テルル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンチモン テルル ヨウ素
Se

Te

Po
Element 1: 水素 (H), 非金属
Element 2: ヘリウム (He), 希ガス
Element 3: リチウム (Li), アルカリ金属
Element 4: ベリリウム (Be), 卑金属
Element 5: ホウ素 (B), 金属
Element 6: 炭素 (C), 非金属
Element 7: 窒素 (N), 非金属
Element 8: 酸素 (O), 非金属
Element 9: フッ素 (F), ハロゲン
Element 10: ネオン (Ne), 希ガス
Element 11: ナトリウム (Na), アルカリ金属
Element 12: マグネシウム (Mg), 卑金属
Element 13: アルミニウム (Al), 卑金属
Element 14: ケイ素 (Si), 金属
Element 15: リン (P), 非金属
Element 16: 硫黄 (S), 非金属
Element 17: 塩素 (Cl), ハロゲン
Element 18: アルゴン (Ar), 希ガス
Element 19: カリウム (K), アルカリ金属
Element 20: カルシウム (Ca), アルカリ土類金属
Element 21: スカンジウム (Sc), 遷移金属
Element 22: チタン (Ti), 遷移金属
Element 23: バナジウム (V), 遷移金属
Element 24: クロム (Cr), 遷移金属
Element 25: マンガン (Mn), 遷移金属
Element 26: 鉄 (Fe), 遷移金属
Element 27: コバルト (Co), 遷移金属
Element 28: ニッケル (Ni), 遷移金属
Element 29: 銅 (Cu), 遷移金属
Element 30: 亜鉛 (Zn), 卑金属
Element 31: ガリウム (Ga), 卑金属
Element 32: ゲルマニウム (Ge), 金属
Element 33: ヒ素 (As), 金属
Element 34: セレン (Se), 非金属
Element 35: 臭素 (Br), ハロゲン
Element 36: クリプトン (Kr), 希ガス
Element 37: ルビジウム (Rb), アルカリ金属
Element 38: ストロンチウム (Sr), アルカリ土類金属
Element 39: イットリウム (Y), 遷移金属
Element 40: ジルコニウム (Zr), 遷移金属
Element 41: ニオブ (Nb), 遷移金属
Element 42: モリブデン (Mo), 遷移金属
Element 43: テクネチウム (Tc), 遷移金属
Element 44: ルテニウム (Ru), 遷移金属
Element 45: ロジウム (Rh), 遷移金属
Element 46: パラジウム (Pd), 遷移金属
Element 47: 銀 (Ag), 遷移金属
Element 48: カドミウム (Cd), 卑金属
Element 49: インジウム (In), 卑金属
Element 50: スズ (Sn), 卑金属
Element 51: アンチモン (Sb), 金属
Element 52: テルル (Te), 金属
Element 53: ヨウ素 (I), ハロゲン
Element 54: キセノン (Xe), 希ガス
Element 55: セシウム (Cs), アルカリ金属
Element 56: バリウム (Ba), アルカリ土類金属
Element 57: ランタン (La), ランタノイド
Element 58: セリウム (Ce), ランタノイド
Element 59: プラセオジム (Pr), ランタノイド
Element 60: ネオジム (Nd), ランタノイド
Element 61: プロメチウム (Pm), ランタノイド
Element 62: サマリウム (Sm), ランタノイド
Element 63: ユウロピウム (Eu), ランタノイド
Element 64: ガドリニウム (Gd), ランタノイド
Element 65: テルビウム (Tb), ランタノイド
Element 66: ジスプロシウム (Dy), ランタノイド
Element 67: ホルミウム (Ho), ランタノイド
Element 68: エルビウム (Er), ランタノイド
Element 69: ツリウム (Tm), ランタノイド
Element 70: イッテルビウム (Yb), ランタノイド
Element 71: ルテチウム (Lu), ランタノイド
Element 72: ハフニウム (Hf), 遷移金属
Element 73: タンタル (Ta), 遷移金属
Element 74: タングステン (W), 遷移金属
Element 75: レニウム (Re), 遷移金属
Element 76: オスミウム (Os), 遷移金属
Element 77: イリジウム (Ir), 遷移金属
Element 78: 白金 (Pt), 遷移金属
Element 79: 金 (Au), 遷移金属
Element 80: 水銀 (Hg), 卑金属
Element 81: タリウム (Tl), 卑金属
Element 82: 鉛 (Pb), 卑金属
Element 83: ビスマス (Bi), 卑金属
Element 84: ポロニウム (Po), 金属
Element 85: アスタチン (At), ハロゲン
Element 86: ラドン (Rn), 希ガス
Element 87: フランシウム (Fr), アルカリ金属
Element 88: ラジウム (Ra), アルカリ土類金属
Element 89: アクチニウム (Ac), アクチノイド
Element 90: トリウム (Th), アクチノイド
Element 91: プロトアクチニウム (Pa), アクチノイド
Element 92: ウラン (U), アクチノイド
Element 93: ネプツニウム (Np), アクチノイド
Element 94: プルトニウム (Pu), アクチノイド
Element 95: アメリシウム (Am), アクチノイド
Element 96: キュリウム (Cm), アクチノイド
Element 97: バークリウム (Bk), アクチノイド
Element 98: カリホルニウム (Cf), アクチノイド
Element 99: アインスタイニウム (Es), アクチノイド
Element 100: フェルミウム (Fm), アクチノイド
Element 101: メンデレビウム (Md), アクチノイド
Element 102: ノーベリウム (No), アクチノイド
Element 103: ローレンシウム (Lr), アクチノイド
Element 104: ラザホージウム (Rf), 遷移金属
Element 105: ドブニウム (Db), 遷移金属
Element 106: シーボーギウム (Sg), 遷移金属
Element 107: ボーリウム (Bh), 遷移金属
Element 108: ハッシウム (Hs), 遷移金属
Element 109: マイトネリウム (Mt), 遷移金属
Element 110: ダームスタチウム (Ds), 遷移金属
Element 111: レントゲニウム (Rg), 遷移金属
Element 112: コペルニシウム (Cn), 卑金属
Element 113: ウンウントリウム (Uut), 卑金属
Element 114: フレロビウム (Fl), 卑金属
Element 115: ウンウンペンチウム (Uup), 卑金属
Element 116: リバモリウム (Lv), 卑金属
Element 117: ウンウンセプチウム (Uus), ハロゲン
Element 118: ウンウンオクチウム (Uuo), 希ガス
Tellurium has a hexagonal crystal structure
52Te
外見
銀白色
Tellurium element.jpg
一般特性
名称, 記号, 番号 テルル, Te, 52
分類 半金属
, 周期, ブロック 16, 5, p
原子量 127.60
電子配置 [Kr] 4d10 5s2 5p4
電子殻 2, 8, 18, 18, 6(画像
物理特性
固体
密度室温付近) 6.24 g·cm-3
融点での液体密度 5.70 g·cm-3
融点 722.66 K, 449.51 °C, 841.12 °F
沸点 1261 K, 988 °C, 1810 °F
融解熱 17.49 kJ·mol-1
蒸発熱 114.1 kJ·mol-1
熱容量 (25 °C) 25.73 J·mol-1·K-1
蒸気圧
圧力 (Pa) 1 10 100 1 k 10 k 100 k
温度 (K) (775) (888) 1042 1266
原子特性
酸化数 6, 5, 4, 2, -2
(弱酸性酸化物
電気陰性度 2.1(ポーリングの値)
イオン化エネルギー 第1: 869.3 kJ·mol-1
第2: 1790 kJ·mol-1
第3: 2698 kJ·mol-1
原子半径 140 pm
共有結合半径 138 ± 4 pm
ファンデルワールス半径 206 pm
その他
結晶構造 六方晶系
磁性 反磁性[1]
熱伝導率 (300 K) (1.97 - 3.38) W·m-1·K-1
音の伝わる速さ
(微細ロッド)
(20 °C) 2610 m/s
ヤング率 43 GPa
剛性率 16 GPa
体積弾性率 65 GPa
モース硬度 2.25
ブリネル硬度 180 MPa
CAS登録番号 13494-80-9
最安定同位体
詳細はテルルの同位体を参照
同位体 NA 半減期 DM DE (MeV) DP
120Te 0.09% > 2.2 × 1016y ε ε 1.701 120Sn
121Te syn 16.78 d ε 1.040 121Sb
122Te 2.55% 中性子70個で安定
123Te 0.89% > 1.0 × 1013 y ε 0.051 123Sb
124Te 4.74% 中性子72個で安定
125Te 7.07% 中性子73個で安定
126Te 18.84% 中性子74個で安定
127Te syn 9.35 h β- 0.698 127I
128Te 31.74% 2.2 × 1024 y β-β- 0.867 128Xe
129Te syn 69.6 min β- 1.498 129I
130Te 34.08% 7.9 × 1020 y β-β- 2.528 130Xe

テルル: tellurium)は原子番号52の元素元素記号Teカルコゲン元素の一つ。

性質[編集]

金属テルルと無定形テルルがあり、金属テルルは銀白色の結晶半金属)で、六方晶構造である。にんにく臭がある。

金属テルルの比重は6.24、融点は450 °C沸点は1390 °C(融点、沸点とも異なる実験値あり)。酸化力のあるには溶ける。ハロゲン元素とは激しく反応する。酸化数は-2, +2, +4, +6価をとる。また、化学的性質はセレン硫黄に似ている。燃やすと二酸化テルルになる。天然に元素鉱物として単体で存在することがある(自然テルル、native tellurium)。

また、テルル単体及びその化合物には毒性があることが知られている。また、これらが体内に取り込まれると、代謝されることによってジメチルテルリドになり、呼気がニンニクに似た悪臭(テルル呼気)を帯びるようになる。

歴史[編集]

1782年にF.J.ミュラーが単体分離、1798年にクラプロートによって命名された[2]。語源はラテン語のTellusで、これは地球を意味するとともに、ローマ神話で大地の女神の名である[2]。また、周期表上でテルルの一つ上に位置するセレンギリシャ神話の月の女神の名である。

化合物[編集]

酸化物とオキソ酸[編集]

ハロゲン化物[編集]

その他[編集]

同位体[編集]

テルルにはいくつかの安定同位体があるが、2.2×1024年の半減期を持つ128Te(これは現在知られている放射性同位体の半減期の中で最も長い)や、7.9×1020年とこちらもまた非常に長い半減期を持つ130Teもあり、これらのほうが安定同位体よりも存在量が大きい。このような一つ以上の安定同位体を持つ元素の中で天然放射性同位体が安定同位体より多く存在している元素は、テルルの他にインジウムレニウムがある。

用途[編集]

埋蔵量・生産・消費[編集]

鉱業便覧[3]によると、テルルの埋蔵量(資源量)は3万8000トンである。上位からアメリカ合衆国(6000トン)、ペルー(1600トン)、カナダ(1500トン)[4]。いずれもズリなどを含まないテルルの純分量である。2000年時点の年間生産量は322トン。上位からカナダ(80トン)、ベルギー(60トン)、アメリカ合衆国(50トン)、ペルー(39トン)、日本(36トン)であり、上位5カ国で生産量の82.3%をまかなう[5]。1998年時点の年間消費量は145トン、そのうち日本が48トンを消費している[6]。テルルの2000年時点の総輸入量は2万0247kg、このうちベルギーが1万1197トン[要検証 ]を占める[7]

埋蔵地域[編集]

  • 産出としては北海道手稲鉱山の手稲石や静岡県河津鉱山のマックスアルパイン石がある。テルル酸塩鉱物・亜テルル酸塩鉱物は現在までに計37種類が知られているが、日本で発見されたものも多い。

出典[編集]

  1. ^ Magnetic susceptibility of the elements and inorganic compounds, in Handbook of Chemistry and Physics 81st edition, CRC press.
  2. ^ a b 桜井弘 『元素111の新知識』 講談社1998年、238頁。ISBN 4-06-257192-7 
  3. ^ 経済産業調査会、『鉱業便覧 平成14年版』、2003年、ISBN 4806516597
  4. ^ 『鉱業便覧』、p.222
  5. ^ 『鉱業便覧』、p.226
  6. ^ 『鉱業便覧』、p.230
  7. ^ 『鉱業便覧』、p.243

関連項目[編集]