メレディス・モンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メレディス・モンク
Meredith Monk
Meredith Monk 3.jpg
基本情報
出生名 Meredith Jane Monk
出生 1942年11月20日(72歳)
ペルーの旗 ペルーリマ
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
学歴 サラ・ローレンス大学
ジャンル 現代音楽
職業 ヴォーカル作曲家
担当楽器 ピアノ
レーベル ECMwergo
公式サイト http://www.meredithmonk.org

メレディス・ジェーン・モンクMeredith Jane Monk1942年11月20日 - 、ニューヨーク市)は、アメリカ合衆国作曲家パフォーマー演出家ヴォーカリスト映画製作者振付家1960年代からモンクは音楽演劇舞踏にわたる総合的な作品を送り出し、 ECM レコードへ多くの録音を行った [1]

人と作品[編集]

メレディス・モンクは主に、拡張奏法( Extended techniques (en)をはじめとするヴォーカルの革新で知られている。それはソロ・パフォーマンスで自身のアンサンブル結成以前に最初に編み出された。1961年12月、「スクルージ」というオフ・ブロードウェイの子供向けミュージカルチャールズ・ディケンズクリスマス・キャロル』の翻案。歌詞・音楽:ノーマン・カーティス Norman Curtis 、演出・振付:パトリシア・テイラー・カーティス Patricia Taylor Curtis )のソロ・ダンサーとして、グリニッジ・ヴィレッジのアクターズ・プレイハウスに出演した。1964年、モンクはベヴァリー・シュミット・ブロッサム (enに学んだ後サラ・ローレンス大学を卒業し、1968年にはパフォーマンスへの多分野にまたがるアプローチを活動とする集団、ザ・ハウスを創設した。

モンクのパフォーマンスは、1968年にサンフランシスコで出会ったブルース・ナウマンをはじめ数多くのアーティストに影響を与えた。1978年、モンクは新しく、広範囲のヴォーカル・テクスチュアフォーム — それはしばしばミニマル楽器のテクスチュアと対比される — を探求するため、メレディス・モンク・アンド・ヴォーカル・アンサンブルを(スティーヴ・ライヒフィリップ・グラスといった音楽的同士の類似したアンサンブルにならい)結成した。モンクは今日まで彼女の作品の公開を続けているミネアポリスウォーカー・アート・センターとの長年の関係を開始した。この時期の作品には、1981年にマンフレート・アイヒャーECMレコードから発売された彼女のファースト・アルバムに録音された『ドルメン・ミュージック』(1979年)がある。

1980年代には、モンクは2本の映画、Ellis Island (1981年)と Book of Days (1988年)の脚本を書き、監督した。後者は一つのアイディアから発展したと ECM への録音のライナーノーツで経緯を語っている; 「1984年の夏のある日、田舎の私の家の床を掃除していたとき、若い女の子の(モノクロの)イメージと、中世ユダヤ人コミュニティの通りのイメージが(こちらもモノクロで)浮かんだ。」この作品には映画とは別の異なるバージョンが存在する。二つめはコンサートホールのための作品で、アルバム(モンクとアイヒャーのプロデュース)は「耳のための映画」である。

1990年代初頭、モンクは1991年にヒューストンで初演された『アトラス』というオペラを作曲した。彼女は器楽アンサンブルとオーケストラのための作品も作曲した。最初のオーケストラ作品は Possible Sky (2003年)で、 Stringsongs (2004年)はクロノス・クァルテットに委嘱された。2005年には、パシフィック・モーツァルト・アンサンブルとともに、ビョークテリー・ライリーDJ スクーピー(アルバム Drums of Death でモンクをサンプリングした)、ウルスラ・オッペンス、ブルース・ブルベイカー Bruce Brubaker や、新音楽のアンサンブル、アラーム・ウィル・サウンドバン・オン・ア・カン・オールスターズが出演したカーネギー・ホールのコンサートをはじめとする、キャリア40周年記念イベントが世界中で開催された。

モンクはマッカーサー・フェローシップなど多くの賞を受賞し、バード大学フィラデルフィア芸術大学ジュリアード学院サンフランシスコ芸術大学ボストン音楽院から名誉芸術博士号を授与された。2007年にはデメトリオ・ストラトス・インターナショナル賞を音楽の実験により受賞している [2]

彼女の音楽は、コーエン兄弟(『ビッグ・リボウスキ』 1998年)やジャン・リュック・ゴダール(『ヌーヴェルヴァーグ』 1990年、『アワーミュージック』 2004年)などの映画で使用された。

最近のインタビューでモンクは好みの音楽としてブラジル音楽、特にカエターノ・ヴェローゾの録音、ミルドレッド・ベイリー(「30年代40年代」の偉大なジャズ歌手)の音楽、バルトークのピアノ曲集『ミクロコスモス』と発言している。

彼女のパートナーはオランダ生まれの振付家ミーケ・ヴァン・フック Mieke van Hoek だった(2002年死去)。

引用[編集]

「私のほとんどの音楽、舞台、映画の中で、私は無時間性、繰り返されるサイクルとしての時間の感覚を表現しようと試みている。」

— アルバム『ブック・オブ・デイズ』( ECM New Series )ライナーノーツ(1990年)

「私は隙間で働いている。そこで声は踊り始め、体が歌い始め、舞台は映画となる。」

— デボラ・ジョウィット (en(編)、『メレディス・モンク』、ジョンズ・ホプキンス大学出版(1997年)

「ビョークは、私の歌の1曲、「ゴーサム・ララバイ」(「ニューヨークの子守唄」)を歌っていました。私の[声楽の]学生のひとりがくれた MP3 ファイルで彼女の歌を聴き[...]、それが本当に面白いとおもいました。その後私たちは六ヶ月前に会い、お互いをとても好きになりました。彼女は美しい心を持っています。」

— 『グローブ・アンド・メール』 2005年11月11日、トニー・モンタギュー Tony Montague によるインタビュー

作品[編集]

器楽曲[編集]

  • Paris for solo piano (1973)
  • Acts from under and above Ellis Island for two pianos (1986)
  • Window in 7's for solo piano (1986)
  • Parlour Games for two pianos (1988)
  • Phantom Waltz for two pianos (1990)
  • St. Petersburg Waltz for solo piano (1994)
  • Steppe Music for solo piano (1997)
  • Clarinet Study #4, for Solo Clarinet (1999)
  • Cello Study #1 for Solo Cello and Voice (1999)
  • Trumpet Study #1 for Solo Trumpet (1999)
  • Possible Sky for orchestra and voices (2003) - commissioned by Michael Tilson Thomas for the New World Symphony
  • Stringsongs for string quartet (2004) - commissioned by the Kronos Quartet

ヴォーカル曲[編集]

  • 16 Millimeter Earrings for voice, guitar and tapes (1966)
  • Juice: A Theater Cantata for 85 voices, Jew's harp and two violins (1969)
  • Vessel: An Opera Epic for 75 voices, electronic organ, dulcimer and accordion (1971)
  • Our Lady of Late for solo voice and wine glass (1972)
  • Quarry: An Opera for 38 voices, 2 pump organs, 2 soprano recorders, tape (1976)
  • Songs from the Hill for unaccompanied solo voice (1976)
  • Tablet for four voices, piano four hands, two soprano recorders (1976)
  • Dolmen Music for 6 voices, cello, percussion (1979)
  • The Games for 16 voices, synthesizer, keyboards, Flemish bagpipes, bagpipes, Chinese horn and rauschpfeife (1983)
  • Astronaut Anthem for chorus a cappella (1983)
  • Panda Chant II for chorus a cappella (1984)
  • Book of Days for 25 voices, synthesizer, piano or 7 voices, synthesizer (Chamber Version) (1985) - recorded for ECM
  • Scared Song, song for solo voice, synthesizer and piano (1986)
  • I Don't Know, song for solo voice and piano (1986)
  • Atlas: An Opera in Three Parts for 18 voices and chamber orchestra (1991)
  • Three Heavens and Hells for 4 voices (1992)
  • Volcano Songs (Solo) for solo voice, voice with taped voices and piano (1994)
  • Star Trek: Envoy for composing/directing/performing in the Den-Kai/Krikiki Ensemble (1995)
  • The Politics of Quiet for 10 voices, 2 keyboards, horn, violin, bowed psaltery (1996)
  • Magic Frequencies for 6 voices, 2 keyboards, percussion (1999)
  • Eclipse Variations for 4 voices, esraj, sampler - commissioned by Starkland (2000)
  • Mercy for 6 voices, 2 keyboards, percussion, multiple woodwinds, violin (2001)
  • When There Were Work Songs for vocal ensemble (2002) - commissioned by the Western Wind Vocal Ensemble
  • Last Song for solo voice and piano (2003)
  • Impermanence for eight voices, piano, keyboard, marimba, vibraphone, percussion, violin, multiple woodwinds, bicycle wheel (2005)
  • Night for chorus and orchestra (1996/2005)
  • Songs of Ascension for vocal ensemble and string quartet (2006) - commissioned by the Kronos Quartet, with Ann Hamilton (en
  • Weave for solo voices, chorus and orchestra (2010) - commissioned by Grand Center Inc. and the Los Angeles Master Chorale

振付[編集]

  • 1963: Me - silent
  • 1964: Diploid - with Erizabeth Keen, music by Aaron Copland
  • 1965: The Beach - music collage by Meredith Monk
  • 1966: Portable - music by Bob Dylan and Claudio Monteverdi
  • 1966: Duet with Cat's Scream and Locomotive - tape collage by Monk
  • 1966: 16 Millimiter Earrings - music by Monk, film version the same year
  • 1966-1968: Blueprint - music by Monk
  • 1969-1970: Tour - music by Monk
  • 1971: Vessel - music by Monk, OBIE Award for Outstanding Production, 1972
  • 1972: Education of the Girlchild - music by Monk
  • 1974: Chacon - with Ping Chong (en, music by Monk
  • 1976: Quary - music by Monk, OBIE Award for Outstanding Achievement 1976
  • 1979: Recent Ruins - music by Monk
  • 1981: A Civil War Opera - music by Monk
  • 1983: The Games - with Ping Chong, music by Monk
  • 1990: Facing North - with Robert Een, music by Monk
  • 1991: Atlas - for the Houston Grand Opera, music by Monk
  • 1992: Three Heavens and Hells - music by Monk
  • 1994: Volcano Songs - music by Monk
  • 1996: The Politics of Quiet - music by Monk

映画[編集]

監督[編集]

  • 1967 - Children - Black and White, Silent, 9 Minutes, 16mm
  • 1969 - Ballbearing - Color, Silent, 6.5 and 13 minutes, 16mm
  • 1971 - Mountain - Color, Silent, 10 Minutes, 16mm
  • 1976 - Quarry - Black and White, Silent, 5.3 Minutes, 16mm
  • 1977 - Humboldt's Current - Black and White, Silent, 5 Minutes, S-8 and 16mm
  • 1979 - Ellis Island - Black and White, Silent, 7 Minutes, 16mm
  • 1981 - Ellis Island - Black and White and Color, Sound, 28 Minutes, 35mm, 1", 3/4" and 1/2" videotape
  • 1983 - Mermaid Adventures - Color, Silent, 10 Minutes, 16mm
  • 1988 - Book of Days - Black and White and Color, Sound(Stereo/Dolby). 74:21 Minutes (35mm-1:33/video), 1", 3/4" and 1/2" videotape. 55:36 minutes (Video/Television version), 1", 3/4" and 1/2" videotape
  • 1994 - 24 Hours of Faces - Color, Silent, 3/4" and 1/2" videotape

出演[編集]

  • 1980 - 16 Millimeter Earrings - conceived by Meredith Monk, directed by Robert Withers
  • 1982 - Paris - conceived by Monk, directed by Mark Lowry and Kathryn Escher
  • 1983 - Turtle Dreams (Waltz) - conceived by Monk, directed by Ping Chong
  • 1987 - Uncle Meat - directed by Frank Zappa

ディスコグラフィ[編集]

自己名義[編集]

  • 1967 - "Candy Bullets and Moon" - single, re-released on Better an Old Demon Than a New God (Giorno Poetry Systems records, 1984)
  • 1970 - Key (Increase Records / Lovely Music, 1977)
  • 1974 - Our Lady of Late (Minona Records)
  • 1977 - Rally, Procession on Airwaves (One Ten Records)
  • 1978 - Biography on Big Ego (Giorno Poetry Systems Records)
  • 1979 - Songs from the Hill / Tablet (wergo)
  • 1981 - Dolmen Music (ECM) - 『ドルメン・ミュージック』(1981年ドイツ・レコード批評家賞
  • 1983 - Turtle Dreams (ECM) - 『タートル・ドリームズ~亀の夢』
  • 1986 - Our Lady of Late: Music for Voice and Glass (wergo) - includes previously unreleased material from 1973 (1986年ドイツ・レコード批評家賞)
  • 1987 - Do You Be (ECM) - 『ドゥー・ユー・ビー』
  • 1990 - Book of Days (ECM) - 『ブック・オブ・デイズ』
  • 1992 - Facing North (ECM) - 『フェイシング・ノース』
  • 1993 - Atlas: an opera in three parts (ECM, 1993) - 『アトラス*歌劇(3部からなるオペラ)』
  • 1997 - Volcano Songs (ECM) - 『ヴォルケイ・ソングス(火山の歌)』
  • 2002 - Mercy (ECM) - 『マーシー』
  • 2008 - Impermanence (ECM) - 『インパーマネンス』
  • 2009 - Beginnings (Tzadik)

収録作品、オムニバス等[編集]

  • 1992 - Double Edge: U.S. Choice (Composers Recordings) - participated in Phantom Waltz, Ellis Island
  • 1993 - Musica Sacra: Of Eternal Light (RCA) - participated in Return to Earth - ムジカ・サクラ:『エターナル・ライト』
  • 1994 - Tomoko Mukaiyama: Women Composers (BVHaast) - participated in Double Fiesta
  • 1995 - Musica Sacra: Monk and the Abbess, Music of Hildegard von Bingen and Meredith Monk (RCA) - ムジカ・サクラ:『モンクとヒルデガルドの音楽』
  • 1995 - Anthony De Mare: Cage / Monk; Piano and Vocals (Koch Int'l Classics)
  • 1997 - Various Artists: Women of Note ~ Beach, Boulanger, Clarke, Gubaidulina, Larsen, Mendelssohn, Monk, Musgrave, Ran, Zwilich (Koch Int'l Classics) - participated in "Travel Song" (from Specimen Days)
  • 2000 - Various Artists: Immersion (Starkland, 2000) - participated in Eclipse Variations, recorded on surround sound DVD.
  • 2001 - San Francisco Symphony Chorus: Voices 1900/2000: A Choral Journey through the 20th Century (Delos Records) - participated in "Earth Seen From Above", "Other Worlds Revealed" (each from Atlas)
  • 2001 - Tom Bogdan / Harry Huff: For Your Delight: New American Art Songs (Composers Recordings) - participated in Gotham Blues, Night Song, "Gotham Lullaby" (from Dolmen Music)
  • 2002 - Mark Hetzler: American Voices (Summit Records) - participated in Volcano Songs
  • 2003 - Mark Hetzler / Lisa Leonard: Serious Songs, Sad Faces (Summit Records) - participated in "New York Requiem" (from Custom Made)
  • 2004 - Various Artists: From The Kitchen Archives - New Music New York 1979 (Orange Mountain Music) - participated in Do You Be
  • 2004 - Susumu Yokota: Symbol (Skintone) - participated in Song of the Sleeping Forest, Flaming Love and Destiny, Symbol of Life, Love, and Aesthetics - ススム・ヨコタ: 『Symbol』
  • 2005 - Brodsky Quartet: Moodswings (Brodsky Records) - participated in "Gotham Lullaby" - ブロドスキー・クァルテット: 『ムード・スイングス』
  • 2010 - Various Artists: The NYFA Collection: 25 Years of New York New Music (Innova Recordings) - participated in Urban March (Shadow)

映像[編集]

  • 1983 - Four American Comoposers "Meredith Monk" - TV documentary, directed by Peter Greenaway. - 『メレディス・モンク』
  • 1993 - The Sensual Nature of Sound: 4 Composers - Laurie Anderson, Tania Leon, Meredith Monk, Pauline Oliveros (Michael Blackwood Productions) - documentary, directed by Michael Blackwood.
  • 1996 - Speaking of Dance: Conversations With Contemporary Masters of American Modern Dance No. 22: "Meredith Monk" (ADF Video) - documentary, directed by Douglas Rosenberg.
  • 2009 - Meredith Monk: Inner Voice (First Run Features) - documentary, directed by Babeth M. VanLoo

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Discography” (英語). Meredith Monk. Allmusic. 2012年7月27日閲覧。
  2. ^ Coast to Coast 2008/2009 (PDF)” (英語). ejassociates.org. New York City, N.Y., U.S.: Ellen Jacobs Associates. 2009年3月15日閲覧。

外部リンク[編集]