次亜ヨウ素酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
次亜ヨウ素酸
特性
化学式 HIO
モル質量 143.982g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

次亜ヨウ素酸(じあヨウそさん、: Hypoiodous acid)はヨウ素オキソ酸の一種(次亜ハロゲン酸の一種)で、化学式 HIO で表されるが、水素原子とヨウ素原子が、酸素原子と、結合している、H-O-Iという、構造をしている。

性質[編集]

遊離酸は単離できない。水溶液弱酸性。

ヨウ素を水に溶かしたとき、平衡により一部がヨウ化水素と次亜ヨウ素酸となる。

\rm I_2 + H_2O \ \overrightarrow\longleftarrow \ HI + HIO

また、徐々に分解し、ヨウ素酸となる。

  • 5HIO → HIO3 + 2I2 + 2H2O

関連項目[編集]