ヘキサフルオロケイ酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘキサフルオロケイ酸
識別情報
CAS登録番号 16961-83-4
国連番号 1778
特性
化学式 H2SiF6
モル質量 144.09 g/mol
外観 無色の液体
融点

19℃

沸点

108.5℃(分解)

危険性
MSDS External MSDS
EU分類 腐食性 (C)
EU Index 009-011-00-5
Rフレーズ R34
Sフレーズ (S1/2), S26, S27, S45
引火点 不燃性
関連する物質
関連物質 二酸化ケイ素 SiO2
四フッ化ケイ素 SiF4
フッ化水素 HF
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ヘキサフルオロケイ酸(ヘキサフルオロケイさん、hexafluorosilicic acid)は、化学式 H2SiF6 で表される無機化合物。フルオロケイ酸、ケイフッ化水素酸とも呼ばれる。

合成法[編集]

二酸化ケイ素フッ化水素酸との反応、四フッ化ケイ素との反応などで得られる。フッ化水素酸によるガラスの腐食で発生するのは前者の反応による。

SiO2 + 6HF(aq) → H2SiF6 + 2H2O
3SiF4 + 4H2O → 2H2SiF6 + Si(OH)4

性質[編集]

常温では無色の液体。水と容易に混和し、水溶液として販売されている。水溶液は強い二塩基酸であり、皮膚・気道・眼球、ガラス・陶器、金属を腐食する。保管にはポリエチレンフッ素樹脂製の容器が使われる。経口摂取した場合の半数致死量は430mg/kgであり、蒸気の吸収により肺水腫を引き起こす場合もある。不燃性であるが、加熱により分解し、フッ化水素のフュームを生じる。金属との反応により水素を生じる。

用途[編集]

の電解精錬、金属の表面処理、陶磁器の硬化促進剤、繊維の媒染剤などに用いられる。アメリカ合衆国では、水道水フッ化物添加に使用されている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]