小森純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こもり じゅん
小森 純
プロフィール
愛称 純ポ
生年月日 1985年11月22日
現年齢 28歳
出身地 日本の旗 日本神奈川県
血液型 A型
公称サイズ(身長:2011年/体重:2012年時点)
身長 / 体重 158 cm / 42 kg
BMI 16.8
活動
デビュー 2003年(17歳)
Popteen
ジャンル ギャルファッション
他の活動 タレント
モデル: テンプレート - カテゴリ

小森 純(こもり じゅん、1985年11月22日 - )[1]は、日本ギャルファッションモデル[2]。身長158センチメートル[3]、体重42キログラム[4]神奈川県出身[5]ツインプラネット所属[6]。雑誌『EDGE STYLE(エッジスタイル)』への露出やタレント活動から著名[7]。『Popteen(ポップティーン)』の読者モデルとして知られた時期もあった[8]。“純ポ”の愛称がある[9]

来歴[編集]

中学生時代、ギャルであった姉の影響で『egg(エッグ)』や『Popteen(ポップティーン)』などの雑誌に触れてギャルファッションに目覚め、ちょうど高校へ上がった時期に109系ファッションの流行が到来[10]。そして17歳でポップティーン誌に読者モデルとして初登場[11]。2003年のことであった[12]

モデル[編集]

『Popteen』[編集]

読者モデルとして継続登場するようになったポップティーン誌では“純ポ”の愛称で親しまれ、ファッションやメイクのみならず、自身の恋愛感やギャルとしての日々についての自由奔放な発言などから人気を博した[8]。2009年の時点で同誌の最長在籍モデルであったため、中高生から20代中盤までと幅広い層のファンを獲得していた[13]。2010年になって自身初の自叙伝『Pure』を上梓[14]。そして同年6月号にてポップティーン誌を卒業[15]。時に同誌の史上最年長の24歳、同時に最多の登場回数という記録を残すに至る[11]。およそ8年に及んだ読者モデル生活の終幕であった[16]

『Popteen』後[編集]

2010年にポップティーン誌の姉妹誌『PopSister〔ポップシスター〕』が創刊すると、益若つばさ星野加奈菅野結以樋口智子青木英李、および孫暐とともに専属モデルとしてこれに登場[17]。この年にはエッジスタイル誌の創刊もあり、板橋瑠美今泉宏美椿姫彩菜きんきら☆きん桃華絵里Lie早川沙世、および藤田志穂などの面々とともにさっそくその創刊号に登場[18]。同誌の専属モデルとなった[19]。ポップシスター誌へは休刊に至る2011年11月号まで登場し続けた[20]

不祥事・ペニーオークション事件・その他[編集]

2011年1月7日、ブログに「ギャルオークションでアロマ加湿器を225円で落札。ありえない。他にも、女の子の好きなアイテムがたくさんあって、面白いから、のぞいてみてね」など記載をした。しかし実際にはそのような事実はなく、2年ほど前に詐欺事案として摘発を受けたペニーオークション業者から広報を請け負ったうえで上記の記事を掲載するというステルスマーケティングであったことが発覚、その事実を認めたうえで謝罪した[21]。 この件により小森はテレビ番組の出演を自粛(2013年9月末に復帰)し[22]、それまで4年と8ヶ月間にわたって継続していた自身のブログを閉鎖した。また、復帰直後の9月28日にはTBSにて生放送されたオールスター感謝祭にて、コーナーMCのビートたけしに、「今日、ペニーオークション、来てるんだって?」と、復帰した小森はイジられた[23]

2009年頃から商品プロデュースの活動を展開しており、衣服や化粧品などの制作を幅広く手掛けてきた。中でもつけまつげ「EYEMAZING」は全国展開となって大手雑貨店ドラッグストアなどの店頭に並んだ。 桑山ジュエリーブランド『Marea rich(マレアリッチ)』が2010年暮れ頃に発足するとそのプロデューサーに就任[24]。同時期からはテレビタレントの活動も増え始めた。 2010 FIFAワールドカップサッカー日本代表応援イベントにて、グループEにおける日本代表の勝敗を、「対カメルーン戦を1-0で勝利」「対オランダ戦を0-1で敗北」「対デンマーク戦を3-1で勝利」「2勝1敗で決勝トーナメントに進む」と予想[25]。勝敗のみならず3試合すべての得失点までも完全的中させた。その後、競馬番組等に出演する機会が増え、高額配当を的中させたこともあった[要出典]。2011年になると3月から日本テレビ系『ヒルナンデス!』に毎週水曜レギュラーとして出演開始[26]

広告塔[編集]

ポップティーン誌に活動していた時期から、ファッションブランド『TRALALA』や、カラーコンタクト『ラバーズカラー』、アクセサリーブランド『Double』などのイメージモデルを担ってきた[13]。ほか、セガのアミューズメントテーマパーク『東京ジョイポリス[27]や、出会い系サイトイククル[28]デリケートゾーンソープ『PHケア フェミニンウォッシュ』[29]のイメージモデル活動に加え、自身の結婚の時期(2011年)に合わせての『Mobage(モバゲー)』からのCMキャラクター起用[30]、2012年にはモンテローザの展開する居酒屋『笑笑』からのイベント限定イメージモデル起用[31]や、常盤薬品工業プラセンタ製品からのイメージキャラクター起用[32]があった。同年暮れには、詐欺事案として摘発を受けた『ペニーオークション』業者に関し、それから2年ほど前にその業者の広報を請け負ったうえで自身のブログ上に虚偽の広告記事を掲載していたことが発覚、その事実を認めたうえで謝罪を表明[33]。この件により、それまで4年と8ヶ月間にわたって継続していた自身のブログを閉鎖[34]。あわせてツイッターの配信も休止するに至った[35]

私事[編集]

神奈川県に出生[36]。幼い頃から自分の顔にコンプレックスを持ち、学校では「ゴリラ顔」といっていじめを受けたこともあった[37]。中学時代は非行に走り、暴れて自宅の壁に穴を開けたり、家出を繰り返すなど、家族からも邪険に扱われ続けていたという[38]

地元に近い横浜市綱島[39]スナックキャバクラで「みさき」の源氏名で働いていた時期がある。給料は少なかったものの、客がいない時も仕事仲間と喋りながら酒を飲むのが楽しかったという。ハスキーボイスはそのときの酒やけによるものである。もしモデルをしていなかったらキャバクラ嬢として働いていただろうと述べている[40]

2010年に著した自叙伝『Pure』の内に自ら明かしたところによると、読者モデルであった時期、自殺を企図してマンションから飛び降りたことがあった[41]

2011年にテレビ番組『くだまき八兵衛』において自ら明かしたところによれば、自身のそれまでの読者モデル活動期を通して記録した最高月収は1500万円[42]。同年のテレビ番組『イチハチ』出演の折には、27階建ての高級高層マンションの最上階に妹とともに居住している旨を語っている[43]

脚部など身体の複数箇所にタトゥーを入れている[44]

美容整形[編集]

美容整形歴があることを2011年暮れまでに自らテレビ番組で明かしている。いわく受けたことのある手術は、目の整形(二重まぶた[45])、鼻へのヒアルロン酸注入、ならびに額のシワ消し[46]

男女関係[編集]

男性ファッション雑誌『Men's egg』のモデル筒井心一とおよそ一年半にわたって交際関係にあったものの、2009年のなかばに至って破局の旨を報告[47]。2010年には3歳年上のアパレル関連会社社長と交際関係に発展するも、およそ4ヶ月で破局[48]。結婚寸前というところまで仲が進行していたものの、自身の名前を報道された相手方が憤ったことから解消に至ったものと考えられた[49]

結婚[編集]

2011年の7月に結婚[50]。相手は『Men's egg』への登場から知られた元モデル(でアパレルブランド経営者[51])の今井諒で、同い年。結婚以前の時期にテレビ番組『しゃべくり007』に揃って出演したこともあった男性であった[52]。20歳頃からの友人で、先立つ2010年の暮れにおけるミュージックビデオ共演の折に自身から告白したことが交際のきっかけであったという[53]。結婚後にもさっそく夫婦で東京ガールズコレクションへの登場を見せるなどしている[54]

主な出演[編集]

雑誌[編集]

専属
読者

ランウェイ[編集]

音楽PV[編集]

カタログ[編集]

テレビ番組[編集]

過去

テレビCM[編集]

その他[編集]

書籍[編集]

受賞歴[編集]

  • 『ヘアカラーリングアワード』(モデル部門、2010年)[74]
  • 『GRP Award 最優秀モデル大賞』(2011年)[75]
  • 『天然コスメビューティーアワード』(タレント部門、2011年)[76]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『小森純 - プロフィール』 Yahoo!検索(人物)日本タレント名鑑
  2. ^ 『「ヤッてんじゃねえの?」カリスマギャル小森純がマネジャーに二度も告白されていた!!』 2010年10月28日 ライブドアニュースメンズサイゾー
  3. ^ 『小森純、身長と体重を公開 その美貌に「色気増した」の声』 2011年11月2日 モデルプレス
  4. ^ 『小森純、体重を公表 スリムボディの秘訣も明かす』 2012年1月24日 モデルプレス
  5. ^ 『渋谷ガールズコレクション '09S/S|出演モデル/ゲストモデル|小森純』 2009年3月 渋谷ガールズコレクション
  6. ^ 『モデル > 小森純』 Yahoo!カテゴリ
  7. ^ 『今日の私服/小森純』 2012年3月21日 モデルプレス
  8. ^ a b 『小森純 ギャルモデルのカリスマが自伝『Pure』を発刊!』 2010年2月16日 女性自身
  9. ^ 『おもいッきりLIVE:【売り出しさんDONと釣れ】若洲海浜公園 小森純』 2009年8月26日 おもいッきりDON!日本テレビ
  10. ^ 『小森純、”イモ女”を大改造!オシャレ情報満載の新番組がスタート』 2011年9月20日 モデルプレス
  11. ^ a b 『限定品コラボネーゼ Ⅱ ディノス(dinos):小森純』 2011年 ディノス
  12. ^ 『小森純のヒストリー』 オリコン芸能人事典
  13. ^ a b 『“Popteen専属モデル”小森純、着うた最強コンピ盤の宣伝隊長に』 2009年1月19日 ライブドアニュース
  14. ^ 『小森純 ワキ毛処理など自叙伝で語る』 2010年1月11日 スポーツ報知
  15. ^ 『「Popteen」6月号、小森純がついに卒業!』 2010年5月11日 モデルプレス
  16. ^ 『小森純、8年間活躍した「Popteen」を卒業』 2010年4月21日 モデルプレス
  17. ^ 『新創刊「Popsister」、益若つばさがカバーガールに登場!』 2010年4月17日 モデルプレス
  18. ^ 『新ギャル雑誌「EDGE STYLE」、6月7日に創刊決定!』 2010年3月15日 モデルプレス
  19. ^ 『大人セクシー宣言「エッジ・スタイル」創刊』 2010年6月8日 Fashionsnap.com
  20. ^ 『「PopSister」休刊 レギュラーモデルたちが心境をコメント』 2011年9月18日 モデルプレス
  21. ^ 『ペニオク虚偽ブログで小森純も謝罪「軽率な行動で、ファンを裏切った」』 2012年12月16日 オリコンスタイル
  22. ^ ニコニコニュース「小森純「オールスター感謝祭」でテレビに“復帰”!プロデュースカフェは閉店へ」
  23. ^ 『オールスター感謝祭』暴走の裏に垣間見える、たけしの“品性”(2/2) - 日刊サイゾー
  24. ^ 『小森純が猛アピール!「わたしの左手薬指空いてま~す」 ジュエリーブランド“マレアリッチ”発表会』 2010年11月15日 ニュースウォーカー
  25. ^ 小森純の大胆予想、岡田ジャパンは2勝1敗 - スポーツ報知、2010年6月13日
  26. ^ 『今日の私服/小森純、「ヒルナンデス!」水曜レギュラーもスタート』 2011年3月31日 モデルプレス
  27. ^ 『小森純、自分のヘン顔に「ブス過ぎる!」と苦笑い - 東京ジョイポリス発表会』 2010年7月21日 マイナビニュース
  28. ^ 『小森純、「写メコングランプリ」審査員に就任 優勝者に賞金100万円とモデルデビューのチャンスも』 2011年7月9日 モデルプレス
  29. ^ 『デリケートゾーンのお悩みランキング発表 小森純が推奨する下半身のケアとは?』 2012年2月17日 モデルプレス
  30. ^ 『小森純、結婚し下ネタ封印のはずが「抱かれてます」発言』 2011年7月7日 モデルプレス
  31. ^ 『「笑笑女子会」のイメージキャラクターに小森純さんを迎え「チョコレートの女子会」を実施中』 2012年3月6日 エキサイトニュース,PR TIMES
  32. ^ 『小森純が、大人の「おいしいオンナ」に』 2012年10月1日 エキサイトニュース,ダイエットクラブ
  33. ^ 『ペニオク虚偽ブログで小森純も謝罪「軽率な行動で、ファンを裏切った」』 2012年12月16日 オリコンスタイル
  34. ^ 『小森純、突然のブログ閉鎖発表「ブログとさよならします」』 2012年12月27日 モデルプレス
  35. ^ 『小森純、Twitterアカウントも削除』 2013年2月1日 モデルプレス
  36. ^ 『小森純さんの女子力アップ★Nail』 2012年4月13日 X BRAND
  37. ^ 2010年4月6日放送回『魔女たちの22時』のコーナー「今週の扉」出演時より[要高次出典]
  38. ^ 2010年1月24日放送回『サンデージャポン』より[要高次出典]
  39. ^ 淳の乾杯してみたっ!』(テレビ東京 2012年6月24日)「淳の乾杯してみたっ! : 田舎のNo.1キャバ嬢と歌舞伎町のNo.1ホストの飲み会
  40. ^ 女芸人軍団の××な質問に30分答え続けたら100万円!ギブアップ・トーク!』(日本テレビ系、2010年4月10日)出演時に発言[要高次出典]
  41. ^ 『小森純が自殺未遂、DVを告白した自叙伝、iPhoneアプリで登場』 2011年3月30日 モデルプレス
  42. ^ 『最高月収1,500万円! 芸能界で勢力を伸ばす読モたち』 2011年6月12日 メンズサイゾー
  43. ^ 『小森純。2年前に破れた夢が叶い、昨年高級マンションに引っ越していた。』 2011年3月5日 Techinsight
  44. ^ 『【エンタがビタミン♪】“タトゥー批判”に泣いて反論する小森純。「後悔しないといえるの?」と冷静な江角マキコ。』 2012年3月23日 Techinsight
  45. ^ 『小森純「顔イジりました」 あっけらかん「整形」告白に驚き』 2011年5月4日 J-CASTニュース
  46. ^ 『【エンタがビタミン♪】「有吉のせいで顔をイジった」。小森純が整形を衝撃告白。』 2011年11月2日 Techinsight
  47. ^ 『筒井心一、小森純が破局 「喧嘩別れではありません」』 2009年6月23日 J-CASTテレビウォッチ
  48. ^ 『小森純 結婚前記念のつもりが一転…破局ヌード』 2010年7月6日 スポニチ
  49. ^ 『【エンタがビタミン♪】「芸能界ってこういうことか」。小森純、結婚目前の彼と破局した真相を語る。』 2010年8月23日 Techinsight
  50. ^ 『小森純、結婚を決めた理由を赤裸々告白 “純婚”ブームの火付け役に?』 2011年7月6日 モデルプレス
  51. ^ 『【小森純】結婚順調「離婚だけはしません」』 2011年12月29日 日テレNEWS24
  52. ^ 『小森純、結婚 お相手は噂の彼』 2011年7月6日 モデルプレス
  53. ^ 『小森純が入籍報告 - 得意の料理でつかんだ「胃袋婚です!」』 2011年7月8日 マイナビニュース
  54. ^ 『小森純、「第13回東京ガールズコレクション」に夫婦で登場!キスのパフォーマンスも』 2011年9月3日 モデルプレス
  55. ^ 『最強ファッション祭「渋谷ガールズコレクション」出演モデルが決定! 〜MCは友近&なだぎ武』 2007年8月9日 ライブドアニュース,RBB TODAY
  56. ^ 『小森純、桃華絵里、「原宿スタイルコレクション」に登場』 2010年9月13日 モデルプレス
  57. ^ 『<速報>「神戸コレクション」東京開催 明日の開催について現在協議中』 2011年3月11日 モデルプレス
  58. ^ 『小森純 - 東京ガールズコレクション2011秋冬(Tokyo Girls Collection 2011A/W):〈Doublefocus〉 小森純』 2011年9月5日 asahi.com
  59. ^ 『Lil′B、超人気モデル&ギャル200人出演のPV』 2008年5月29日 ライブドアニュース
  60. ^ 『噂のモデルカップル"純ぽとシンチ"が映像作品に初出演!Lil'B「キミが好きで」のPV完成!』 2009年1月28日 BIGLOBE MUSIC
  61. ^ 『WISE×西野カナ、ドロ泣き遠恋歌PVにカリスマモデル出演』 2009年4月23日 ナタリー
  62. ^ 『小森純、初水着姿の“肉食系女子”に 新人ユニット・逗子三兄弟の音楽ビデオ出演』 2010年6月23日 オリコンスタイル
  63. ^ 『小森純がウェディングドレスで熱演! 逗子三兄弟『純白の花嫁』PV完全版解禁。』 2011年6月2日 Techinsight
  64. ^ 『情報番組「ヒルナンデス!」オープニングテーマソング槇原敬之「LUNCH TIME WARS」動画公開スタート!-日テレ』 2011年8月7日 ナビコン・ニュース
  65. ^ 『小森純、幸せオーラ満開の花嫁姿でPV出演』 2011年9月26日 モデルプレス
  66. ^ 『「EMODA」最新ブランドブック11月28日 発売 表紙・巻頭に倖田來未!スペシャルフォトセッションが実現!』 2011年11月28日 asahi.com
  67. ^ 『「EMODA」ブランドブックシリーズ最新刊は、1冊まるごとデニム特集!表紙・巻頭益若つばさ!大人気モデルが着こなすEMODA最新デニムファッション』 2012年4月6日 asahi.com
  68. ^ 『カリスマモデル・小森純、作詞初挑戦で「思わず涙が」』 2009年7月2日 オリコンスタイル
  69. ^ 『小森純MCのギャル向け情報番組スタート 視聴者も多数参加』 2012年5月28日 モデルプレス
  70. ^ 『以心伝心 - 小森純』 Google ブックス
  71. ^ 『Pure - 小森純』 Google ブックス
  72. ^ 『カリスマギャルモデル・小森純「オトコを落とすレシピ」』 2010年7月6日 livedoor HOMMEJ-CASTモノウォッチ
  73. ^ 『純婚 - 小森純』 Google ブックス
  74. ^ “戸田恵梨香、「いつか金髪に」と密かな願望明かす”. オリコン. (2010年3月17日). http://beauty.oricon.co.jp/news/74348/full/ 
  75. ^ GRP Award 2011” (日本語). ギャルリサーチプレス (2011年). 2011年12月7日閲覧。
  76. ^ 『小森純、道端アンジェリカ、「天然コスメビューティーアワード2011」受賞』 2011年12月19日 モデルプレス

外部リンク[編集]