オロパタジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オロパタジン
Olopatadine.svg
IUPAC命名法による物質名
{(11Z)-11-[3-(ジメチルアミノ)プロピリデン]-6,11-ジヒドロジベンゾ[b,e]オキセピン-2-イル}酢酸
臨床データ
胎児危険度分類
  • C
法的規制
?
投与方法 点眼薬, 経鼻投与, 経口
薬物動態的データ
半減期 3 時間
識別
CAS番号 113806-05-6
ATCコード S01GX09 R01AC08
PubChem CID 5281071
DrugBank APRD00310
KEGG D08293
化学的データ
化学式 C21H23NO3 
分子量 337.412 g]mol

オロパタジン (olopatadine) は、第二世代抗ヒスタミン薬の一種。 日本国内では、協和発酵キリンより塩酸塩が、アレロックという商品名で発売されている。即効性がある。

また、点眼薬としてアルコンが全世界で販売。国内では協和発酵キリンと日本アルコンが販売。商品名はパタノール。

適用[編集]

アレロック錠剤(5mg)

ヒスタミン受容体拮抗作用と肥満細胞からのヒスタミンなどの遊離抑制作用を持つ。アレルギー症状を抑えるため、くしゃみ鼻水蕁麻疹等に有効とされる。対症療法のため、アレルギー自体を完治させることは不可。

種類[編集]

  • 錠剤:2.5mg, 5mg

副作用[編集]

副作用は比較的少ないが、以下の症状が出る可能性がある。

まれに、劇症肝炎を発症することがある。服用した者に死亡例が発生した事から、日本の厚生労働省は販売元に対し医師向け添付文書の改訂を指示した[1]

脚注[編集]