ドリエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドリエル®(Drewell®)とは、日本において、2003年エスエス製薬から発売された睡眠改善薬である。睡眠改善薬が一般用医薬品(OTC)として日本で発売されたのは、ドリエルがはじめてである。商標登録番号は第2705354号。

概要[編集]

ドリエルは有効成分である塩酸ジフェンヒドラミンを一錠中に25mg含有する。ジフェンヒドラミンは第一世代の抗ヒスタミン薬で、眠気を引き起こすことは良く知られている。眠気は通常は副作用とされるが、ドリエルの場合は逆手に取り眠気を効能としているのである。ドリエルは抗ヒスタミン薬であるため、ベンゾジアゼピン系薬物などのような睡眠導入剤とは異なる作用機序により効果がもたらされる。

連用は避け2、3回の使用にとどめるものである[1]。ジフェンヒドラミンの鎮静作用に対する耐性は、非常に早く形成され、3日後にはもはや偽薬と同等の効果である[2]。不適切に用いられた場合、小さな精神依存につながることがある[3]

一方で、その効き目に強く個人差があらわれ、全く眠気を感じない者も少なくない。過去に風邪薬や抗ヒスタミン薬を飲んで、眠気を感じたことのある者に対しては、ドリエルが睡眠改善薬として有効であることが期待できる。なお、服薬後は乗り物の運転は禁忌である。常用を抑止する意味合いから一度に購入できるのは3箱までと決められている。

発売当時から話題を呼び、瞬く間に品薄状態となり2003年のヒット商品となり、効能を模倣した他社製品が発売されることになった。

なお、ドリエル発売以前からも蕁麻疹鼻炎などに効能を持つ抗ヒスタミン薬として同成分を含有した製品がOTC薬として市販されていたほか(後述)、入眠効果のある古典的な鎮静剤でブロムワレリル尿素を主成分とした製品(伊丹製薬のウット)や漢方を主成分とした鎮静薬(エスエス製薬の快眠精、エーザイのメンテックなど)も存在する。

ドリエルの希望小売価格は、税込みで6錠:1050円 、12錠:1995円である。有効成分が同一の抗アレルギー薬(市販薬ではレスタミンコーワ糖衣錠)と比較すれば、謳っている効能が異なるだけで相当に高価な価格設定であることがわかる。これは、ドリエルが一般用医薬品区分(3)(既承認有効成分の効能変更)として承認申請がなされるのに伴い、追加効能に対し実施された各種試験・調査費用分が利益として上乗せされているためである。

抗ヒスタミン剤の塩酸ジフェンヒドラミンは市販で販売されている。これはアレルギー薬の副作用眠気)を利用したもので、不眠症の場合は市販の睡眠薬を長期に使用してはいけない。[4]

依存性や、副作用として幻覚や不安焦燥、せん妄などに陥り、異常行動に至って、突発的に暴力や自殺や自傷に至る可能性が使用者に認識されていないとの指摘がある[5]

ドリエルと同一の有効成分を含有する内用薬(適応症が異なるもの)[編集]

いずれの内用薬も、一錠中に塩酸ジフェンヒドラミンを10mg含有する。

(但し、適応症上はアレルギー疾患の治療薬である。)

医療用医薬品[編集]

一般用医薬品(OTC)[編集]

  • レスタミンUコーワ錠(興和)

レスタミンUコーワ錠の希望小売価格は、税込みで75錠:998円、180錠:1890円である。なお、この薬剤は塩酸ジフェンヒドラミンのほかに、ビタミン等を含有する。

  • レスタミンコーワ糖衣錠(興和)

レスタミンコーワ糖衣錠の希望小売価格は、税込みで80錠:630円、220錠:1523円である。

ドリエルと同一の有効成分を含有する内用薬(適応症が同一のもの)[編集]

一般用医薬品(OTC)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ エスエス製薬 (2011-10). ドリエル 医薬品添付文書 (Report). 日本医薬情報センター. http://database.japic.or.jp/pdf/newPINSOTC/J0601001652_A.pdf 2014年3月17日閲覧。. 
  2. ^ Richardson GS, Roehrs TA, Rosenthal L, Koshorek G, Roth T (October 2002). “Tolerance to daytime sedative effects of H1 antihistamines”. J. Clin. Psychopharmacol. 22 (5): 511–5. doi:10.1097/00004714-200210000-00012. PMID 12352276. 
  3. ^ Benadryl Addiction”. eMedTV (2013年9月8日). 2014年3月19日閲覧。
  4. ^ 不眠症 厚生労働省
  5. ^ 倉田明子、藤川徳美「薬物と自殺関連事象、そしてその予防 抗不安薬・睡眠薬による異常行動-自殺、自傷との関連を中心に」、『臨床精神薬理』第14巻第12号、2011年12月、 1951-1959頁、 NAID 40007259318 抄録

外部リンク[編集]