1941年の日本公開映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1941年の日本公開映画(1941ねんのにほんこうかいえいが)では、1941年昭和16年)1月1日から同年12月31日までに日本で商業公開された映画の一覧を記載。作品名の右の丸括弧内は製作国を示す。

記載の凡例については年度別日本公開映画#凡例を参照

作品一覧[編集]

1月[編集]

  • 想ひ出の円舞曲(ドイツ)
  • 銀の靴(アメリカ)
  • 故郷(ドイツ)
  • シー・ホーク(アメリカ)
  • 9日
    • 昨日消えた男(日本)
  • 18日
    • 兄の花嫁(日本)
  • 30日
    • 柘榴一角(日本)
    • みかへりの塔(日本) - 日本映画雑誌協会ベストテン3位

2月[編集]

  • 9日
    • 芸道一代男(日本) - 日本映画雑誌協会ベストテン4位
  • 13日

3月[編集]

  • 心の青春(アメリカ)
  • 大紐育(アメリカ)
  • 1日
    • 戸田家の兄妹(日本) - 日本映画雑誌協会ベストテン1位
  • 11日
    • (日本) - 日本映画雑誌協会ベストテン2位
  • 26日
    • 家光と彦左(日本)

4月[編集]

  • 消え行く灯(アメリカ)
  • 砂塵(アメリカ)
  • 青春(ドイツ)
  • 9日
    • をり鶴七変化(日本)

5月[編集]

  • 勝利の歴史(ドイツ)
  • 白鳥の死(フランス)
  • 1日
    • 白鷺(日本)
  • 4日
    • 海を渡る祭礼(日本) - 日本映画雑誌協会ベストテン8位
  • 8日
  • 21日

6月[編集]

  • 明日への戦ひ(アメリカ)
  • 間諜アゼフ(オーストリア、ドイツ)
  • 邂逅(アメリカ)
  • 10日
    • 歌へば天国(日本)
  • 12日
    • 暁の合唱(日本)
  • 18日
    • 虞美人草(日本)
  • 28日
    • 愛の一家(日本) - 日本映画雑誌協会ベストテン7位

7月[編集]

  • ジェロニモ(アメリカ)
  • 空征かば(イタリア)
  • 夜のタンゴ(ドイツ)
  • 若い科学者(アメリカ)
  • 1日
    • 上海の月(日本)
  • 15日
    • 花(日本)

8月[編集]

  • 青い制服(アメリカ)
  • 偉人エーリッヒ博士(アメリカ)
  • 世界の涯てに(ドイツ)
  • 七つ擲る(ドイツ)
  • 7日
    • 巷に雨の降る如く(日本)
  • 14日
    • 雪子と夏代(日本)
  • 20日
    • 北極光(日本)
  • 21日
    • 男子有情(日本)
  • 26日
    • (日本)

9月[編集]

  • 黒い瞳の女(アルゼンチン)
  • 人間エヂソン(アメリカ)
  • 佛蘭西座(フランス)
  • 4日
    • 世紀は笑ふ(日本)
  • 16日
    • 美しき犠牲(満映)
  • 17日
  • 26日

10月[編集]

  • 雨ぞ降る(アメリカ)
  • スミス都へ行く(アメリカ)
  • 空の要塞(アメリカ)
  • 薔薇のタンゴ(アルゼンチン)
  • 2日
    • 家なき天使(朝鮮映画)
  • 4日
    • 指導物語(日本) - 日本映画雑誌協会ベストテン10位

11月[編集]

  • 城砦(アメリカ、イギリス)
  • 青春乱舞(フランス)
  • 舞姫記(ドイツ)
  • 1日
  • 15日
    • 君と僕(朝鮮軍報道部)
  • 28日
    • 江戸最後の日(日本) - 日本映画雑誌協会ベストテン5位
  • 29日
    • 川中島合戦(日本)
  • 30日
    • 舞ひ上る情熱(日本) - 日本映画雑誌協会ベストテン9位

12月[編集]

  • 西班牙の夜(ドイツ)
  • 1日
  • 11日
    • 次郎物語(日本) - 日本映画雑誌協会ベストテン6位
  • 28日
    • 蘇州の夜(日本)
  • 30日
    • 男の花道(日本)

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 世界映画史研究会『舶来キネマ作品辞典・戦前編―日本で戦前に上映された外国映画一覧』(科学書院、1997年)
  • 畑暉男(編)『20世紀アメリカ映画辞典』(カタログハウス、2002年)

外部リンク[編集]