タングステン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タングステン酸
識別情報
CAS登録番号 7783-03-1 チェック
特性
化学式 H2WO4
モル質量 249.85 g/mol
外観 黄色粉末
密度 5.59 g/cm3
融点

100 °C (分解)

への溶解度 不溶
溶解度 フッ化水素酸アンモニア
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

タングステン酸(たんぐすてんさん)とは、三酸化タングステン(酸化タングステン(VI)、WO3)の水和物の形をとる6価タングステン化合物の総称であり、タングステンを含むオキソ酸に当たる。一水和物(WO3・H2OあるいはH2WO4)、二水和物(WO3・2H2OあるいはH4WO5)などがある。

固体結晶構造は、タングステン原子酸素原子が八面体配位した形を基本単位とする。さらに一部の酸素が単位間で共有され、あるいは水分子が挿入されて結晶構造を作る。水に不溶であるが、アルカリ性水溶液には溶け(WO42-イオンを形成)、アルカリ金属などと(タングステン酸ナトリウムなど)を作る。天然には、灰重石(タングステン酸カルシウム)や鉄重石(タングステン酸)などのタングステン酸塩鉱物があり、それらの風化産物として重石華(WO3・H2O)、メイマカイト(WO3・2H2O)、加水重石華(H2WO4)などのタングステン酸鉱物が存在する。

利用法[編集]

繊維製品における媒染剤や染料として使用される。

関連項目[編集]