根本博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
根本 博
Hiroshi Nemoto.jpg
中華民国陸軍軍服姿の根本博
生誕 1891年6月6日
日本の旗 日本 福島県岩瀬郡仁井田村
死没 1966年5月24日(満74歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1904 - 1945年
最終階級 陸軍中将(日本軍・中華民国軍)
除隊後 中華民国第5軍管区司令官顧問
テンプレートを表示

根本 博(ねもと ひろし、1891年6月6日 - 1966年5月24日)は、日本陸軍軍人陸軍中将正四位勲一等功三級陸士23期。陸大34期。

人物[編集]

終戦時にはモンゴル(当時は蒙古聯合自治政府)に駐屯していた駐蒙軍司令官として、終戦後もなお侵攻を止めないソ連軍の攻撃から、蒙古聯合自治政府内の張家口付近に滞在する邦人4万人を救った。復員後1949年、中華民国台湾へ渡り、金門島における戦いを指揮して、中共政府の中国人民解放軍を撃破[1]。中共政府は台湾奪取による統一を断念せざるを得なくなり、今日に至る台湾の存立が決定的になった。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

福島県岩瀬郡仁井田村(現須賀川市)出身。実家は農家であるが、実父は県庁に勤務していた。また、実兄の嘉瑞は村会議員も務めた。1904年(明治37年)仙台陸軍地方幼年学校入学。中央幼年学校を経て、1911年(明治44年)陸軍士官学校卒業(23期)。席次は509人中13番で、同期に小畑英良ら。

酒好きで豪快な人柄だったとされる。1922年(大正11年)陸軍大学校卒業(34期)。席次は60人中9番。1924年(大正13年)、郵便局長の娘・錫(すず)と結婚し、夫妻の間には四男二女が誕生する。

少壮将校時代[編集]

陸大卒業後、原隊復帰を経て、陸軍中央等において主に支那畑を歩む。南京領事館附駐在武官として南京に駐在していた 1927年3月南京事件に遭遇、領事館を襲撃してきた北伐軍暴兵に素手で立ち向かったものの銃剣で刺され、更に二階から飛び降りて脱出を図った際に重傷を負った。自分が死ぬことで、幣原外交の軟弱さを変えようとしたと後に語っている。

帰国後、1928年6月に起きた満州某重大事件を皮切りに、満蒙問題などの解決のために国策を研究する目的で、石原莞爾鈴木貞一村上啓作武藤章ら陸士21期生から27期生の少壮将校を中心に、同年11月に9名で結成された無名会(別名 木曜会)に参画する。続いて翌年5月には、軍の改革と人事刷新、統帥の国務からの分離、合法的な国家総動員体制の確立等を目指し、永田鉄山岡村寧次小畑敏四郎板垣征四郎土肥原賢二東條英機山下奉文ら陸士15期から18期生を中心に結成された、二葉会に吸収される形で成立した一夕会に加わった。

1930年8月、中佐として参謀本部支那班長となる。この頃支那班員となったばかりの今井武夫大尉は、当時の根本班長の思い出を戦後回顧している。1931年12月、犬養毅内閣の陸相となった荒木貞夫中将は、寡黙な根本中佐を、「昼行灯」と称して、忠臣蔵の大石良雄に擬していたという。

1930年9月、国家改造を掲げる結社桜会にも参加するようになり、翌年には陸軍のクーデター事件である三月事件に連座するも、中心人物である橋本欣五郎ら急進派の行動に危惧や不信感を抱き、また一夕会の東條らの説得もあり次第に桜会から距離を置くようになる。十月事件にも半ば連座する形になったものの、幾人かの同士達と、当時の参謀本部作戦課長今村均大佐に自ら計画を漏洩、未遂に終わらせる事に寄与、一時期の拘束で処分は済んだ。

中堅将校時代[編集]

1935年8月12日に起きた相沢事件時には、事情が分からずに、事件を起こした直後に連行される相沢三郎に駆け寄り、握手を交わしたとされ、統制派の将校であるにも関わらず、誤解を受ける行動を起こした事を、後に悔やんでいる。

1936年2月26日~2月29日における二・二六事件の際は、陸軍省新聞班長として部下に、あの有名な「兵に告ぐ、勅命が発せられたのである。既に天皇陛下の御命令が発せられたのである。お前達は上官の命令が正しいものと信じて・・」の戒厳司令部発表を、反乱軍の占拠地帯に向かって拡声器を通じて放送させ、反乱軍を動揺させて切り崩し工作を図った。根本は決起将校らが陸軍大臣に宛てた「陸軍大臣要望事項」の中で、軍權を私したる中心人物として、武藤章中佐、片倉衷少佐と共に即時罷免を求められている。また同事件時、決起将校らが2月26日の未明から、陸軍省において根本を待ち伏せていたが、昨晩から深酒をして寝過ごした為に命拾いした。

二・二六事件後の陸軍再編により原隊の連隊長に就任、日中戦争後は専門である支那畑に復帰、終戦に至るまで中国の現地司令部における参謀長や司令官を長らく務めた。

駐蒙軍司令官として[編集]

1944年11月、駐蒙軍司令官に就任。翌1945年8月のソ連軍の満州侵攻は、8月15日の日本降伏後も止まらず、同地域に滞在していた同胞4万人の命が危機に晒されていた。ソ連軍への抗戦は罪に問われる可能性もあったが、生長の家を信仰していた根本は『生命の実相』よりそのような形式にとらわれる必要はないと考え、罪を問われた際は一切の責任を負って自分が腹を切れば済む事だと覚悟を決め、根本は「理由の如何を問わず、陣地に侵入するソ軍は断乎之を撃滅すべし。これに対する責任は一切司令官が負う」と、日本軍守備隊に対して命令を下した。途中幾度と停戦交渉を試みるが攻撃を止まないソ連軍に対し、何度も突撃攻撃を繰り返しソ連軍の攻撃を食い止めながらすさまじい白兵戦を繰り広げた。、更に八路軍(中国共産党軍の前身)からの攻撃にも必死に耐え、居留民4万人を乗せた列車と線路を守り抜いた[2]

8月19日から始まったソ連軍との戦闘はおよそ三日三晩続いたものの、日本軍の必死の反撃にソ連軍が戦意を喪失した為、日本軍は8月21日以降撤退を開始、最後の隊が27日に万里の長城へ帰着した。出迎えた駐蒙軍参謀長は「落涙止まらず、慰謝の念をも述ぶるに能わず」と記している。一方、20日に内蒙古を脱出した4万人の日本人は、三日三晩掛けて天津へ脱出した。その後も引揚船に乗るまで日本軍や政府関係者は彼らの食料や衣服の提供に尽力した。

引揚の際、駐蒙軍の野戦鉄道司令部は、引き揚げ列車への食料供給に苦心していたとされる。8月17日頃から、軍の倉庫にあった米や乾パンを先に、沿線の各駅にトラックで大量に輸送していた。また、満州では関東軍が8月10日、居留民の緊急輸送を計画したが、居留民会が短時間での出発は大混乱を招く為に不可能と反対し、11日になってもほとんど誰も新京駅に現れず、結局、軍人家族のみを第一列車に乗せざるを得なかった。これが居留民の悲劇を呼んだと言われる。尚、前任の下村定陸軍大将が最後の陸軍大臣になった事を受けて8月19日、北支那方面軍司令官を兼任する。

1946年8月、根本は最高責任者として、在留邦人の内地帰還はもちろん、北支那方面の35万将兵の復員を終わらせ、最後の船で帰国した。

台湾へ[編集]

「密航」[編集]

復員後、東京の鶴川の自宅で生活を送る。しかし、中国情勢における国民党の敗北が決定的となり、1949年(昭和24年)1月に蒋介石が総統を辞任すると、蒋介石に対する恩義(邦人4万人と35万将兵の帰還、国体護持)から、根本は私財を売却して渡航費用を工面しようとする。そこに、元上海の貿易商であった明石元長[3]及び「東亜修好会」からの要請があり、密航を決意する。

同年6月26日、通訳の吉村是二とともに宮崎県延岡市の沿岸から台湾へ密航。7月10日に基隆に到着するが、密航者として投獄される。しかし、根本投獄の報告がかつて交流のあった国府軍上層部(彭孟緝中将、鈕先銘中将)に伝わるや待遇が一変し、8月1日台北へ移動する。北投温泉での静養を経て、8月中旬、湯恩伯の仲介で蒋介石と面会する。同時期8月5日に米国が国民党政府への軍事支援打ち切りを表明しており、蒋介石は根本の協力を受け入れた。

金門島の決戦[編集]

詳細は古寧頭戦役を参照されたし

根本らは8月18日に台湾から厦門へ渡る。中国名「林保源」として湯恩伯の第5軍管区司令官顧問、中将に任命された。湯恩伯は根本を「顧問閣下」と呼び礼遇した。根本は湯恩伯に対し厦門を放棄し、金門島を拠点とすることを提案する。これを基に、防衛計画が立案され根本は直接指導に当たった。同年10月1日、共産党による中華人民共和国が成立。ほどなく国府軍は厦門を失陥。金門島での決戦が迫る中、根本は塹壕戦の指導を行う。そして10月24日、金門島における古寧頭戦役を指揮、上陸してきた中国人民解放軍を破り、同島を死守した[1]

10月30日、湯恩伯は「林保源」を含む部下たちとともに、台北に凱旋する。根本らの帰国後も、この島を巡って激戦(金門砲戦)が展開されたが、台湾側は人民解放軍の攻撃を防ぎ、現在に至る台湾の存立が確定した。その後、根本の帰国に先立ち、蒋介石は感謝の品として、英国王室と日本の皇室に贈ったものと同じ花瓶を、根本に渡している。本来一対であるべき花瓶の片方は、今日も中正記念堂に展示されている。

スキャンダルとして[編集]

当時、国府軍が日本の旧軍人らを義勇兵として募兵しているといった噂から「台湾募兵問題」がスキャンダルとして世間の注目を集めていた。根本らの台湾密航は国会でも追及されたが、当時の吉田茂首相は、そのような事実があるかもしれないと答弁を濁している[4]

晩年[編集]

根本は1952年(昭和27年)6月25日、民航空運公司(CAT)機により日本へ帰国する。3年前の密出国については不起訴処分となった。晩年は鶴川の自宅で過ごしていたが、1966年(41年)5月5日、孫の初節句の後に体調を崩して入院。同月21日に一度退院するも、24日に急死した。享年74。

没後[編集]

当時より根本の渡台は台湾でも極秘であり、その後の台湾(中華民国)における政治情勢(国民党政府(=外省人)による台湾統治の正当化)もあって、根本ら日本人の協力は現地でも忘れ去られていた。また古寧頭戦役そのものの歴史的意義の認知も低かった。

2009年(平成21年)におこなわれた古寧頭戦役戦没者慰霊祭[1]に根本の出国に尽力した明石元長の子息・明石元紹や、根本の通訳として長年行動を共にし、古寧頭の戦いにも同行した吉村是二の息子・吉村勝行が出席を許され、総統・馬英九と会見した[5]。彼ら日本人の出席が認められたのは、式典のわずか1週間前だった。

また、明石元紹と吉村勝行の帰国の際、中華民国陸軍の黄奕炳中将は報道陣の前で「国防部を代表して」根本博と吉村是二に対する感謝を伝えた。これにより、正式に日本人の関与が認められたこととなる。

年譜[編集]

  • 1891年6月6日 出生(福島県岩瀬郡仁井田村)
  • 1904年9月 仙台陸軍地方幼年学校入学
  • 1907年9月 陸軍中央幼年学校入学
  • 1909年
    • 5月 陸軍中央幼年学校卒業
    • 5月 士官候補生
    • 12月1日 陸軍士官学校入校
  • 1911年
  • 1914年12月 陸軍歩兵中尉
  • 1917年12月1日 陸軍大学校入校
  • 1921年4月 陸軍歩兵大尉
  • 1922年11月29日 陸軍大学校卒業
  • 1923年
  • 1924年8月 参謀本部部員
  • 1926年
  • 1927年
  • 1929年
    • 3月 参謀本部附(ドイツ出張)
    • 12月 参謀本部支那課支那班員
  • 1930年8月1日 陸軍歩兵中佐参謀本部支那課支那班長
  • 1932年
    • 5月 参謀本部部員
    • 8月8日 参謀本部附(上海駐在武官)
  • 1933年7月4日 支那駐屯軍司令部兼参謀本部附
  • 1934年
  • 1936年
    • 2月26日 戒厳司令部第四課長
    • 3月7日 旭川歩兵第27聯隊長
  • 1937年9月4日 北支那方面軍司令部附
  • 1938年
    • 5月14日 北支那方面軍特務部長
    • 7月15日 陸軍少将
  • 1939年
    • 3月10日 興亜院華北連絡部次長
    • 8月1日 参謀本部附
    • 12月1日 第21軍参謀長
  • 1940年2月10日 南支那方面軍参謀長
  • 1941年3月1日 陸軍中将第24師団
  • 1944年
    • 2月7日 第3軍司令官
    • 11月23日 駐蒙軍司令官
  • 1945年8月19日 北支那方面軍司令官兼駐蒙軍司令官
  • 1946年8月 復員
  • 1949年5月 台湾政府の対中共作戦に協力(~1952年6月帰国)
  • 1966年5月24日 死去

栄典[編集]

参考文献[編集]

関連資料[編集]

書籍[編集]

  • 今井武夫・寺崎隆治 他 『日本軍の研究 指揮官 (下)』原書房、1980年に「根本博中将の思い出」
  • 小松茂朗 『戦略将軍根本博 ある軍司令官の深謀』(光人社、1987年) ISBN 4-7698-0361-3

TV番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “古寧頭戦役60周年に日本の軍事顧問団関係者の家族らが台湾を訪問”. 台湾週報 (台北駐日経済文化代表処). (2009年10月27日). http://www.taiwanembassy.org/ct.asp?xItem=114725&ctNode=3591&mp=202 2011年4月5日閲覧。 
  2. ^ ソ連軍の主力は満洲に向けられており、内蒙古方面にはあまり兵力を割いていなかった。こうした好条件が効を奏して在留邦人の撤退に成功した。
  3. ^ 元男爵:日露戦争中の欧露での謀略活動で名を馳せ、第7代台湾総督明石元二郎の長男。根本らの出国した四日後に、過労の為急死
  4. ^ 第6回国会 衆議院 本会議 第7号 昭和24年(1949年)11月10日(議事録
  5. ^ 「日軍事顧問貢獻入史? 國防部未評論」台湾自由時報 2011年5月30日の記事から "...國防部在二○○九年十月曾舉辦古寧頭大捷紀念大會,日本軍事顧問後代吉村勝行等人應邀參與大會,馬英九總統也向吉村勝行等人握手致意,時任國防部常務次長的黃奕炳中將也以古寧頭戰役相關書籍贈送吉村勝行等。" http://www.libertytimes.com.tw/2011/new/may/30/today-fo17-2.htm
  6. ^ 『官報』 1942年07月17日 叙任及辞令

関連項目[編集]