塩素酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
塩素酸
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 7790-93-4
ChemSpider 18513
特性
化学式 HClO3
モル質量 84.45914 g mol−1
外観 無色
密度 1 g/mL, solution (approximate)
への溶解度 >40 g/100 ml (20 °C)
酸解離定数 pKa ca. −1
構造
分子の形 三角錐形
危険性
主な危険性 酸化剤 (O)
腐食性 (C)
関連する物質
その他の陰イオン 臭素酸
ヨウ素酸
その他の陽イオン 塩素酸アンモニウム
塩素酸ナトリウム
塩素酸カリウム
関連物質 次亜塩素酸
塩酸
亜塩素酸
過塩素酸
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

塩素酸(えんそさん、: chloric acid)は塩素オキソ酸の1つで、化学式 HClO3 の化合物。+5価の塩素を中心にヒドロキシ基1つと酸素原子が2つついた構造を持つ。塩酸(塩化水素酸)とは異なる物質である。

化学的性質[編集]

炭酸と同様、遊離酸は単離できない。

希硫酸塩素酸バリウム水溶液を混合すると、不溶性の硫酸バリウムが析出して塩素酸水溶液を生じる。

Ba(ClO3)2 + H2SO4 → 2HClO3 + BaSO4

水溶液は強酸で、強力な酸化剤でありしたがって漂白作用がある。冷たい水溶液はおよそ30%まで安定で、そこから慎重に減圧することで40%まで濃縮することができる。温めたりそれ以上の濃度にすると分解して様々な化合物を生じる。

8HClO3 → 4HClO4 + 2H2O + 2Cl2 + 3 O2
3HClO3 → HClO4 + H2O + 2 ClO2

塩素酸塩[編集]

塩素酸塩はいずれも不安定で取り扱いに注意を要する。火薬爆弾の原料として、また漂白にも使われる。

関連項目[編集]