北京師範大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

北京師範大学(ぺきんしはんだいがく, 中国語:Beijing Shifan Daxue, 英文名称:Beijing Normal University)は中華人民共和国北京市海淀区に所在する総合大学である。百年余の歴史を持ち、重点大学・国家重点投資建設校に指定されている。

大学の略称は北師大、卒業生にはノーベル賞受賞者2名。

概要[編集]

北京校は2004年の在校学生2万人余り、内本科生(学部学生)8,300人、研究生(大学院生)8,800人、長期留学生1,500人、教職員3,000人を有する。19学院と6系(いずれも学部)、14研究所を有する。北京大学清華大学中国人民大学ともに北京四大大学と称される。キャンパスは和平門外新華街の旧址を南校、定阜大街の輔仁大学校跡を北校と呼び、海淀区北太平庄の新校舍(新街口外大街19号)とあわせ、82万平方メートルの校地を占める。西蔵大学を支援している。

沿革[編集]

1902年京師大学堂師範館として創立され、1912年北京高等師範学校と改称、1923年正式に国立北京師範大学となった。
1928年北京が北平と改称されたため、国立北平師範大学と改称し、1931年北平大学女子師範と合併した。
1937年日中戦争勃発により、陝西省西安に移転、さらに昆明の西北連合大学に参加し、1946年北平に復帰した。
中華人民共和国成立後、1950年に現行の北京師範大学となり、1952年輔仁大学と合併した。2001年以来、鐘秉林が学長に就任している。


著名出身者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]