南大塚駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南大塚駅
南口(2008年7月)
南口(2008年7月)
みなみおおつか - Minami-Ōtsuka
所在地 埼玉県川越市南台三丁目14
駅番号 SS 28
所属事業者 西武鉄道
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
15,415人/日
-2011年[1]-
開業年月日 1897年明治30年)11月14日
乗入路線 2 路線
所属路線 新宿線
キロ程 43.9km(西武新宿起点)
SS27 新狭山 (2.6km)
(3.6km) 本川越 SS29
所属路線 安比奈線(休止線)
キロ程 0.0km(南大塚起点)
(3.2km) 安比奈(休止中)
北口(2008年7月)
分断された安比奈線の線路。右端は橋上駅舎(2009年8月6日)

南大塚駅(みなみおおつかえき)は、埼玉県川越市南台三丁目にある西武鉄道新宿線である。駅番号はSS28

新宿線のほかに、安比奈線も乗り入れており、その起点駅となっているが、安比奈線は1967年に休線されているため、当駅は事実上の新宿線単独駅となっている。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の地上駅で、橋上駅舎を有している。

ホームと改札階、改札階と南口・北口地上部をそれぞれ連絡するエレベーターが設置されている[2]

トイレは2番ホーム階段下から二階改札内コンコースに移設され、多機能トイレも設置されている[2]

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先
1 新宿線 下り 本川越ゆき
2 新宿線 上り 所沢高田馬場西武新宿方面
  • かつては構内踏切を有する島式ホーム2面4線の形態であった。2番ホーム横の側線には保線機器が留置されている。
  • 当駅の所沢寄りで、休止中の安比奈線が分岐している。
  • 脇田信号場の先のJR川越線東武東上線をアンダークロスする部分は、窪地で冠水しやすいため、当駅には折り返し設備がある。

利用状況[編集]

一日平均乗降人員は以下の通りである。

  • 2006年度:16,067人[3](全92駅中58位[4]
  • 2007年度:15,782人[1](全92駅中58位[5]
  • 2008年度:16,135人[1](全92駅中58位[6]
  • 2009年度:15,787人[1](全92駅中58位[7]
  • 2010年度:15,487人[1](全92駅中58位[8]
  • 2011年度:15,415人[1](全92駅中58位[9]

隣の新狭山駅とともに川越狭山工業団地への利用者が多い。狭山市との市境付近に位置するために狭山市民の利用もある。

駅周辺[編集]

新狭山側は線路に沿って両側に川越狭山工業団地が広がっている。南口から少し離れた場所には観光芋掘り農園が点在する。

バス[編集]

  • コミュニティバス
    • 川越シャトル(西武バス川越営業所)
      • 21:大塚新田経由 川越駅西口行/武蔵野総合病院行
      • 22:豊田町公民館経由 川越駅西口行/武蔵野総合病院行
      • 23:卸売市場経由 武蔵野総合病院行
      • 24:市立川越高校経由 川越駅西口行/笠幡駅経由西後楽会館行

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西武鉄道
新宿線
通勤急行
通過
急行・準急・各駅停車
新狭山駅 (SS27) - 南大塚駅 (SS28) - (脇田信号場) - 本川越駅 (SS29)
安比奈線(休止線)
南大塚駅 - 安比奈駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]