イソシアン酸メチル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イソシアン酸メチル
構造式
IUPAC名 イソシアン酸メチル
メチルイソシアナート
イソシアナトメタン
別名 メチルカルビルアミン
MIC
分子式 C2H3NO
分子量 57.05
CAS登録番号 [624-83-9]
形状 無色液体
密度 0.96 g/cm3, 液体
融点 −80 °C
沸点 39 °C
出典 ICSC

イソシアン酸メチル(イソシアンさんメチル、methyl isocyanate)は化学式 C2H3NO で表される、最も構造が単純なイソシアネートであり、各原子は H3C−N=C=O のようにつながっている。イソシアナトメタン、メチルカルビルアミン、 MIC とも呼ばれる。イソシアン酸のメチルエステルとして1888年に発見された。

用途[編集]

カルバリルカルボフランメソミルアルジカルブといったカルバメート農薬の合成中間体である。ゴム接着剤の生産にも使われる。

危険性[編集]

非常に毒性が高く、0.4 ppm 程度を吸引、経口摂取、または接触した場合、咳、胸部疾患、呼吸困難喘息などの症状があらわれ、あるいは眼、鼻、喉、皮膚に損傷を受ける。21 ppm 以上の高濃度にさらされた場合、数時間後に肺水腫肺気腫、肺出血、気管支炎などが起こる可能性があり、死に至る場合もある。イソシアン酸メチルのにおいが感じられるのは許容濃度の3倍以上からである。

イソシアン酸メチルの毒性はボパール化学工場事故(インド)においても明らかである。1984年12月3日、約40,000キログラムのイソシアン酸メチルが住宅街に流出し、最終的には15000人以上もの死者が出た。

外部リンク[編集]