16mmフィルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
富士フイルム製スーパー16mm(100フィート)
16mmフィルムを用いたジュークボックス、スコーピトーン

16mmフィルム16mm Film )は、フィルムの規格。

主に動画撮影用として使われる。35mmカメラよりもカメラも映写機も小型化できるため、テレビニュースのロケ撮影・テレビドラマ・低予算の劇場用映画で使われるた。かろうじて個人での機材所有も可能であり、8mmフィルムに飽き足らないハイアマチュアが16mmにステップアップする例も見られた。また、映画館や劇場、公共ホールなどにも16mmの映写機を備え付けている施設は多く、それらの施設で行われる小規模な上映会に供するため、35mmの劇場映画を16mmフィルムにプリントしたものも多く制作され、映画センターなどを通じて貸し出しや上映が行われていた。近年はビデオカメラやビデオプロジェクターの高画質化、低価格化のため使用される機会は減少傾向にある。

かつてはスチルカメラにも用いられており、主に小型カメラへ採用された。第二次大戦後には16mmフィルムを使った豆カメラのブームもあった。35mmカメラの低価格化と小型化などの影響により次第に市場が縮小し、残っていたミノルタなどの製品も、1972年に登場した110フィルム使用のカメラと入れ替わるように姿を消した。

映画用カメラ[編集]

スーパー16mmと通常の16mmとの違い

プロフェッショナル用[編集]

今日プロフェッショナル用カメラ産業は、アーノルド&リヒターのアリフレックス16SR3やアリフレックス416、アトーンのアトーンXTRprodといった16ミリカメラを使用する傾向がある。近年アトーンは小型もしくは多機能カメラ向けのカムコーダーサイズのA-Minimaを売り出した。フォトソニックは毎秒1万フレームのスピードを出せる。16mmフィルムを使った超高速カメラを製造しているパナビジョンは、カムバックのできる"the Elaine" という珍しいシリーズを売り出している。

アマチュア用[編集]

ボレックスH16カメラ

アマチュア、学生、趣味のためのカメラはアーノルド&リヒター(Arri)もしくはアトーンの古い型や、オーリコン英語版ボーリユー英語版ベル&ハウエルボレックスキヤノンシネマ・プロダクツエクレールキーストン撮影機英語版クラスノゴルスクミッチェル撮影機などといったメーカーの商品を使うことが経済的とされている。

スペック[編集]

  • 1フレームのフィルム送り量7.6mm。
  • 1フィート分で40フレーム。
  • 400フィート(122m)のフィルムを使用し24フレーム/秒で約11分撮影可能。
  • 縦送り
スーパー16サイズのフレームのついた16mmフィルム

16mm[編集]

  • アスペクト比 - 1.33
  • 35mmアカデミー・フォーマット・プリントを作成する時の拡大率 - 4.58倍
  • 撮影 - 10.26×7.49mm
  • 投影 - アスペクト比1.33のフルフレーム時9.6×7.01mm、アスペクト比1.85時9.6×5.2mm
  • TVステーション - 9.65×7.26mm
  • TVトランスミッション - 9.34×7.01mm
  • TVセーフ・アクション - 8.4×6.29mm(コーナーφ1.67mm)
  • TVセーフ・タイトル - 7.44×5.61mm(コーナーφ1.47mm)
  • 1フレームにつき1パーフォレーション

スーパー16[編集]

16ミリフィルムの映像記録部分を音声トラック部分にまで広げ、画角を広げている。その画角はほぼビスタサイズであり、そのままハイビジョン対応のテレシネにかけたり、35mmフィルムにブローアップして劇場上映することができる。

  • アスペクト比1.66
  • 撮影 - 12.52×7.41mm
  • 投影 - アスペクト比1.66のフルフレーム時11.76×7.08mm、アスペクト比1.85時11.76×6.37mm
  • 1フレームにつき1パーフォレーション

ウルトラ16[編集]

スチルカメラ[編集]

ミノルタ16 QT

国内ではリコーヤシカミノルタ興和などが製品を発売しており、海外ではローライガミなどの16mmカメラが著名である。16mmのスチルカメラは、各社とも画面サイズがまちまちで、フィルムカートリッジにも互換性がない。このため、フィルムは使用者が用意されたマガジンに自分で詰めるか、カメラ各社が販売している専用フィルムを購入する必要がある。

なお、同じ16mm幅の110規格は、登場直後「16mm」と称されることがあった。ただし現在一般に16mmカメラと呼べば、110カメラをその領域に含めないのが一般的である。

外部リンク[編集]