ヤマハ・XV1600Aロードスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
XV1600A ロードスター / ワイルドスター
Yamaha-xv1600a-spain.jpg
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー 日本の旗ヤマハ発動機
車体型式 VP12J
エンジン P609E型 1,601cm3 4サイクル
内径x行程 / 圧縮比 95.0mm x 113.0mm / 8.3:1
最高出力 42.7kW(58PS) / 3,750rpm
最大トルク 126.5N·m(12.9kgf・m) / 2,000rpm
乾燥重量 307kg
車両重量 332kg
      詳細情報
製造国 日本の旗 日本
製造期間 1999年 - 2005年
(国内販売は2000年まで)
タイプ クルーザー
設計統括
デザイン
フレーム ダブルクレードル
全長x全幅x全高 2,500mm x 980mm x 1,140mm
ホイールベース 1,685mm
最低地上高 145mm
シート高 710mm
燃料供給装置 キャブレター (Mikuni BSR40)
始動方式 セルフ式
潤滑方式 強制圧送ドライサンプ
駆動方式 ベルトドライブ
変速機 常時噛合式5段リターン
サスペンション テレスコピックフォーク
モノショック式スイングアーム
キャスター / トレール 32.00° / 142mm
ブレーキ 油圧式ダブルディスク
油圧式シングルディスク
タイヤサイズ 130/90-16 67H
150/80B16 71H
最高速度
乗車定員 2人
燃料タンク容量 20L
燃費 28km/L
カラーバリエーション ブライトチェリーレッド
ヤマハブラック
本体価格 1,290,000円(税抜)
備考 スペックは1999年のもの[1]
先代
後継
姉妹車 / OEM
同クラスの車
テンプレートを表示

XV1600A Road Star(エックスブイせんろっぴゃくエー ロードスター)は、かつてヤマハ発動機が製造販売していた、クルーザー(アメリカン)タイプのオートバイ大型自動二輪車)の車種名である。なお、欧州市場では「ワイルドスター」の名称で販売された。

概要[編集]

1100ccクラスを最上位機種とするドラッグスターシリーズよりもさらに上級クラスの1600ccクラスであり、発売当時は量産車中で最大排気量を誇ったモデルである。ヤマハ製クルーザーのフラッグシップモデルとして登場し、日本仕様は1999年5月10日に発売された。

搭載されたエンジンは、完全新設計となる排気量1,601cc空冷OHV4バルブV型2気筒であり、動弁系にはヤマハ製スポーツバイクでは初となる油圧リフターを採用。最大トルクをわずか2,000rpmで発揮し、アメリカン・クルーザーならではのトルクフルな特性を実現した。後にこのエンジンは排気量を1700cc・1900ccへと拡大され、XV1700ロードスター系モデルやXV1900Aミッドナイトスターなどに受け継がれることとなった。

また駆動方式は、日本製オートバイとしては珍しく、ベルトドライブ方式が採用された。

車名の表記に関しては、「XV1600」には派生モデルがなく一車種のみであることから、記号「A」を省略した「XV1600ロードスター」表記の場合があり、メーカーであるヤマハ公式の表記においてもAの省略は散見される。なお、ロードスターのサブネームは、XV1700系へと受け継がれている。

リコール情報[編集]

2006年10月10日、ヤマハ発動機は日本国内で販売された1,280台(1999年4月 - 2000年8月製造分)について、トランスミッションの不具合に関するリコール国土交通省に届け出たが、日本国外輸出分も含めた合計38,000台分の部品の準備が間に合わず、日本国内のユーザーに対し、ダイレクトメールで車両の一時使用中止を呼びかける事態となった[2]

脚注[編集]

  1. ^ ヤマハ発動機 ニュースリリース 1999年3月 量産モデル最大排気量1.6リッターOHV・Vツイン搭載 ヤマハスポーツ「XV1600ロードスター」新発売
  2. ^ XV1600Aロードスターに関するリコールについて(ヤマハ発動機)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]