大規模観測計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大規模観測計画(だいきぼかんそくけいかく、英語: Great Observatories)はNASAの4機の大型で強力な宇宙望遠鏡の衛星シリーズである。いずれも規模、費用で群を抜いている。天文学への大きな貢献が期待される。4計画はいずれも異なる波長の電磁波で観測を行う。[1]

大規模観測[編集]


これらの中でコンプトン衛星だけが運用を終えている(2009年11月現在)。
CGROは、ジャイロスコープの1台が故障したのでNASAは2000年6月4日に軌道を離脱させた。燃え尽きなかった一部の部品は太平洋に落下した。
スピッツァーだけが大規模観測計画の中でスペースシャトルで打ち上げられなかった。
当初、スピッツァーもスペースシャトルで打ち上げる予定だったが、地球周回軌道を脱出して太陽周回軌道へ投入させるための液体水素 / 液体酸素を推進剤とするセントールロケットが、チャレンジャー事故後、シャトルで使用できなくなったために、計画が変更された。タイタンアトラスロケットでの打上げは、費用の関係でキャンセルされた。その後、衛星本体の再設計・軽量化が行われ、デルタIIロケットで打ち上げられた。

ギャラリー[編集]

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Stern, David P. (2004年12月12日). “(S-6) Seeing the Sun in a New Light”. From Stargazers to Starships. NASA Goddard Space Flight Center. 2007年12月7日閲覧。

外部リンク[編集]