亜臭素酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
亜臭素酸
特性
化学式 HBrO2
モル質量 112.911 g/mol
関連する物質
その他の陰イオン 臭化水素酸; 次亜臭素酸; 臭素酸; 過臭素酸
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

亜臭素酸(あしゅうそさん、 Bromous acid)は臭素オキソ酸の一種で、不安定な反応中間体として発生する。化学式HBrO2で表され、酸化数は3。

生成[編集]

次亜臭素酸次亜塩素酸との陽極酸化反応、次亜臭素酸の不均化反応、臭素酸臭化水素との合成などにより生成する。

HBrO + HClO → HBrO2 + HCl
2 HBrO → HBrO2 + HBr
2 HBrO3 + HBr → 3 HBrO2

用途[編集]

過マンガン酸塩からマンガン酸塩への還元に用いられる。[1]

2MnO
4
+ BrO
2
+ OH → 2MnO2−
4
+ BrO
3
+ H2O

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Egon Wiberg, Arnold Frederick Holleman (2001) Inorganic Chemistry, Elsevier ISBN 0123526515