グリーン・ベイ (ドック型輸送揚陸艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
The Green Bay (LPD 20) near New Orleans.jpg
艦歴
発注 2000年5月30日
起工 2003年8月11日
進水 2006年8月11日
就役 2009年1月24日
母港 長崎県佐世保港
退役
性能諸元
排水量 24,333トン
長さ 全長:208.4 m (684 ft)
水線長:201.4 m (661 ft)
全幅:32 m (105 ft)
水線長:29.5 m (97 ft)
吃水 7 m (23 ft)
機関 CODAD方式、2軸推進
ターボチャージドディーゼル 4基、40,000 HP (30 MW)
最大速力 22 ノット (41 km/h)
航続距離
乗員 士官28名、兵員332名
兵装 Mk 46 30mm機関砲 2門
RAM発射機 2基
艦載機 CH-46 4機またはMV-22B 2機
上陸艇 LCAC 2隻またはLCU 1隻
兵員 士官66名、兵員633名
モットー Statum Bello Invictus Maneo
(“Stand and Fight, Remain Unvanquished”)

グリーン・ベイ (USS Green Bay, LPD-20) は、アメリカ海軍ドック型揚陸艦サン・アントニオ級ドック型輸送揚陸艦の4番艦。ウィスコンシン州グリーン・ベイに因んで命名される。その名を持つ艦としては2隻目。

艦歴[編集]

グリーン・ベイの建造契約はミシシッピ州パスカグーラノースロップ・グラマン・シップ・システム社に2000年5月30日に発注され、2003年8月11日に起工した。2006年7月15日に命名式が行われ、ローズ・マグヌス(海兵隊副司令官ロバート・マグヌス大将の妻)によって命名された。

グリーン・ベイは2008年8月に取得され、2009年1月に就役し太平洋艦隊へ配属された。

2015年2月、長崎県のアメリカ海軍佐世保基地へ退役したデンバーの代わりに配属された。

外部リンク[編集]