アスタチン化水素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アスタチン化水素
{{{画像alt1}}}
識別情報
PubChem 23996
ChemSpider 22432 チェック
ChEBI CHEBI:30418
Gmelin参照 532398
特性
化学式 HAt
モル質量 211 g mol−1
精密質量 211.008 g mol-1
関連する物質
関連物質 フッ化水素
塩化水素
臭化水素
ヨウ化水素
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アスタチン化水素(アスタチンかすいそ、: hydrogen astatide)は、化学式 HAt で表される水素アスタチン化物である。水素原子とアスタチン原子は共有結合で結び付いている[2]

この化合物は他のハロゲン化水素と非常に類似した性質をもち、実際この中で最も強いである。しかし、アスタチンの同位体の短い半減期によって容易に水素とアスタチンに分解するため、用途は限られている[3]。それぞれの原子がほとんど等しい電気陰性度をもつため、電離によって容易に水素が負電荷を帯び、At+ イオンが生じる[4]。そのため、アスタチン化水素は次のような反応を起こす。

2 HAt → H+ + At- + H- + At+ → H2 + At2

この反応によって気体の水素とアスタチンの沈殿が生じる。また、ハロゲン化水素 HX の生成エンタルピーは、ハロゲンが族を下がるにつれて低下する傾向がある。ヨウ化水素酸は安定しているのに対して、アスタチン化水素酸はアスタチン-水素-水系と比較して明らかに不安定である。最終的に H-At 結合はアスタチン核からの放射線分解によって切断される。

さらに、アスタチンの同位体はすべて放射性同位体であり、最も半減期が長い同位体は半減期8.1時間の 210At である。したがってアスタチンは別の元素に崩壊していくため、その化合物の操作は特に困難である[5]

出典[編集]

  1. ^ Astatane - PubChem Public Chemical Database”. The PubChem Project. USA: National Center for Biotechnology Information. 2011年5月30日閲覧。
  2. ^ PubChem, "astatane - Compound Summary", accessed July 3, 2009.
  3. ^ Fairbrother, Peter, "Re: Is hydroastitic acid possible?", accessed July 3, 2009.
  4. ^ Advances in Inorganic Chemistry, Volume 6 by Emeleus, p.219, Academic Press, 1964 ISBN 0120236060
  5. ^ Gagnon, Steve, "It's Elemental", accessed July 3, 2009.