Manjaro Linux

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Manjaro Linux
Manjaro logo and name white background.png
Manjaro Linux 0.8.13.jpg
Manjaro Linux 0.8.13
開発元企業 / 開発者 Philip Müller, Roland Singer, Guillaume Benoit,
OSの系統 Arch Linux
開発状況 活動中
ソースモデル オープンソース / ローリング・リリース
最新安定版リリース 15.12 / 2015年12月23日(12か月前) (2015-12-23
アップデート方式 pacman
パッケージ管理 pacman
対応プラットフォーム i686, x86_64
カーネル種別 モノリシックカーネル
既定のユーザインタフェース Xfce, Openbox, KDE[1]
LXDE, GNOME Shell, Enlightenment, MATE, Cinnamon (Other Community Editions)[2]
ライセンス 様々
ウェブサイト manjaro.org
テンプレートを表示

Manjaro LinuxLinuxディストリビューションの一つである。Arch Linuxをベースとしており、デスクトップPCの初心者ユーザーをターゲットとした、 ユーザーフレンドリーなディストリビューションを目指している。 Arch Linuxと同様に、ローリング・リリースモデルを採用している。

概要[編集]

ManjaroはArch Linuxと互換性を有しており、Archで特徴的なパッケージ管理システム(pacman)をそのまま使用することができる。 一方、デスクトップ環境がプリインストールされており、Archにおけるインストール及びデスクトップ環境構築に要する労力を省くことが図られている。 デスクトップ環境は公式にはXfceKDE、Net Editionが提供されている。またコミュニティエディションとしてCinnamonMATELXQt、E17等が提供されている。

Manjaroは独自のリポジトリを運用している。(Archの公式リポジトリにはアクセスすることはできない。) Archのリポジトリからソフトウェアのパッケージをコピーし、機能をテストした上でManjaroの公式リポジトリで提供している。 リポジトリにはunstable、testing、stableの3段階があり、unstableはArchのstableに概ね該当する。 stableの場合、Archと比較して2週間程度のパッケージ更新のタイムラグがある。 また、Arch User Repositories(AUR)も利用可能で、多数のソフトウェアパッケージをインストールすることが可能である。

Manjaro Linuxの独自の機能として、

  • ハードウェアの自動検出コマンド(Manjaro HardWare Detection , mhwd)
  • 複数カーネルの取り扱いをサポートしたカーネル管理ツール(mhwd-kernel)、
  • GUIによるパッケージ管理ツール(pamac、octopi)
  • グラフィカルなインストーラー(thus、calamares)

等がある。

歴史[編集]

Roland Singer、Philip Müllerらによって開発が進められ、2012年8月に独自リポジトリの運用を開始するとともに、バージョン0.8.0がリリースされた。[3]

リリース[編集]

Manjaro Linuxはローリング・リリースを採用しており、インストール用イメージファイルは定期的にリリースされるが、 これはパッケージ集合の最新スナップショットに過ぎず、各リリースごとにユーザの移動を奨めるものではない。 (ただし、インストール用ソフトウェアはリリースごとに更新されている。)

2015年9月より、バージョン番号の表記方法が変更され、年月による表記となった。

Version リリース日 サポート期限
0.8.0 2012-08-20
0.8.1 2012-09-21
0.8.2 2012-11-10
0.8.3 2012-12-24
0.8.4 2013-02-25
0.8.5 2013-04-11
0.8.6 2013-06-02
0.8.7 2013-08-28
0.8.8 2013-11-24[4]
0.8.9 2014-02-23[5]
0.8.10 2014-06-09[6]
0.8.11 2014-12-01[7]
0.8.12 2015-02-14[8]
0.8.13 2015-06-14[9]
15.09 2015-09-27[10]
15.12 2015-12-23[11]
16.06 2016-06-06[12]


脚注[編集]

  1. ^ http://manjaro.org/get-manjaro/
  2. ^ http://sourceforge.net/projects/manjarolinux/files/community/
  3. ^ philm (2012年8月20日). “Finally! Manjaro XFCE edition is released”. 2014年5月26日閲覧。
  4. ^ philm (2013年11月24日). “Manjaro 0.8.8 lands on our servers”. 2013年11月24日閲覧。
  5. ^ philm (2014年2月23日). “Manjaro 0.8.9 hit our Servers”. 2014年2月24日閲覧。
  6. ^ philm (2014年6月9日). “Manjaro 0.8.10 is online!”. 2014年6月20日閲覧。
  7. ^ Rob McCathie (2014年12月1日). “Manjaro 0.8.11 released!”. 2014年12月15日閲覧。
  8. ^ Manjaro Update 2015-02-14 (stable) – Manjaro Linux – Enjoy the simplicity” (2014年2月14日). 2015年2月14日閲覧。
  9. ^ Manjaro 0.8.13 released” (2015年6月14日). 2015年6月14日閲覧。
  10. ^ Manjaro Update 2015-09-27 (stable)” (2015年9月27日). 2016年1月21日閲覧。
  11. ^ Manjaro Linux 15.12 released” (2015年12月23日). 2016年1月21日閲覧。
  12. ^ Manjaro Linux 16.06 released” (2015年6月6日). 2016年6月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]