和尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

和尚(おしょう、わしょう、かしょうskt:upādhyāya)とは、仏教敬称である。また、「御僧」を表現するのに、特定の宗派で「わじょう」と言われているのを僧のことだと思い、それが一般化して「おしょう」と言われるようになったという説もある。

本来の意味は、出家して受戒した僧が、日常親しく教えを受ける教師を指す。『十誦律』では、受戒の師を指す。

日本では、天平宝字2年(758年)に戒師として渡来した鑑真に対して「大和尚」のが授与されており、その後、高僧への敬称として使用され、更に住職以上の僧への敬称となった。

宗派によって書き方・読み方が異なり、一部地域では更に言葉が詰まって「おっさん」「おっさま」(アクセントは頭高型)と呼ばれている。

※「和尚」の読み方は一般に宗派の区別により放送上も読み分けられている。
※ 天台宗では遷化(亡くなること)された時は和尚(おしょう)から和尚(かしょう)へと呼び方が変わる。

関連項目[編集]