鉄重石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鉄重石
Fluorapatite on Ferberite
分類 タングステン酸塩鉱物
化学式 FeWO4
結晶系 単斜晶系
へき開 一方向に完全
モース硬度 4.5
光沢 亜金属光沢
黒色
条痕 黒色
比重 7.5
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

鉄重石(てつじゅうせき、ferberite)は鉱物タングステン酸塩鉱物)の一種。タングステン鉱石鉱物

化学組成は FeWO4で、マンガン重石(MnWO4)と連続固溶体をつくる。かつては鉄マンガン重石(てつまんがんじゅうせき、wolframite、(Fe,Mn)MnWO4)と呼んでいたが、固溶体のいわゆる「50%ルール」[1]により、端成分の鉄重石とマンガン重石に整理された。

単斜晶系。板状あるいは柱状結晶として産する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ E.H. Nickel, "Solid solutions in mineral nomenclature", Canadian Mineralogist, Vol. 30, pp. 231-234, 1992. PDF

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]