奥尻町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おくしりちょう
奥尻町
Flag of Okushiri Hokkaido.JPG
奥尻町旗
Okushiri Hokkaido chapter.svg
奥尻町章
 1966年昭和41年)1月1日制定
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 檜山振興局
奥尻郡
団体コード 01367-6
面積 142.99 km²
総人口 2,921
住民基本台帳人口、2014年3月31日)
人口密度 20.4人/km²
隣接自治体 なし
町の木 イチイ(オンコ)
町の花 ハマナス
奥尻町役場
町長 新村卓実
所在地 043-1498
北海道奥尻郡奥尻町字奥尻806
北緯42度10分20.2秒東経139度30分50.7秒
外部リンク 奥尻町

日本地域区画地図補助 01330.svg

奥尻町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
青苗地区
稲穂岬灯台

奥尻町(おくしりちょう)は、北海道檜山振興局管内、奥尻郡奥尻島にある町。 飛行機で函館市まで40分。フェリーで江差町まで2時間15分、せたな町まで1時間35分。

地名はアイヌ語の「イクシュン・シリ(その向こうの・島)」の転訛に由来する。

地理[編集]

奥尻島全域からなる町。内陸部は山が多く、町や集落の多くは海岸付近にある。最高峰は神威山(標高584m)で自衛隊敷地内に三角点がある[1]

気候[編集]

周囲が海に囲まれているため海洋性の気候である。奥尻のアメダスの観測によると、最も寒い1月の平均気温は-0.2℃と、北海道で一番冬が暖かい地域である。

歴史[編集]

経済[編集]

産業[編集]

産業は主に漁業で、ウニ漁などが主である。

漁業[編集]

  • 青苗漁港
  • 神威脇漁港
  • 宮津漁港

農協・漁協[編集]

  • 新函館農業協同組合(JA新はこだて)奥尻事業所
  • ひやま漁業協同組合奥尻支所

金融機関[編集]

郵便局[編集]

  • 奥尻郵便局(集配局)
  • 青苗郵便局
  • 宮津郵便局
  • 松江簡易郵便局

宅配便[編集]

公共機関[編集]

警察[編集]

自衛隊[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

地域[編集]

人口[編集]

Demography01367.svg
奥尻町と全国の年齢別人口分布(2005年) 奥尻町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 奥尻町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
奥尻町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 6,425人
1975年 5,746人
1980年 5,490人
1985年 5,069人
1990年 4,604人
1995年 4,301人
2000年 3,921人
2005年 3,643人
2010年 3,041人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

幼稚園[編集]

小学校[編集]

中学校[編集]

高等学校[編集]

住宅団地[編集]

  • 道営住宅米岡新生団地
  • 道営住宅新生第二団地

交通[編集]

奥尻空港

空港[編集]

バス[編集]

道路[編集]

港湾[編集]

アヴローラおくしり(奥尻港)

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

鍋釣岩
モッ立岩
  • 北東エリア
    • 球島山
    • 宮津弁天宮
    • 賽の河原公園
  • 奥尻エリア
  • 青苗エリア
    • 時空翔
    • 奥尻島津波館
    • 無縁島
    • ホヤ岩
    • モッ立岩
  • 北西エリア

文化財[編集]

  • 新羅之記録 - 道指定有形文化財、歴史文献
  • 青苗砂丘遺跡 - 道指定史跡
  • 宮津弁天宮 - 奥尻町指定有形文化財
  • 鍋釣岩 - 奥尻町指定名勝

出身著名人[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ “道南の三角点28点夏冬踏査 2年がかりで達成 最後は大千軒岳 函館山の会”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2014年7月16日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki2/551532.html