ペニーオークション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペニーオークション: penny auction)あるいは入札手数料オークション: bidding fee auction)は、毎回の入札毎に手数料が必要になる形式のインターネットオークションである。表示上の開始価格や落札価格は通常のオークションに比べると低額であるが、入札時の手数料が高額になることが多い。2005年に開設されたSwoopo(ドイツ・旧名:Telebid)がこの形式の発祥とされる[1]。日本国内では2009年頃から広まった[2]

特徴[編集]

入札者にとっては、開始価格が1円から数百円程度と低額で、しかも1回の入札金額の単位も低額で固定されていることが多いため、多数の入札があっても安価に落札することが可能であるという魅力がある。しかし、入札ごとに手数料が必要なため、競り合って何回も入札した場合などには落札額に手数料と送料を合計すれば安価と言いきれない場合もある。また、結果的に落札できなかった場合でも手数料を支払う必要が生じる。

出品される商品は運営企業側が用意する。これらは中古のものではなく、新品が用意されることが多い。また、手数料が無料のオークションや、落札経験のないユーザ向けの初心者オークションを用意している場合もある。

出品する側の企業にとっては、落札額ではなく、手数料によって利益を上げることを目的とするビジネスモデルである。 しかし参加者が少なければ最低価格付近で安定して落札されてしまうため最初から大量のユーザーが参加しない限り運営者は利益を上げられないという構造的な欠陥があり、運営側の成りすましによる不正行為が非常に起きやすい素地を持つ。 また不正が無く市価よりも安く安定して落札できるシステムならばそれを業として落札商品を転売するビジネスも成立してしまうため、理論的に「市価より安く」手に入れる事は非常に難しい。

トラブル[編集]

商品を落札できなくても高額な入札手数料が発生するうえ、一切返金されない。そのため、国民生活センターへの相談件数は2009年度の19件に対し、2010年度は173件と急増している[3][4]。2010年12月には、消費者庁が利用に注意喚起を促した[5]

2012年8月、消費者支援機構がダイヤモンドオークションに対して、全国初の消費者団体訴訟を出すと通告したところ、同サイトは閉鎖された[6]。同年12月7日、ペニーオークションサイト「ワールドオークション」に関して、ボットによる自動入札によって参加者が落札できないようにし手数料をだまし取ったとして詐欺容疑で初の逮捕者が出た(ペニーオークション詐欺事件[7][8]。この摘発により、この業者が運営していたペニーオークションサイトで商品を落札したとの内容を自身のブログに投稿(ステルスマーケティング)していた複数の芸能人が虚偽の記述を書き込んだことを謝罪した[9]

こうしたペニーオークションに関するトラブルの報道の影響から、2010年秋からペニーオークションサイト閉鎖が相次いだ[10][11][12]

国民生活センターは以下のことを助言として挙げている[4]。、

  • ギャンブル性の高さをよく理解した上で慎重に利用すること
  • 自動入札機能などを使う場合には冷静な判断力を失わないこと
  • 落札できなくても手数料や仮想通貨が一切返金されない
  • サクラの存在が疑われる不審なサイトを避ける

行政は問題のある業者に対応をした例として以下のものがある。

  • 2011年4月1日消費者庁は不当に安く落札価格を見せかけているとしてペニーオークションサイトのDMM.com・凄オク・ゼロオクの3社に関する措置命令等を発表した[13][14]
  • 2012年12月7日、京都、大阪両府警はペニーオークションサイト「ワールドオークション」についてボットによる自動入札によって参加者が落札できないようにし手数料をだまし取ったとして詐欺容疑でサイト運営に関与した4人を逮捕した[7][15]ペニーオークション詐欺事件)。4人に対しては執行猶予付きの有罪判決が言い渡された。

逮捕報道の直後から、残ったペニーオークションサイトも次々に閉鎖され、2013年中にすべてのペニーオークションサイトが閉鎖された。2014年1月現在、日本にペニーオークションサイトは存在しない。

サービス[編集]

閉鎖されたサービス[編集]

  • ポイントオークション(DMM.com)[13]
  • ゼロオク(ゼロオク)[13]
  • 激安オク(Innovative Auction Limited)[16]
  • Pオク(IT LAN)[16]
  • みんなのオークション(EVOLISH PTE.LTD.)[16]
  • オクテン(ショッピング・エンターテイメント)[16]
  • イエヤス(クオリュクス & パートナーズ)[16]
  • ペニオク(Tofoo Holdings LLC)[16]
  • めちゃオク(めちゃオク運営事務局)[16]
  • ポチオク(アットフリークス)[16]
  • GEOオークション(GEO) → GET!オークション(セブンエイト)[16]
  • ダイヤモンドオークション(和来)[17][6]
  • ワールドオークション(ウェブテクノロジー)[7]
  • カイドキ(サイバーエージェントの子会社CAモバイル)
  • 凄オク(アギト)[13]

脚注[編集]

  1. ^ 「3万円の人気ゲーム機が3000円!」で噂を呼ぶ「ペニーオークション」。その「怪しい正体」 - 日経BP社
  2. ^ 読売新聞 (解)ペニーオークション 読売新聞 2012年12月12日 東京朝刊37ページ
  3. ^ 広がるペニーオークションに罠 落札できず手数料取られ… - MSN産経ニュース[リンク切れ]
  4. ^ a b 入札のたびに手数料が・・・!“ペニーオークション”のトラブルが急増 (PDF) - 国民生活センター
  5. ^ 新手のオークションに苦情急増 消費者庁が注意喚起へ - 47NEWS(よんななニュース)
  6. ^ a b 提訴通知 突如サイト閉鎖 入札のたび課金「ペニーオークション」 読売新聞 2012年11月17日 大阪夕刊12ページ
  7. ^ a b c 京都・大阪府警 全国初3人逮捕 読売新聞 2012年12月7日 大阪夕刊13ページ
  8. ^ ペニーオークション、初の逮捕 手数料詐欺容疑 - 47NEWS(よんななニュース)
  9. ^ 永井大も!!芸能人嘘ブログ20人以上か 朝日新聞デジタル、2012年12月15日[リンク切れ]
  10. ^ アメブロ芸能人がペニーオークションで続々落札 - Itmedia
  11. ^ ペニーオークション、苦情急増で国民生活センターが注意呼びかけ - セキュリティ関連ニュース、so-net[リンク切れ]
  12. ^ ペニーオークションで撤退相次ぐ、返金に応じない事業者も - impress
  13. ^ a b c d ペニーオークション業者に措置命令=入札料支払い損も、説明不十分-消費者庁
  14. ^ いわゆる「ペニーオークション」運営業者に対する景品表示法に基づく措置命令について(PDF) - 消費者庁2011年3月31日付け発表
  15. ^ ペニーオークション、初の逮捕 手数料詐欺容疑 - 47NEWS(よんななニュース)
  16. ^ a b c d e f g h i ペニーオークションで撤退相次ぐ、返金に応じない事業者も -INTERNET Watch Impress Watch 2011年1月28日
  17. ^ 【注意喚起】「サクラ」が介在するペニーオークションに関するご注意 消費者支援機構関西 2012年11月26日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]