庭坂駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
庭坂駅
駅舎(2005年5月)
駅舎(2005年5月)
にわさか - Niwasaka
笹木野 (3.1km)
(7.7km) 赤岩
所在地 福島県福島市町庭坂字狐林10
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 奥羽本線山形線
キロ程 6.9km(福島起点)
電報略号 ニワ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
348人/日(降車客含まず)
-2004年-
開業年月日 1899年明治32年)5月15日
備考 無人駅(自動券売機 有)

庭坂駅(にわさかえき)は、福島県福島市町庭坂字狐林にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線である。「山形線」の愛称区間に含まれている。

板谷峠の福島方の麓に当たり、開業当初から峠越えの機関車の基地として広い構内や立派な駅舎を持っていた。現在では福島方面からの普通列車の約半数が当駅で折り返している。

駅構造[編集]

南側の駅舎の北側に接して単式ホーム1面1線、その北側に島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを持つ地上駅。島式ホームの北側にさらに保線用の留置線3本を持つ。のりばは駅舎側から1番線、2番線、3番線である。互いのホームは跨線橋で連絡している。

当駅は板谷峠の福島方の麓に当たり、かつての蒸気機関車時代には峠越えのため補機を連結したり切り離したりするための一大基地としてにぎわっていた。当時は駅の北側に庭坂機関区が設置され、構内には転車台や扇形の蒸気機関車を収納する車庫(扇形庫)もあった。現在でも広い敷地や駅周辺空き地、とても長く立派なホームなどに往時の様子が偲ばれる。なお、1番線の福島寄りにはレンガ造りのランプ小屋が残存している。

跨線橋はホームをつなぐだけでなく、留置線を越えて駅の北側にまで通じており、跨線橋から外に出ることもできる。このため跨線橋の2・3番線の入口附近には乗車駅証明書発行機が設置されている。福島運転免許センターと福島自動車学校が駅の北側から徒歩数分のところにあり、この北側の出入口の主な利用者は運転免許センターの利用者と自動車学校の生徒である。

簡易委託駅を経たのち、現在は福島駅管理の無人駅。駅舎には簡易自動券売機が、跨線橋の2・3番線の入口附近には乗車駅証明書発行機が設置されている。

開業直前に竣功した、かつての繁栄を偲ばせる大きな木造平屋・瓦葺の駅舎は2003年(平成15年)1月までに撤去された。同年3月、小さな二代目の木造駅舎が竣功した。

のりば[編集]

1 山形線 (下り) 米沢方面
2 山形線 (上り) 福島方面(主に当駅折り返し)
(下り) 米沢方面
3 山形線 (上り) 福島方面

駅周辺[編集]

あたりは板谷峠の麓に広がる福島市街の端にあたる。

南側(駅舎側)

北側

バス路線[編集]

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
  志田線 志田 上志田 福島交通
    庭坂荒町
  志田線 長畑、笹木野駅入口、福島駅東口 大町 福島交通
庭坂・医大線 長畑、笹木野駅入口、福島駅東口 医科大学 朝運転
由添団地経由庭坂線 長畑、由添団地、福島駅西口 福島市役所前

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
山形線(奥羽本線)
笹木野駅 - 庭坂駅 - 赤岩駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]