河海大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

河海大学(かかいだいがく、Héhăidàxué)は中華人民共和国江蘇省南京市にある水利工学を誇る総合大学である。略称は河海である。 座標: 北緯32度03分32.06秒 東経118度45分14.69秒 / 北緯32.0589056度 東経118.7540806度 / 32.0589056; 118.7540806

概要[編集]

河海大学の校長は、王乗教授で、中国共産党書記は朱拓教授である。

伝統と文化[編集]

校訓[編集]

艱難質素に実事を求め厳格を求め探索に励め。

校歌[編集]

河海には校歌があり、河海大学に改名してから、正式なものと確認された校歌ではないが、否定されていない。

歴史上校歌とされているものは、著名な文学家柳詒徴中国語版が作詞し、河海教師劉文海中国語版が作曲した。

河海工程专门学校校歌

钟灵毓秀石头城,人才蒸蔚起。
河疏湖蓄水利兴,工学昌明时。
横流浩劫永断绝,拯救数兆黎。
大哉河海奔前程,毋负邦人期。
普下利物沐群生,智者惟乐水。
乘辇山行乘橇泥,祖述神禹绩。
天下有溺犹已溺,此志毋稍驰。
大哉河海奔前程,毋负邦人期。

沿革[編集]

創立:1915年[編集]

1915年、救国思想の影響を受けて、水利の専門家である張謇和が、治水を専門とする高等学校(河海工程専門学校(培養水利を主要な専門とする高等学府)即ち河海大学の前身)を創立した。黄炎培を河海専門学校設立準備委員会主任とし、許肇南をまず校長とし、中国水利界公認の学校にして理論と実践で近代水利で最大の貢献をしていた李儀祉を教務主任とした。

中華民国時代:1915年-1949年[編集]

1924年:東南大学工科と河海工程専門学校が合併する。河海工科大学が設立され、茅以升が初代校長となる。

1927年6月:第四中山大学を合併する。

1928年2月:江蘇大学工学院土木系となる。

1928年5月:中央大学土木系水利組となる。

1937年6月:中央大学水利系となる。

1949年5月:南京大学水利系となる。

中華人民共和国成立以後:1949-[編集]

1952年:南京大学、交通大学、同済大学、浙江大学、華東水利専科学校水利系学科が合併し、「華東水利学院」を設立する。

1953年:厦門大学土木系水利技術建築専修科、山東農学院農田水利系、淮河水利学校水利工程専科を吸収合併する。

1955年:武漢大学水利学院水道海港系を吸収合併する。

1985年:「河海大学」を校名として復活させ、鄧小平が校名を書き掲げる。1995年、河海大学創立80周年記念式典に江沢民や李鵬、李嵐清、銭正英ら中国共産党や国家の指導的立場の人物が参列し、事業の発展を褒め称え希望を述べた。

2005年10月23日:創立90周年を祝い、温家宝首相が河海大学を視察し講演を行い「献身し実学を求め責任を負う」ことを求めた。

設置学院[編集]

  • 水文水資源学院
  • 水利水電学院
  • 港口海岸・近海工程学院
  • 土木・交通学院
  • 環境学院
  • 地球科学・工程学院
  • 能源・電気学院
  • 力学・材料学院
  • 計算機・通信学院
  • 商学院
  • 公共管理学院
  • 法学院
  • 理学院
  • 外国語学院
  • 体育系
  • 機電工程学院
  • 商学院(常州)
  • 計算機・通信学院(常州)

国家級研究機構[編集]

国家重点実験室[編集]

  • 水文水資源・水利工程科学国家重点実験室

国家工程研究センター[編集]

  • 水資源高度利用・工程安全国家工程研究センター(南京河海科技有限公司)

省部級研究機構[編集]

教育部重点実験室[編集]

  • 浅水湖泊綜合治理・資源開発教育部重点実験室
  • 海岸災害及防護教育部重点実験室
  • 岩土力学・堤壩工程教育部重点実験室
  • 南方地区高度灌排・農業水土環境教育部重点実験室

教育部工程研究センター[編集]

  • 教育部城市環境・持続可能な発展連合研究センター(水資源・水利工程研究支部センター)
  • 水利水電工程安全教育部工程研究センター
  • 疏浚技術教育部工程研究センター
  • 再生可能発電技術教育部工程研究センター

江蘇省重点実験室[編集]

  • 江蘇省輸配電装備技術重点実験室

江蘇省工程研究センター[編集]

  • 東部資源環境・持続発展研究センター
  • 江蘇省循環経済工程センター
  • 江蘇省水災害監控・決策支持系統工程センター
  • 江蘇省交通基礎技術工程研究センター
  • 江蘇省岩土工程技術工程研究センター
  • 江蘇省環境友好型水泥基材料工程技術研究センター
  • 江蘇省水資源・持続可能な発展研究センター

その他省部級研究機構[編集]

  • 水利部水利政策研究・培訓センター
  • 水利部人力資源研究院
  • 水利部水庫移民経済研究センター
  • 水利部水工金属結構安全検測センター
  • 水利部節水園区
  • 水利経済研究所
  • 南京土工合成材料工程技術研究センター

歴代校長[編集]

1952年以前の責任者を含む。

有名な同窓生[編集]

教育界[編集]

姓名 簡述 河海における状況
茅以升中国語版 原政協全国委員会副主席、中国科学院会員 河海工科大学学長、教授
汪胡楨中国語版 建国後に華東水利部副部長や水利部顧問に任じられる。1955年に中国科学院筆頭会員に選出される。 1915年河海工程専門学校入学、1923年アメリカ合衆国修士号を取得した後に「河海」に戻り教官となる。
徐芝綸中国語版 中国科学院会員 華東水利学院副院長、河海大学教授、博士課程教官
厳愷中国語版 中国科学院会員、中国工程院会員、メキシコ科学院外国人会員 華東水利学院院長、河海大学名誉学長、博士課程教官
黄文熙中国語版 中国科学院資深会員、清華大学教授 1924-1929学生,1952-1956教授
汪聞韶中国語版 中国科学院資深会員、水利水電科学院高等技師 1938-1943学生
文伏波中国語版 中国工程院会員、長江水利委員会技術委員会主任 1944-1949年学生
茆智中国語版 2003年中国工程院会員に選出される。河海大学招聘会員、博士課程教官 1950年南京大学水利系入学(1952年華東水利学院(現河海大学)編入学)、1953年7月華東水利学院卒業
沈珠江中国語版 中国科学院会員、河海大学博士課程客員教官 1951-1953年学生
陸佑楣中国語版 国家水電部副部長、能源部副部長、中国工程院会員 1948-1956年学生
梁瑞駒中国語版 中国水利水電科学研究院院長、現在中国水利水電科学研究院顧問 1950-1993年,学生、教授、博導、副学長、学長
呉中如中国語版 中国工程院会員、教授、博導 1979年から現在に至り教授、博導
鄭守仁中国語版 中国工程院会員、長江水利委員会総工程師 1958-1963年学生
周本寛中国語版 1997年12月西南交通大学学長、大学共産党委員会副書記、2007年1月解任 1970年華東水利学院(現河海大学)水港系卒業
周創兵中国語版 武漢大学共産党委員会常任委員、副学長,教授、博士課程教官 1980年9月より1987年6月まで華東水利学院(現河海大学)本科在籍、修士課程学生
張建雲中国語版 南京水利科学研究院院長、博士課程教官、2009年中国工程院会員に選出される。 1982年華東华东水利学院(現河海大学)本科卒業、1987年河海大学水文水資源専業研究生卒業
王超中国語版 河海大学環境学院院長、博士課程教官、2011年中国工程院会員に選出される。 1984年、1990年、1995年にそれぞれ河海大学本科、修士、博士を授与される。

政治界[編集]

姓名 公職成就 河海淵源
沈泽民 中国共产党上海发起组13名成员之一 1916年考入河海工程专门学校
张闻天 原中央政治局常委 1917年考入河海工程专门学校
冯仲云 1958年后任水利部部长、水利电力部部长 1955年至1958年兼任华东水利学院院长
王鹤亭 原新疆维吾尔自治区人大常委会副主任 1933年毕业于中央大学土木系水利组
钱正英 原政协全国委员会副主席,中国工程院院院士 1952-1955华东水利学院首任校长
冯友松 原辽宁省人大常委会副主任 1949年毕业于南京大学土木水利系
娄溥礼 1988年5月3日任水利部副部长 1955年毕业于华东水利学院
何璟 1993年5月至1995年2月水利部副部长 1956年毕业于华东水利学院河川系水工专业
朱尔明 原水利部总工程师、俄罗斯科学工程院外籍院士 1958年-1963年学生
朱熹能 海军后勤部副部长、少将 1957-1962年学生
黎安田 原水利部长江水利委员会主任(副部长级) 1958-1963年学生
李京武 海军工程设计研究局,少将 1961-1966年学生
张晔 原南京市政协主席 1959-1964年学生
王守强 1989年8月至1993年2月任水利部副部长 1962年毕业于华东水利学院河川系水工专业
汪峡 原山东省政协副主席 1964年毕业于华东水利学院河川枢纽及水电站水工建筑专业
杨进国 1999年7月—2000年8月任武警水电指挥部副政治委员;武警少将 1963年考入华东水利学院(河川系)
索丽生 2001年6月至2007年任水利部副部长、部科技委主任。2004年12月当选民盟中央副主席。2006年3月任全国政协副秘书长 1961-1966年,1978-1981年学生;历任院长、副校长
周保志 2001年5月水利部长江水利委员会党组书记(副部长级)、副主任,2004年7月至2005年5月13日任水利部党组成员(副部长级) 华东水利学院水利工程专业毕业
张基尧 原国务院南水北调办公室主任、水利部副部长兼黄河水浪底工程建管局局长 1962-1967年学生
金忠青 1997年4月江苏省人民政府副省长 1962-1967年学生,1978-1997年研究生、教授、博导、副校长
梅锦煜 2002年8月1日被授予少将警衔 1968年毕业于华东水利学院水工专业
翟浩辉 2000年1月至2007年2月任水利部副部长 1965-1970年学生 华东水利学院水道及港口水工建筑专业毕业
严以新 2007年12月至今为致公党中央副主席;2008年3月任十一届全国人大常委、教育科学文化卫生委员会委员 1974-1981年学生;历任讲师、副教授、教授、博士生导师,副校长
张世英 现任海军后勤部副部长,少将 1975年毕业于华东水利学院军港建筑专业
胡四一 2005年任水利部副部长 1974-1978年学生
周 英 2005年5月起任水利部党组成员、副部长 1998年起攻读河海大学水利工程领域工程硕士
王野平 2006年5月任国家电力监管委员会党组成员、副主席 毕业生
吴存荣 2011年10月起任中共安徽省委常委(副省级) 1982-1985年学生

企业界[編集]

姓名 公職成就 河海淵源
周大兵 2002年12月出任中国国电集团公司党组书记、总经理等职务,2008年4月离任 1968年毕业于华东水利学院河川系水电站动力装置专业
曹广晶 2010年2月被任命为中国三峡集团公司董事长,党组书记 1985年毕业于华东水利学院港口及航道工程专业
施洪祥 国家开发投资公司副总裁、党组成员 毕业于华东水利学院
周海江 红豆集团总裁 1987年任教于河海大学
李新宇 湖南拓维信息集团总裁 1988年毕业于河海大学应用计算机专业
段红飚 南京新华海电子集团公司董事长 1986-1990年就读于河海大学计算机系

関連項目[編集]

外部リンク[編集]