ヨウ素酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨウ素酸
識別情報
CAS登録番号 7782-68-5
特性
化学式 HIO3
モル質量 175.91 g/mol
外観 白色の固体
密度 4.62 g/cm3, 固体
融点

110 °C

への溶解度 269 g/100 ml (20 °C)
酸解離定数 pKa 0.75
熱化学
標準生成熱 ΔfHo −230.1 kJ mol−1
危険性
EU分類 記載無し
関連する物質
その他の陰イオン ヨウ化水素酸
過ヨウ素酸
その他の陽イオン ヨウ化カリウム
関連するオキソ酸 塩酸
臭素酸
関連物質 五酸化ヨウ素
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ヨウ素酸 (ヨウそさん、: iodic acid) とは、ヨウ素オキソ酸の一種で、化学式 HIO3化合物。比較的強い酸である (pKa = 0.75)。

水溶液中では、解離してヨウ素酸イオンを生じる。

HIO3 + H2O+  \rightleftarrows\ H3O+ + IO3

塩素酸臭素酸とは異なり、結晶として単離が可能である。水溶液中でヨウ素塩素または硝酸を使って酸化することによって合成できる。

I2 + 10 HNO3 → 2 HIO3 + 10 NO2 + 4 H2O

酸性溶液中では強い酸化剤としてはたらくが、塩基性溶液では酸化力は弱い。その標準酸化還元電位は以下の通りである。

2 IO3 + 12 H+ + 10 e = I2 + 6 H2O , E°= 1.195 V
IO3 + 3 H2O + 6 e = I + 6 OH , E°= 0.257 V

分析化学では強酸として滴定に用いられる。メチルレッドメチルオレンジを指示薬として弱および強塩基の滴定に利用される。

[編集]

ヨウ素酸塩消防法危険物第1類に指定されている。

関連項目[編集]