村山駅 (山形県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
村山駅*
東口(2011年5月)
東口(2011年5月)
むらやま - Murayama
所在地 山形県村山市楯岡新町一丁目10-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 ムラ
タオ←タヲ(改称前)
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
1,290人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1901年明治34年)8月23日
乗入路線 2 路線
所属路線 山形新幹線
キロ程 113.5km(福島起点)
東京から386.3km
(13.4km) 大石田
所属路線 奥羽本線山形線
キロ程 113.5km(福島起点)
東根 (2.9km)
(8.0km) 袖崎
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
* 1999年に楯岡駅から改称。

村山駅(むらやまえき)は、山形県村山市楯岡新町一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線である。

当駅は奥羽本線上を走るミニ新幹線である山形新幹線の停車駅である。一方、奥羽本線の在来線としての愛称として「山形線」が設定されている。

歴史[編集]

この駅は旧楯岡町の中心部にあり楯岡と命名されたが、1954年昭和29年)に村山市が誕生してもなお駅名は楯岡のままであった。しかし村山市の誕生から半世紀が過ぎた1999年平成11年)、山形新幹線の新庄延伸にあわせて市名と同じ駅名に改称された。

駅構造[編集]

西口(2012年9月9日)

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の計2面3線を有する地上駅橋上駅舎を持つ。橋上駅舎は山形新幹線の開業にあわせて建て替えられたもので、内部には改札が1箇所あり、出口は東口と西口とがある。

改築前は木造の比較的大きな地上駅舎をもっていたが東側にしか出口がなかった。駅舎を新築する際東西に出口を設けることとなり、橋上駅舎となった。東口駐車場南側にあった村山警察署駅前交番が、2006年平成18年)2月に駅舎東口の1階へ移転した。

直営駅駅長助役配置)。管理駅でもあり、袖崎駅を管理している。駅舎内部にはみどりの窓口(営業時間 5:50 - 20:30)、自動券売機を設置。2・3番線のみエレベーターが設けられている。駅レンタカー設置。

のりば[編集]

1 山形新幹線 (上り) 山形福島宇都宮大宮東京方面(1日1本のみ)
山形線 (上り) 天童・山形方面
2 山形新幹線 (上り) 山形・福島・宇都宮・大宮・東京方面
(下り) 新庄方面
山形線 (上り) 天童・山形方面
(下り) 大石田・新庄方面
3 山形新幹線 (下り) 新庄方面(交換時のみ)
山形線 (下り) 大石田・新庄方面
(上り) 山形方面(当駅始発)
  • 山形新幹線は列車の上下にかかわらず基本的に2番線を使用する。
  • 山形線山形方面は1番線、新庄方面は2、3番線を基本的に使用する。

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗車人員は1,290人である。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 1,373
2001 1,425
2002 1,483
2003 1,432
2004 1,409
2005 1,336
2006 1,292
2007 1,240
2008 1,201
2009 1,187
2010 1,208
2011 1,205
2012 1,207
2012 1,290

駅周辺[編集]

この駅は村山市街の南西部にあり利便性はかなり高い。村山市役所は駅北東部の、市街地からは少しく外れた位置にあるがそれでも決して駅から遠くはない。駅付近には銀行や大規模な商店など一通りのものがそろっている。

路線バス[編集]

その他[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
山形新幹線
さくらんぼ東根駅 - 村山駅 - 大石田駅
山形線(奥羽本線)
東根駅 - 村山駅 - 袖崎駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]