七フッ化ヨウ素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
七フッ化ヨウ素
識別情報
CAS登録番号 16921-96-3
特性
化学式 IF7
モル質量 259.89 g mol−1
密度 2.7 g cm−3 (solid)
融点

4.5°C (三重点)

沸点

4.8°C (1 atmで昇華)

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

七フッ化ヨウ素(ななフッかヨウそ、Iodine heptafluoride)またはフッ化ヨウ素(VII)(Iodine(VII) fluoride)は、化学式がIF7無機化合物である[1][2]。単にフッ化ヨウ素とも呼ばれる。VSEPR理論によれば五方両錐形分子構造をとる[3]。分子はベリー機構のような擬似回転を受ける[4]。無色の固体で融点は4.5℃であるが液体である温度範囲は狭く、沸点は4.77℃である。濃い蒸気は強いカビ臭を持つ。

合成[編集]

90℃の五フッ化ヨウ素(液体)にフッ素を通し、蒸気を270℃まで熱することにより合成する。生成物は、フッ素と乾燥ヨウ化パラジウム(II)またはヨウ化カリウムを交互に加えることにより、加水分解によって生じるIOF5の形成を最小限に抑えることができる[5][6]

危険性[編集]

IF7は、皮膚粘膜に対し大きな刺激性を持つ。

脚注[編集]

  1. ^ Macintyre, J. E. (Ed.). (1992). Dictionary of Inorganic Compounds (Vol. 3). London: Chapman & Hall.
  2. ^ O'Neil, Maryadele J. (Ed.). (2001). The Merck Index (13th ed.). Whitehouse Station, NJ: Merck.
  3. ^ K. O. Christe, E. C. Curtis, D. A. Dixon (1993). “On the problem of heptacoordination: vibrational spectra, structure, and fluxionality of iodine heptafluoride”. Industrial & Engineering Chemistry 115 (4): 1520–1526. doi:10.1021/ja00057a044. 
  4. ^ W. J. Adams, H. Bradford Thompson, L. S. Bartell (1970). “Structure, Pseudorotation, and Vibrational Mode Coupling in IF7: An Electron Diffraction Study”. Journal of Chemical Physics 53 (10): 4040–4046. doi:10.1063/1.1673876. 
  5. ^ W. C. Schumb, M. A. Lynch, Jr. (1950). “Iodine Heptafluoride”. Industrial & Engineering Chemistry 42 (7): 1383–1386. doi:10.1021/ie50487a035. 
  6. ^ Ruff O., Keim R. (1930). “"Das Jod-7-fluorid" (The iodine-7-fluoride)”. Zeitschrift für Anorganische un Allgemeine Chemie 193 (1/2): 176–186. doi:10.1002/zaac.19301930117. 

外部リンク[編集]

ハロゲン間化合物
フッ素 塩素 臭素 ヨウ素
フッ素 F2
塩素 ClF ClF3 ClF5 Cl2
臭素 BrF BrF3 BrF5 BrCl BrCl3 Br2
ヨウ素 IF IF3 IF5 IF7 ICl I2Cl6 IBr IBr3 I2