外交学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
外交学院
外交学院
展覧路キャンパスの正門
展覧路キャンパスの正門
校訓 中国語: 站稳立场,掌握政策,熟悉业务,严守纪律
創立 1955年
学校種別 公立大学
学長 秦亜青
学部生 2,000
大学院生 500
所在地
所属提携 中華人民共和国外交部
ウェブサイト 公式サイト
logo
テンプレートを表示

外交学院(がいこうがくいん、簡体字外交学院ピンイン:Wàijiāo Xuéyuàn、英名:China Foreign Affairs University)は、中華人民共和国外交部に所属する唯一の大学で、外交・外事・国際問題の研究、対外経済、法律に携わる人材を養成している。1955年に設置された。大学の略称は外院(がいいん)。非公式な状況下では、「中国外交大学」と「中国外務省大学」の呼び方もある。

概要[編集]

外交学院は1955年で、中国人民大学外交学部から分離したもので、周恩来の強い意向で創立されました。「有能な外交官養成」を目的にしたもので、自ら初代名誉院長に就任した。陳毅元外交部長で三代目院長に就任した。現院長は、中国の国際問題専門家秦亜青[1]

学院には、教員は180人あまりで、そのうち47%は教授と副教授である。そのほか、70人あまりの外交官や有名な専門家、学者が教授として招かれている。現在、在籍している中国の学生は2,000人以上で、外国の留学生は100人。1980年代、外国人留学生の募集を復活させており、アメリカフランスイギリス韓国日本など40以上の国と地区からの留学生が、中国語や外交業務を勉強している。[2]

組織[編集]

5つの系と学院(日本の学部に相当する)が存在する。

  • 外交学と外事管理系
  • 英語系
  • 外国語系
  • 国際法系
  • 国際経済学院

それ以外、国際関係研究所、基礎教学部、研究生部(日本の大学院に相当する)および国際教育プロジェクト(IPP・IBP・IMP)が存在する。

出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 外交学院. “新老院长交接工作 钱洪山部长助理出席全院中层干部大会”. 2014年9月4日閲覧。
  2. ^ 中国国際放送局日本語部. “外交学院 - CRIOnline”. 2014年9月4日閲覧。

外部リンク[編集]