くにさき (輸送艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くにさき
LST-4003 Kunisaki.jpg
基本情報
建造所 日立造船 舞鶴工場
運用者  海上自衛隊
種別 輸送艦
艦級 おおすみ型
経歴
計画 平成11年度計画
発注 1999年
起工 2000年9月7日
進水 2001年12月13日
就役 2003年2月26日
要目
排水量 基準 8,900トン
満載 13,000トン
全長 178.0m
全幅 25.8m
深さ 17.0m
吃水 6.0m
機関 2軸推進
三井造船16V42M-Aディーゼル × 2基
出力 26,400PS
速力 最大速 22ノット
乗員 137名(ほか揚陸要員330名)
兵装 高性能20mm機関砲(CIWS) × 2基
レーダー OPS-28D 水上
OPS-14C 対空
OPS-20 航海
電子戦
対抗手段
Mk137チャフ発射機 × 4基
テンプレートを表示

くにさきローマ字JS Kunisaki, LST-4003)は、海上自衛隊輸送艦おおすみ型輸送艦 (2代)の3番艦。艦名は国東半島に由来する。

艦歴[編集]

「くにさき」は、中期防衛力整備計画に基づく平成11年度計画8,900トン型輸送艦4113号艦として、日立造船舞鶴工場で2000年(平成12年)9月7日に起工し、2001年(平成13年)12月13日に進水、2003年(平成15年)2月26日に就役の後に自衛艦隊第1輸送隊に編入され、に配備された。

2004年(平成16年)12月26日に発生したスマトラ沖地震の被災地援助の為、国際緊急援助隊派遣法に基づき護衛艦くらま」、補給艦ときわ」とともに派遣された。援助物資のほか、CH-47JAヘリコプター3機、UH-60JAヘリコプター2機を輸送し、海上基地としても利用された。

2006年4月3日、第1輸送隊が護衛艦隊隷下に編成替え。

2010年(平成22年)5月23日、6月にカンボジアおよびベトナムにて行われるアメリカ太平洋軍主催の医療・文化活動「パシフィック・パートナーシップ2010」に参加するため呉から出航、[1]。6月28日にカンボジアシアヌークビルで活動を終了、7月1日にシンガポールで補給の後、7月15日に呉に帰港[2]

2011年(平成23年)3月23日東日本大震災の被災者のために宮城県石巻湾に展開して船内に仮設浴槽を設けて提供し、任務終了後の7月には映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六』の撮影に使用された。

2014年(平成26年)5月29日、「パシフィック・パートナーシップ2014」に参加するため横須賀を出港、ベトナム、カンボジア及びフィリピンにおいて医療活動、文化交流等を行い7月24日、呉に帰港した[3]

2015年(平成27年)8月18日から9月9日まで米国において実施される統合訓練「ドーンブリッツ15」に掃海隊群司令指揮の下、護衛艦「ひゅうが」、護衛艦「あしがら」とともに参加し、水陸両用戦訓練を実施[4]

2016年(平成28年)7月1日、第1輸送隊が掃海隊群隷下に編成替え。

同年9月3日から9日までの間、タイで実施されるADMMプラス人道支援・災害救援及び防衛医学実動演習(AM-HEx2016)に参加する[5]

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り1等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
1  米田直人 2003.2.26 - 2005.7.31   くにさき艤装員長 大湊海上訓練指導隊司令
2  山縣克幸 2005.8.1 - 2006.12.5 防大20期 自衛艦隊司令部 第26護衛隊司令
3  肝付隆治 2006.12.6 - 2009.3.24 防大23期 おおすみ運用長兼副長 むろと艦長  就任時2等海佐
2008.7.1 1等海佐
4  川波辰男 2009.3.25 - 2010.8.22 防大25期 幹部候補生学校主任教官 ましゅう艦長 就任時2等海佐
2010.7.1 1等海佐
5  鍜治次郎 2010.8.23 - 2012.4.22 防大26期 横須賀海上訓練指導隊
指導部砲雷科長
自衛艦隊司令部幕僚 就任時2等海佐
2011.7.1 1等海佐
6  岡田岳司 2012.4.23 - 2013.8.29 防大31期 統合幕僚学校教官 ひゅうが艦長   
7  笹野英夫 2013.8.30 - 2015.4.23   第1術科学校総務部総務課長 舞鶴海上訓練指導隊 2等海佐
8 伊保之央 2015.4.24 - 防大31期 護衛艦隊司令部 就任時2等海佐
2016.7.1 1等海佐

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年(平成14年))
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年(平成16年))

脚注[編集]