漆山駅 (山形県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
漆山駅
駅舎(2010年3月)
駅舎(2010年3月)
うるしやま - Urushiyama
南出羽 (1.3km)
(2.1km) 高擶
所在地 山形県山形市大字漆山
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 奥羽本線山形線
キロ程 94.9km(福島起点)
電報略号 ウル
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
228人/日(降車客含まず)
-2003年-
開業年月日 1902年明治35年)11月1日
備考 無人駅(自動券売機 有)

漆山駅(うるしやまえき)は、山形県山形市大字漆山にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線山形線)のである。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。駅舎に接するホームには1番線が、奥のホームには2番線があり、2番線が直線となる一線スルーの構造である。北山形 - 天童単線のため、上下線の交換や山形新幹線普通列車を追い越す際に当駅が利用されることが多い。

のりば[編集]

1・2 山形線 (上り) 山形米沢方面
(下り) 天童さくらんぼ東根新庄方面

山形新幹線の新庄延伸工事が開始されるまでは2番線のあるホームの駅舎とは反対側に3番線があり2面3線であった。また貨物列車の側線も有しており広い構内であった。現在でも、2番線ホームから駅舎とは逆の方向を見ると草が生えた空き地がある。

駅舎は大きな木造平屋建てで、内部の旅客が立ち入ることのできる部分には待合所と、無人化されて閉じられたままの窓口がある。簡易型自動券売機が設置されているので近距離乗車券の購入が可能である。2005年の無人化前は、みどりの窓口のない直営駅であった。山形駅の管理下にある。

駅舎老朽化に伴い2009年3月20日まで改築工事が行われた。[1]

駅周辺[編集]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2001 240
2002 246
2003 228
2004 -
2005 -
2006 -
2007 -

歴史[編集]

旧駅舎(2005年10月)

かつては、駅周辺にある住友大阪セメント山形サービスステーションや、昭和シェル石油山形油槽所(既に閉鎖)などへ続く専用線が駅から分岐していた。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
山形線(奥羽本線)
南出羽駅 - 漆山駅 - 高擶駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]