赤湯駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
赤湯駅
東口(2005年7月)
東口(2005年7月)
あかゆ - Akayu
山形県南陽市郡山(JR東日本)
北緯38度2分49.9秒東経140度8分57秒
山形県南陽市若狭郷屋863(山形鉄道)
北緯38度2分52.2秒東経140度8分54.9秒
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
山形鉄道
電報略号 アユ
駅構造 地上駅
ホーム 3面4線
乗車人員
-統計年度-
(JR東日本)-2013年-
1,466人/日(降車客含まず)
(山形鉄道)-2010年-
231人/日(降車客含まず)
開業年月日 1900年明治33年)4月21日
乗入路線 3 路線
所属路線 山形新幹線(JR東日本)
キロ程 56.1km(福島起点)
東京から328.9km
高畠 (6.2km)
所属路線 奥羽本線山形線)(JR東日本)
キロ程 56.1km(福島起点)
高畠 (6.2km)
(8.3km) 中川
所属路線 山形鉄道フラワー長井線
キロ程 0.0km(赤湯起点)
(0.9km) 南陽市役所
備考 共同使用駅
JR東日本:直営駅管理駅
JR東日本:みどりの窓口
西口(2007年8月)

赤湯駅(あかゆえき)は、山形県南陽市郡山および若狭郷屋にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・山形鉄道である。

南陽市の中心駅である。

乗り入れ路線[編集]

JR東日本の奥羽本線と、当駅を起点とする山形鉄道フラワー長井線が乗り入れ、接続駅となっている。

当駅は奥羽本線上を走るミニ新幹線である山形新幹線の停車駅となっている。一方、奥羽本線の在来線としての愛称として「山形線」が設定されている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式島式混合3面5線のうち、東口から数えて二番目にあたるホーム(島式)の駅舎寄り片方の線路がはがされて出来た3面4線の地上駅である。

東口に近い1番線から3番線をJR東日本が使用し、4番線を山形鉄道が使用している。山形鉄道フラワー長井線がJR長井線であったころは奥羽本線と線路が繋がっていたが、後に奥羽本線側が山形新幹線運転に伴い標準軌へ改軌された事などから、現在はJRと山形鉄道の線路は当駅構内では繋がっていない。

駅舎は東西に設置されており、東口をJR東日本、西口を山形鉄道が管理している。なお、近道として無断通り抜けが多いのか、東口と西口の構内通り抜けには入場券が必要との掲示が、JR側・山形鉄道側ともになされている。

JR東日本(東口)[編集]

山形新幹線開業に合わせて作られた駅舎は、通商産業省グッドデザイン賞などを受賞している。鈴木エドワードによる設計で、パラグライダーを模した意匠となっている。

直営駅駅長助役配置)。管理駅であり、中川駅を管理下に置く。

駅舎にはみどりの窓口(営業時間 6:30 - 21:05)、びゅう旅センター(営業時間 10:00 - 17:00、土曜休日休業)、JR自動券売機2台、指定席券売機1台(営業時間 5:50 - 21:05)、モバイルSuica特急券用簡易Suica改札機、山形鉄道自動券売機1台、待合所キオスクがある。また、ホームにはエレベーターが設置されている(1番線・2番線のみ)。駅レンタカー設置駅。

山形鉄道(西口)[編集]

ログハウス風の小柄な駅舎を有する。社員配置駅(早朝夜間および日祝は駅員不在)。山形鉄道出札窓口(営業時間 10:30 - 19:00、日祝休業)、JR乗車証明書発行機、待合室を設置。

窓口営業時間内に限りJR列車到着時に改札を行う。山形鉄道の列車は到着時に車内精算となり、JR線へ乗り継ぐ場合は運転士から精算証明書を貰い、乗継列車の車内または下車駅で精算する。

のりば[編集]

  • 1番線(山形新幹線、奥羽本線)は単式ホーム1面1線。
  • 2番線(山形新幹線、奥羽本線)は島式ホームだが、1番線寄りの線路が撤去された1面1線。
  • 3・4番線(奥羽本線、フラワー長井線)は島式ホーム1面2線。
1 山形新幹線 (上り) 米沢福島宇都宮大宮東京方面
山形線 (上り) 米沢・福島方面
2 山形新幹線 (下り) 山形新庄方面
山形線 (下り) 山形・新庄方面
3 山形線 (上り) 米沢・福島方面(待避列車)
4 フラワー長井線   宮内今泉長井荒砥方面

利用状況[編集]

  • JR東日本 - 2013年度の1日平均乗車人員は1,466人である。
  • 山形鉄道 - 2010年度の1日平均乗車人員は231人である。
1日平均乗車人員推移
年度 JR東日本 山形鉄道
2000 1,533 310
2001 1,521 290
2002 1,504 286
2003 1,495 269
2004 1,508 273
2005 1,550 254
2006 1,537 241
2007 1,531 236
2008 1,462 233
2009 1,419 225
2010 1,401 231
2011 1,360 229
2012 1,429
2013 1,466

駅周辺[編集]

東口の駅前も西口の駅前も整備されているが、東口がにぎやかなのに対し西口は少し閑散としている。赤湯の駅は古くからの名湯赤湯温泉への入口駅としての機能も有しており観光地らしい風情も漂っているが、当駅はそもそも南陽の市街からは大きく西に外れている。

その他[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
山形新幹線
高畠駅 - 赤湯駅 - かみのやま温泉駅
山形線(奥羽本線)
高畠駅 - 赤湯駅 - (北赤湯信号場) - 中川駅
山形鉄道
フラワー長井線
赤湯駅 - 南陽市役所駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]