茂吉記念館前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
茂吉記念館前駅*
駅南の弁天踏切から見たホーム(2005年10月)
駅南の弁天踏切から見たホーム(2005年10月)
もきちきねんかんまえ
- Mokichikinenkammae -
(4.0km) 蔵王
所在地 山形県上山市北町字弁天1421
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 奥羽本線山形線
キロ程 77.8km(福島起点)
電報略号 モキ
キノ(改称前)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
172人/日(降車客含まず)
-2001年-
開業年月日 1952年昭和27年)3月5日
備考 無人駅(乗車駅証明書発行機 有)
* 1992年に北上ノ山駅から改称。

茂吉記念館前駅(もきちきねんかんまええき)は、山形県上山市北町字弁天にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線である。「山形線」の愛称区間に含まれている。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。線路は南北に走り、線路の東側と西側に1本ずつホームがある構造である。

かみのやま温泉駅管理の無人駅で駅舎は無い。構内からホームへ行き来する事は出来ず、各ホームの南端附近に設けられた階段で直接出入りする。木造の待合所が設けられ、内部には長椅子が設置されている。2009年に待合室が改築された。乗車駅証明書発行機が各ホーム入口にそれぞれ設置されている。

のりば[編集]

1 山形線(下り) 山形新庄方面
2 山形線(上り) かみのやま温泉赤湯米沢方面

駅周辺[編集]

この駅の北側では、線路は左右を崖で挟まれた切り通しの底のような場所を通り、当駅のホームも大半が崖に挟まれる形となっている。しかし駅の南側はなだらかな地形となっているので、坂を下りたりするようなことは無く、駅から外部に出ることが出来る。

2003年に廃止された旧上山競馬場の最寄り駅であり、災害復興対策により1958年から競馬が開催されるようになると、当駅は競馬場へ向かう人々で溢れた。また、かつては旧山形県立上山農業高等学校の最寄り駅でもあり、同校の学生の多くが利用していた。どちらもなくなった今日ではその面影はない。 しかし今は当時の面影はないものの山形方面へ通う高校生などがこの駅を利用している。

駅の東側、上りホームの出入り口脇から細い坂道が駅裏手の丘に上がっており、この道を100m行くとそこが駅名の由来になった斎藤茂吉記念館である。駅の北800m程の場所にある金瓶の集落が斎藤茂吉の生地であり、この記念館はそれにちなんで1968年に開設されたものである。

駅前には山形県埋蔵文化財センターがあり、その裏にニュートラックかみのやま(旧上山競馬場)が、近くには遊園地「リナワールド」などがある。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
山形線(奥羽本線)
かみのやま温泉駅 - 茂吉記念館前駅 - 蔵王駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]