テルル化水素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テルル化水素
テルル化水素テルル化水素の分子モデル
IUPAC名 テラン(組織名)
別名 水素化テルル
テルル化水素酸(水溶液)
組成式 H2Te
式量 129.62 g/mol
形状 無色気体
CAS登録番号 [7783-09-7]
融点 −49 ℃
沸点 −2 ℃

テルル化水素(テルルかすいそ、hydrogen telluride)は、化学式が H2Te と表される、テルル水素からなる無機化合物IUPAC組織名はテラン (tellane)、テルルの形式酸化数は −2価で、もっとも単純なテルリドである。

酸素族元素(カルコゲン元素)の水素化物のひとつ。

化学的性質[編集]

ニンニクのようなにおいのある気体で、セレン化水素硫化水素に性質が似ており、有毒である。

テルル化水素は吸熱性化合物であり、空気中においては不安定で容易に酸化されて水とテルルになる[1]

2 H2Te + O2 → 2 H2O + 2 Te


水溶液テルル化水素酸)中では、テルル化物イオン (Te2−) と水素イオンに電離するので、酸性を示す。その酸解離定数リン酸(Ka = 8.1×10−3)と同程度のKa = 2.3×10−3である[1]。テルル化水素は多くの金属と反応してテルル化物を与える[2]

出典[編集]

  1. ^ a b Egon Wiberg; Arnold Frederick Holleman (2001). Nils Wiberg. ed. Inorganic chemistry. Academic Press. p. 589. ISBN 0123526515. 
  2. ^ Henry Enfield Roscoe; Carl Schorlemmer (1878). A treatise on chemistry. 1. Appleton. pp. 367–368. 

関連項目[編集]