ザカフカース社会主義連邦ソビエト共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザカフカース社会主義連邦ソビエト共和国
アゼルバイジャン社会主義ソビエト共和国
アルメニア社会主義ソビエト共和国
グルジア社会主義ソビエト共和国
1922年 - 1936年 アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国
アルメニア・ソビエト社会主義共和国
グルジア・ソビエト社会主義共和国
ザカフカースSFSRの国旗 ザカフカースSFSRの国章
(国旗) (国章)
国の標語: Пролетарии всех стран, соединяйтесь!
!بوتون اؤلکه‌لرین پرولئتارلاری، بیرلشین / Bütün ölkәlәrin proletarları, вirlәşiniz!
Պրոլետարներ բոլոր երկրների, միացե'ք!
პროლეტარებო ყველა ქვეყნისა, შეერთდით!
万国の労働者よ、団結せよ!
ザカフカースSFSRの位置
公用語 アゼルバイジャン語
アルメニア語
グルジア語
ロシア語
首都 トビリシ
元首等
xxxx年 - xxxx年 不明
変遷
設置 1922年12月13日
解散 1936年12月5日
通貨 ソビエト連邦ルーブル
時間帯 UTC +3

ザカフカース社会主義連邦ソビエト共和国(ザカフカースしゃかいしゅぎれんぽうソビエトきょうわこく)は、1922年から1936年まで存在したソビエト連邦構成共和国1936年憲法の施行にともない廃止された。

歴史[編集]

1920年以降、アゼルバイジャンアルメニアグルジアで、相次いでボリシェヴィキ政権が成立した。ボリシェヴィキは、この地域の経済的、政治的統一を図るため、三国で構成される連邦の創設を推進する。

1921年4月11日、バクー・ソビエトはザカフカース・ソビエト共和国の結合について決議した[1]。11月7日の第2回ザカフカース党会議はザカフカース共和国連邦について決議[2]

1922年3月12日、チフリスで開催された三共和国中央執行委員会代表全権会議は「ザカフカース社会主義ソビエト共和国連邦的同盟についての条約」を確認した[2]。12月13日、ザカフカース・ソビエト大会は、連邦的同盟を改組してザカフカース社会主義連邦ソビエト共和国を成立させた[3]。そして12月30日、のソビエト大会で、ロシアウクライナ白ロシアザカフカースで連邦を構成する形で、ソビエト連邦が正式に成立した[3]

議会は当初は加盟三国の共産党第一書記の3人が勤め、12月以降はこれらの国から一人が選ばれるようになった。

1936年スターリン憲法制定に伴ってザカフカース・ソビエト連邦社会主義共和国は廃止され、内部のグルジア・ソビエト社会主義共和国アルメニア・ソビエト社会主義共和国アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国の3か国がソビエト連邦の直接の構成共和国となった。

ザカフカース連邦の切手。それまで三国が独自に発行していた物に連邦の頭文字の5文字を記載している。

各言語での国名[編集]

  • ロシア語: Закавказская Социалистическая Федеративная Советская Республика
  • アゼルバイジャン語: Zaqafqaziya Sosialist Federativ Sovet Respublikası
  • アルメニア語: Անդրկովկասյան Սոցիալիստական Ֆեդերատիվ Խորհրդային Հանրապետություն
  • グルジア語: ამიერკავკასიის სოციალისტური ფედერაციული საბჭოთა რესპუბლიკა

政府首班[編集]

合同議会議長[編集]

名前 期間
ナリマン・ナリマノフロシア語版 1922年3月-12月 アゼルバイジャン共産党
ブドゥ・ムディヴァニ英語版 1922年3月-12月 グルジア共産党
アレクサンドル・ミャスニコフ 1922年3月-12月 アルメニア共産党

中央執行委員会第一書記[編集]

名前 期間 出身 その他
ミハ・ツハカヤ 1922年–1927年 グルジア 一期目
サメド・アガ・アガマルィ=オグルィ (ru) 1922年–1929年 アゼルバイジャン
サルキス・アンバルツミャン (hy) 1922年–1925年 アルメニア
サルキス・カシヤン 1927年–1931年 アルメニア
フィリップ・マハラーゼロシア語版 1927年–1928年 グルジア 一期目
ミハ・ツハカヤ 1928年–1931年 グルジア 二期目
ガザンファル・ムサベコフロシア語版 1929年–1931年 アゼルバイジャン
フィリップ・マハラーゼ 1931年–1935年 グルジア 二期目
Armenek Ananjan 1931年–1935年 アルメニア
スルタン・メジド・エフェンディエフ 1932年–1936年 アゼルバイジャン
Sergo Martikiyan 1935年–1936年 アルメニア
アヴェリ・エヌキーゼロシア語版 1935年3月-5月 グルジア
フィリップ・マハラーゼ 1935年–1936年 グルジア 三期目

脚注[編集]

  1. ^ 木村(1999年)、215ページ
  2. ^ a b 木村(1999年)、216ページ
  3. ^ a b 木村(1999年)、218ページ

参考文献[編集]

  • 木村英亮 『ロシア現代史と中央アジア』 有信堂高文社、1999年

関連項目[編集]