Philip Rucker (2008年11月25日). “Biden Beefs Up Staff” (英語). WashingtonPost.com. 2015年6月29日閲覧。
  36. ^ Additional White House staff announced” (英語). Change.gov. 2015年6月29日閲覧。
  37. ^ Vice President Biden announces key staff appointments” (英語). Thaindian.com (2009年3月24日). 2015年6月29日閲覧。
  38. ^ Jill Biden lets slip secret about Joe” (英語). StarTribune.com (2009年1月19日). 2015年6月29日閲覧。
  39. ^ a b Katharine Q. Seelye (2009年1月19日). “The Bidens on Oprah” (英語). NYTimes.com. 2015年6月29日閲覧。
  40. ^ 米次期副大統領夫人が国務長官も選択肢だったと発言、バイデン氏事務所は釈明”. Reuters.com (2009年1月20日). 2015年6月29日閲覧。
  41. ^ David Saltonstall (2009年6月12日). “Second Lady Jill Biden captivates Kingsborough Community College students” (英語). NYDailyNews.com. 2015年6月29日閲覧。
  42. ^ Lynn Sweet (2009年9月3日). “Jill Biden, Captain of the Vice Squad” (英語). PoliticsDaily.com. 2015年6月29日閲覧。
  43. ^ Jill Biden Speaks to UD Grads” (英語). WBOC.com (2010年1月10日). 2015年6月29日閲覧。
  44. ^ Lee Ferran (2010年8月6日). “Second Lady Jill Biden's Acting Debut to Help Military Families” (英語). Good Morning America. 2015年6月29日閲覧。
  45. ^ Marc Lacey (2010年4月13日). “Michelle Obama Visits Haiti” (英語). NYTimes.com. 2015年6月29日閲覧。
  46. ^ 芦塚智子 (2010年4月14日). “ミシェル米大統領夫人、ハイチ訪問 初の単独外遊”. Nikkei.com. 2015年6月29日閲覧。
  47. ^ Tahman Bradley (2011年4月9日). “Michelle Obama, Jill Biden & Celebrities Highlight the Needs of Military Families” (英語). ABCNews.com. 2015年6月29日閲覧。
  48. ^ About Joining Forces” (英語). WhiteHouse.gov. 2015年6月29日閲覧。
  49. ^ Dr. Jill Biden Joins USAID and Ad Council to Debut FWD Campaign for the Crisis in the Horn of Africa” (英語). PRNewswire.com. 2015年6月29日閲覧。
  50. ^ Fei Fei Sun (2011年3月22日). “Biden Visits Japanese Embassy” (英語). TIME.com. 2015年6月29日閲覧。
  51. ^ Amie Parnes (2011年6月28日). “Joe and Jill Biden's ‘regular’ lives” (英語). Politico.com. p. 2. 2015年6月29日閲覧。
  52. ^ Amie Parnes (2011年6月28日). “Joe and Jill Biden's ‘regular’ lives” (英語). Politico.com. p. 3. 2015年6月29日閲覧。
  53. ^ Donovan Slack (2012年10月1日). “Jill Biden tiptoes into 2012 election” (英語). Politico.com. p. 3. 2015年6月29日閲覧。
  54. ^ Ashley Biden and Howard Krein” (英語). NYTimes.com (2012年6月3日). 2015年6月29日閲覧。
  55. ^ a b Donovan Slack (2012年10月1日). “Jill Biden tiptoes into 2012 election” (英語). Politico.com. p. 1. 2015年6月29日閲覧。
  56. ^ Louise Boyle,Lydia Warren (2013年1月23日). “Inside the White House after-party: How the President took part in a Gangnam Style dance off and Michelle grooved to 'Single Ladies' at celebrity-packed bash” (英語). DailyMail.co.uk. 2015年6月29日閲覧。
  57. ^ Elaine Sanchez (2014年10月23日). “Dr. Biden Thanks Wounded Troops, Caregivers in San Antonio” (英語). Defense.gov. 2015年6月29日閲覧。
  58. ^ Jill Biden tries to fire up Democrats for Udall” (英語). 9NEWS.com (2014年11月1日). 2015年6月29日閲覧。
  59. ^ Daniel Malloy (2014年10月16日). “Jill Biden to raise money for, campaign with Michelle Nunn” (英語). AJC.com. 2015年6月29日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]