西又葵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
にしまた あおい
西又 葵
プロフィール
生誕 6月4日[1][2]
所属 Navel(株式会社オメガビジョン)
サークル JOKER TYPE
公式サイト LOVE SAVER
代表作
一般ゲーム 詳細はこちらを参照
Φなる・あぷろーち
アダルトゲーム 詳細はこちらを参照
それは舞い散る桜のように
SHUFFLE!
俺たちに翼はない
雑誌企画 詳細はこちらを参照
らぶドル 〜Lovely Idol〜

西又 葵(にしまた あおい、女性6月4日[1][2] - )は、日本のゲームの原画家イラストレーター実業家東京都中野区出身、同都港区在住[1]血液型はA型[1]Navel(株式会社オメガビジョン)所属。

略歴[編集]

小さいころから漫画家を夢見て描き続け、中学2年生の時に初めて同人誌のイベントに参加する[3]。以後同人作家として活動。同時に霧嶋 優(きりしま ゆう)という名のコスプレイヤーとしても活動していた[4]。その後、同人活動と並行して『コミックジャンボSPEED』(桃園書房)などの雑誌やアンソロジーに短編を発表。1998年には茜新社より、商業誌や同人誌掲載作品を集めた成年コミック『West Again』[5]を出版した。

イベント会場で誘われてオリジナルのPlayStationゲームソフト(おそらく『夏色剣術小町』)の原画に参加するも、クオリティ不足を指摘され、原画を降りることとなった[6]。そのゲームでは、キャラクターデザインや制服デザイン、販促絵には西又のものが使われている[6]。その後、別の会社のゲームの原画にも誘われたが、企画変更で降りている[7]

同人活動で知り合ったことが縁で2000年、有限会社バジルの立ち上げに社員として参加[8]。同年、ゲームブランドBasiLの処女作『Bless 〜close your eyes, open your mind.〜』で、アダルトゲームの原画家としてデビューした。

BasiLの3作目『それは舞い散る桜のように』のヒットによりその名を知られるようになるが、その後BasiLの社長との対立があり、サウンドのアッチョリケら制作スタッフの大半と共にBasiLを退社。先に同社を離れていた鈴平ひろらを加えて有限会社(当時)オメガビジョンを設立し、ゲームブランドNavelを立ち上げた。そして2004年に発表されたNavel処女作『SHUFFLE!』が年間第3位の売り上げを記録し、アニメ化などメディアミックス化される大ヒットとなり、現在の人気を確立した[9]。。

原画やキャラクターデザインだけではなく、2006年に発売した『Really? Really!』以降の作品では作詞も手掛けている。

2008年9月、袋イラストを手掛けた秋田県羽後町JAうご産あきたこまちが大ヒットした(後述)。マスコミにも取り上げられテレビニュース等にも出演し、一般にも広く名前が知られるようになった。その後、ゲームばかりではなく多方面のイラストを手掛けている。

2009年4月、ジョージ・ルーカスの依頼により、スター・ウォーズ記念画集に参加する全世界100人のイラストレーターのうちの1人に選出された。2010年11月、『Star Wars Visions』として発売された。

人物[編集]

交友関係[編集]

同人活動[編集]

JOKER TYPE』(ジョーカータイプ)という名の同人サークルを主宰している。以前は鈴平ひろのサークル『HEART WORK』と合同企画をしていた。コミックマーケットの他、COMIC1サンシャインクリエイションなどにも参加している。さらに、東日本大震災の被災者を支援する為に他の漫画家と共同で制作された同人誌「pray for Japan」にもイラストを寄稿した。

参加作品[編集]

アダルトゲーム[編集]

BasiL在籍時
Navel移籍後

一般ゲーム[編集]

書籍[編集]

コミック
エッセイ
表紙イラスト(Navel関連以外)
画集
その他
  • Star Wars Visions(ジョージ・ルーカス著、Harry N. Abrams、2010年11月) ISBN 978-0810995895 - ルーカスが選考した漫画家や画家、ストーリーボード画家といったアーティスト25組が描いた「スター・ウォーズ」像を集めた内容。日本からは美樹本晴彦と西又が選ばれている。

雑誌企画[編集]

作詞[編集]

  • 『Really? Really!』
    • Remember memories (オープニングテーマ)
    • Ageless Love (挿入歌)
    • Happy Dream (エンディングテーマ)
  • SHUFFLE! MEMORIES
    • Fateful Encounters (導入編 オープニングテーマ)
    • natural tone (番外編 エンディングテーマ)
  • ねぶら
    • ねぶらdeメンボ☆ (テーマソング)
  • 『俺たちに翼はない〜Prelude〜』
  • 『俺たちに翼はない』
    • Jewelry tears (オープニングテーマ)
    • 他エンディングテーマ、キャラクターソング、イメージソング全て
  • 『SHUFFLE!Essence+』
    • Link-age(オープニングテーマ)
  • マリッジロワイヤルラジオ
    • Sweet Happy☆Wedding (テーマソング)
  • 『俺たちに翼はない AfterStory』
    • Cross Illusion (オープニングテーマ)
    • migratory bird(エンディングテーマ)
  • 『俺たちに翼はない』(アニメ)

秋田県羽後町[編集]

西又葵によるあきたこまち萌え看板

羽後町では西又が多くのイラストを手掛けている。JAうごの米袋等の農産物販促の仕事依頼は、「うご夏の夢市・かがり火天国」の主催者である大学生が仕掛け人となり、2008年夏の「かがり美少女イラストコンテスト」にゲスト出演し、町の風土に感銘を受け、且つ、町内に西又という地名があることから引き受けた。市女笠と町の木と鳥を入れた袋が作成されたが、大手百貨店納品は諸事情によりできず、JAうごの直販となった。この経緯が地元メディアだけでなく朝日新聞産経新聞など大手新聞にも特集記事で紹介された[15][16][17]。2009年12月10日には、「JAうご産あきたこまちパッケージ」に使用されている「こまち娘」を描いた縦4m×横2.7mの看板がJAうご本所正面玄関に設置された[18]。2010年5月20日-23日にはNavelとJAうごが主催した「西又葵と行くイラストの町羽後町まるごと満喫イベント」が開催[19][20]され、5月23日付の読売新聞朝刊秋田版、河北新報朝刊などにもその模様が掲載された。

  • スティックポスター​in羽後町(羽後町観光物産協会) - イラスト
  • 羽後町あきたこまちJAうご) - 萌え米の米袋イラスト
  • 羽後町産イチゴ「うご野いちご」ちゃん (農業法人こまち野) - キャラクターデザイン
  • 焼酎「花嫁道中」(菅原酒店他) - ラベルイラスト
  • 羽後牛ビーフカレー(JAうご) - パッケージイラスト[21]
  • うご野いちごちゃんロールケーキ(農業法人こまち野) - パッケージデザイン
  • クロワッサンラスク(株式会社櫻山) - パッケージデザイン
  • 羽後町産スイカ[光センサー 夢あきた](JAうご) - 美少女ダンボールイラスト
  • 羽後牛シチュー(JAうご) - パッケージイラスト(2011年8月)

商品パッケージイラスト[編集]

(羽後町関連除く)

  • 「Comic Water」(トレッカ) - パッケージイラスト(2008年8月 コミックマーケット期間のみ販売)
  • 「Comic Green Tea」(トレッカ) - パッケージイラスト(2008年12月 コミックマーケット期間のみ販売)
  • 美少女イラスト入り「アルカリ乾電池」[22]モリモ商事) - パッケージイラスト・デザイン(2009年9月)
  • 北海道塗るプリン「ミルキーゴールド」“萌えプリン”(青華堂) - パッケージイラスト・デザイン(2009年9月)
  • 福岡限定ドロップ(あまおういちごみるく味)」(堀米商店) - パッケージイラスト・デザイン(2010年5月)
  • 大宰府限定ドロップ(うめ風味)」(堀米商店) - パッケージイラスト・デザイン(2010年5月)
  • 「痛茶(玉露入り緑茶)」(健爽本舗) - パッケージイラスト・デザイン(2010年7月、2010年12月)
  • ヒカルものたち」(渡辺麻友) - 完全生産限定盤ジャケットイラスト(2012年11月)

キャラクターイラスト[編集]

  • アミューズメントスポット「アキバのうさぎ神社」 - キャラクターイラスト(2009年4月)
  • 立川魔法都市化ぷろじぇくと - キャラクターイラスト(2009年5月)
  • 東京オートサロン2010 - 公式イメージガールキャラクターイラスト(2010年1月)
  • MAG・ネット』(2010年4月-2013年3月放送) - 番組ナビゲーターキャラクター原案、EDイラスト
  • ハローキティといっしょ! - キティラーズ「一花麗流」キャラクターイラスト(2010年4月)

雑誌イラスト[編集]

(単発のものは除く)

その他イラスト[編集]

  • 2009年春花粉症対策キャンペーンポスター(ファディア株式会社) - イラスト(2009年3月)
  • 鷲宮神社「萌フェスIN鷲宮2009」 - 「お弁当掛け紙」イラスト(2009年8月)
  • 鷲宮神社土師祭 - 先導車キャラクターイラスト
  • 絵師100人展(産経新聞主催) - イラスト「富士の聖域」(2011年5月)
  • osamu moet moso - イラスト「エンゼルの丘」「リボンの騎士」(2011年7月)
  • “ディズニーコラボレーション”プリンセスライン feat 西又葵 - ディズニー作品に登場するプリンセスたちを西又が描くコラボ企画(2011年7月- )[23]
  • 第17回NHKハート展(2012年)
  • ニコニコ超会議3自民党ブース 痛車仕様街宣車「あさかぜ号」イラスト(2014年)

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 西又葵 オフィシャルサイト”. 西又葵. 2012年10月13日閲覧。
  2. ^ a b 西又は、かつて自身の漫画単行本『West Again』(茜新社1998年)において生年月日を公表していたが、その後、本人のブログ2007年6月4日付において、過去のトラブルから生年・年齢の情報の流布を望まない意志を明確にしている。
  3. ^ 西又葵『西又葵です。』(飛鳥新社)、2009年、64頁。
  4. ^ 1998年コスプレ写真集『Pretties3』で表紙を飾っている。
  5. ^ 本のタイトルはWest(西)Again(また)より採られている(あとがきより)。
  6. ^ a b 西又葵『西又葵です。』(飛鳥新社)、2009年、25-26頁。
  7. ^ 西又葵『西又葵です。』(飛鳥新社)、2009年、27-28頁。
  8. ^ 西又葵『西又葵です。』(飛鳥新社)、2009年、29-30頁。
  9. ^ 宮本直毅『エロゲー文化研究概論』(総合科学出版)、2013年、162-163頁。
  10. ^ 近年では、公式ブログの自画像や公式ツイッターのアイコンに虎縞の猫のイラストを頻繁に使っている。
  11. ^ 西又葵『West Again』(茜新社)、1998年、169頁。
  12. ^ 西又葵 (n.d.). “同人誌一覧1994年”. 2012年3月11日閲覧。
  13. ^ 西又葵 (2011年9月7日). “携帯恋愛ADV『君と一緒に』SKE48とのスペシャルコラボ!”. 2012年3月11日閲覧。
  14. ^ Navel関連作品小説やコミックの表紙を描いたことはあるが、非関連作品は初めて。挿絵を描くのも初めて。
  15. ^ 田中祐也「「萌え米」ウレターー――秋田・羽後町 美少女イラスト人気」『朝日新聞』2008年12月18日付夕刊、第3版、第15面。
  16. ^ 宮原啓彰「羽後あきたおばこに“萌え~” 米袋にイラスト…全国の若者から予約殺到」(産経iza!、2008年9月26日付)
  17. ^ “萌え効果”で大ヒット 米や焼酎に美少女イラスト (産経MSN、2009年1月7日付)
  18. ^ JAうご (2009年12月11日). “『JAうご公式ブログ「なえんもねんしども」2009年12月』”. 2010年3月10日閲覧。
  19. ^ JAうご (2009年5月24日). “『JAうご公式ブログ「なえんもねんしども」2010年5月』”. 2010年7月25日閲覧。
  20. ^ 西又葵 (2010年7月4日). “『西又葵と行く秋田県羽後町ツアー【22日・JAうご本所~スイカの定植~としとらんど編】』”. 2010年7月25日閲覧。
  21. ^ 「青鉛筆」『朝日新聞』2009年1月31日付朝刊、第13版、第35面。
  22. ^ 同時期にdocomo.au.softbank携帯充電器も手がけた。
  23. ^ 西又葵 (2011年7月3日). ““ディズニーコラボレーション”プリンセスライン feat 西又葵”. 2012年3月11日閲覧。

外部リンク[編集]