カーンチープラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カーンチプラムから転送)
移動: 案内検索
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはインド系文字が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
カーンチープラム
காஞ்சிபுரம்
Kanchipuram
時計回りに上から: カイラーサナータ寺院、エーカンバラナータ寺院、カーマークシ・アンマン寺院、絹織り職人、ヴァラダラージャ・ペルマール寺院
タミル・ナードゥ州の位置を示したインドの地図
カーンチープラムの位置
カーンチープラム
カーンチープラムの位置
タミル・ナードゥ州 とインド内)
測地系: 北緯12度49分 東経79度43分 / 北緯12.82度 東経79.71度 / 12.82; 79.71
インドの旗 インド
タミル・ナードゥ州
行政区 カーンチープラム県
人口
都市圏
164,265[1] (2011年現在)
221,749[2]
標準時 IST (UTC+5:30)

座標: 北緯12度49分 東経79度43分 / 北緯12.82度 東経79.71度 / 12.82; 79.71

カーンチープラムタミル語: காஞ்சிபுரம்英語: Kanchipuram)は、インドタミル・ナードゥ州にある古都で、現在はカーンチープラム県の県庁所在地。

都市名[編集]

カーンチープラムの表記にはいくつかあり、上記のものの他にカーンチプラムகாஞ்சீபுரம்)などがある。イギリス統治下ではカンジーヴァラムConjeevaram) と表記されていた。

また、カーンチープラムは略してカーンチーகாஞ்சிKanchi)と呼ばれることが多い。タミル語の古典には、カンジகஞ்சி)やカッチகச்சி) という名で、仏典では香至という名で言及されている。

パーラール川沿いに発達し、パッラヴァ朝の首都であったため、市内には数多くの寺院が建立されている。

歴史[編集]

カーンチープラムは古くはパッラヴァ朝の首都であり、14世紀から15世紀にかけては南インドヴィジャヤナガル王国デカンバフマニー朝の係争地であった。

経済[編集]

カーンチープラムは、絹織物のサリーの手織産業の町として有名である。

寺院[編集]

パッラヴァ朝の時代からから数多くの寺院が建立されて、現在に続いている。

シヴァ神を祀るエーカンバラナータ寺院は、シヴァ教の五大聖地のうちのひとつに数えられており、シヴァ神が地水火風空のうちの「地」の姿を現す場所とされている。

その他、カーマークシ・アンマン寺院、ヴァラダラージャ・ペルマール寺院、クマーラ・コッタム寺院、ガジャペーシュヴァラル寺院、カイラーサナータ寺院などがある。

東65キロメートルのベンガル湾沿岸には、パッラヴァ朝の貿易港として栄えたマハーバリプラムがあり、7世紀を主時期とする建造物群はその重要性から世界遺産文化遺産に登録されている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]