1941年の政治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1941年の政治(1941ねんのせいじ)では、1941年昭和16年)の政治分野に関する出来事について記述する。

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

信任状奉呈のためホワイトハウスを訪れる野村駐米大使(1941年2月14日)

3月[編集]

4月[編集]

日ソ中立条約に署名する松岡洋右外相。その後ろは、スターリンとソ連外相モロトフ

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

真珠湾攻撃。太平洋戦争の火蓋が切られた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 無限定国家非常事態宣言(Proclamation of Unlimited National Emergency)1941年5月27日フランクリン・ルーズベルト米大統領
  2. ^ 大野英二著『ナチ親衛隊知識人の肖像』(未來社)60 ‐ 61ページ

注釈[編集]

  1. ^ 「私(ゲーリング)は貴下(ハイドリヒ)にすでに1939年1月24日付けの命令で国外移住または疎開の形でユダヤ人問題を時代の状況に相応してもっとも有利な解決を図る任務を与えたが、これに補充してヨーロッパのドイツ勢力圏におけるユダヤ人問題の全面的解決のために組織的及び実務的及び物質的観点からみて必要なあらゆる準備を行うことを委任する。そのさいに他の中央機関の権限にかかわる場合には、これらの中央機関を参加させるべきである。さらに貴下に追求されてきたユダヤ人問題の最終解決を実行するための組織的・実際的・物質的準備措置に関する全体的計画を早急に私の所へ送るように委任する」(しかしアドルフ・アイヒマンの証言によるとこの委任文書は国家保安本部で作成されたものでゲーリングに署名させたものであるという)[2]