イソシアン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イソシアン酸
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 75-13-8 チェック
420-05-3 (シアン酸)
PubChem 6347
ChemSpider 6107 チェック
特性
化学式 HNCO
モル質量 43.03 g/mol
外観 無色の液体または気体(沸点が室温付近)
密度 1.14 g/cm3 (20 °C)
融点

-86 °C [1]

沸点

23.5 °C

への溶解度 可溶
溶解度 ベンゼントルエンエーテル
危険性
主な危険性 有毒
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

イソシアン酸(いそしあんさん)はH-N=C=Oの示性式をもつ無機化合物で、弱異性体にはシアン酸(HOCN)と雷酸(HCNO)がある。これらの異性体とともにリービッヒヴェーラーにより発見された。無色、沸点は23.5 °Cで揮発性、毒性がある。

異性体のシアン酸と雷酸が不安定なのに対し、イソシアン酸は比較的安定である。溶液でも非プロトン溶媒の希薄溶液ならば安定である。しかしなどのプロトン性溶媒中ではシアン酸と互変異性がある。また固体でも低温で光分解によりイソシアン酸に変化する。ただイソシアン酸は不安定なのでシアン酸に戻りやすい。シアン酸の水素原子を他の基に置き換えた形の化合物(またはエステル)を、イソシアネートという。

合成[編集]

イソシアン酸はシアン酸カリウムなどシアン酸塩に由来するシアン酸イオンを、塩化水素やその他の酸でプロトン化すると得られる。

H+ + NCO- → HNCO

またシアヌル酸(シアン酸の重合生成物)の熱分解でも得られる。

反応[編集]

加水分解により、二酸化炭素アンモニアを生じる。

HNCO + H2O → CO2 + NH3

高濃度では重合し、三量体のシアヌル酸または多量体のシアメリド(cyamelide)に変化する。また、アンモニアアミンと反応し尿素またはその誘導体を生じる。

HNCO + RNH2 → RNHC(O)NH2

出典[編集]

  1. ^ Pradyot Patnaik. Handbook of Inorganic Chemicals. McGraw-Hill, 2002, ISBN 0070494398

関連項目[編集]