原子半径

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

原子半径(げんしはんけい、atomic radius)とは、分子結晶内などに存在するそれぞれの原子を剛体とみなした場合の半径のこと。

同じ原子でも置かれた、あるいは取り得る状況(分子、結晶内での結合様式など)によって異なった定義があり、複数の値が使い分けられる。定義の違いは結合様式によるもので、ファンデルワールス半径共有結合半径金属結合半径イオン半径などが、主に用いられる原子半径である。構造化学あるいは計算化学で取り扱われる。