智通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

智通(ちつう、生没年不詳)は、飛鳥時代法相宗。俗姓は湯坐氏。

658年斉明天皇4年)智達とともに新羅の船でに渡り、玄奘から無性衆生義を受けた。日本に帰国して法相宗を伝え、日本における法相宗の第2伝とされている。平城京観音寺を建立し、673年(天武天皇2年)に僧正に任じられた。

外部リンク[編集]